観光コンサルタントの給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

観光コンサルタントの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

観光コンサルタントの給料年収や手取り額、初任給を解説!

観光コンサルタントの給料年収を解説します。

観光コンサルタントの平均給料・給与

  • 41万円
  • 20代の給料:28万円
  • 30代の給料:42万円
  • 40代の給料:54万円
  • 初任給:20~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

観光コンサルタントの給料・年収補足

20代の給料:22~28万円(推定)
30代の給料:30~42万円(推定)
40代の給料:35~54万円(推定)
 
 
 
観光コンサルタントは文字通り全国にある観光地の再生や、ホテルや旅館など観光業全般に関わるコンサルタントを行います。
経営コンサルタントなどコンサルタントの給料や年収は、普通のサラリーマンと比べるとかなり高いのが一般的です。
観光コンサルタントも戦略系コンサルティングファームで戦略コンサルティングの経験や、プロジェクトマネジメントの経験があり新卒での初任給は20~24万円程度です。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
520万円~630万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:28万円~44万円(月収)
大阪の求人調査結果:26万円~39万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

観光コンサルタントの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
34万円~42万円となりそうです。

観光コンサルタントの仕事内容

観光コンサルタントは全国にある地方自治体などからの要請で地方の観光地の活性化のために調査やマーケティングを行ったり、リゾート地の開発や観光誘致のための具体的な宣伝や提案などを行ったりします。
2020年に開催される東京オリンピックを控えて東京や京都などの観光地には外国人観光客も増えていますが、全国にある観光地の活性化にはまだまだ課題も多く観光客の数も伸び悩んでいるのが現状です。
そのため観光コンサルタントは地方自治体や観光業界の依頼で観光ホスピタリティについての講習会を開催したり、訪日する外国人観光客の誘致方法や受け入れのための具体的な方策などを指導したりコンサルタントするのが主な仕事内容です。

観光コンサルタントになるには?【資格・試験難易度】

観光コンサルタントに限らずコンサルタントという職業になるには、特に学歴や国家資格が必要なわけではありません。
そのため観光コンサルタントを主な業務とする民間のコンサルタント企業に就職し、観光コンサルタントに関する仕事を覚えれば観光コンサルタントとして働くことができます。
ただコンサルタントという職業は幅広い知識が求められるので民間のコンサルタント企業に就職する際にも、応募条件として4年制の大学や大学院を卒業していないと応募できないことが一般的です。
新卒採用の場合は法学部や経済学部や商学部などの文系や理系の学生を積極的に採用する企業も少なくなく、中途採用とは違い基本的には未経験を採用してコンサルタントに関する知識や研修が行われます。
入社から数年は先輩の社員に同行したりしながら仕事を覚えて、地方自治体や観光業界からのコンサルタント案件を少しずつ任されるのが普通です。
また全国にある地方自治体や観光協会や観光関連企業など約700の会員で構成されている公益社団法人「日本観光振興協会」では、地域観光の担い手となる人材の育成の一環として観光コンサルタント育成研修の実施なども行っているようです。

観光コンサルタントの求人の見つけ方

観光コンサルタントに特化しているコンサルタントファームはほとんどないので、経験がなければ民間のコンサルタント企業の新卒採用の求人に応募するのが一般的です。
ただ応募条件として4年制の大学や大学院を卒業している程度の学歴が必要ですが、学部は文系や理系に関係なく採用し未経験者でも研修が行われています。
転職など中途採用の場合はインターネットの求人サイトでも探せますが、基本的には経験を採用するのが普通でこれまでコンサルタントとしてどのような案件を行ってきたのか実績が問われます。
 
【この仕事を募集している企業】
・株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ
・株式会社船井総合研究所
・株式会社日本総合研究所
など

観光コンサルタントで高年収になるには?

観光コンサルタントに限らずコンサルタントという仕事は、他の職業に比べると給料や年収がかなり高いのが一般的です。
中でも外資系のコンサルタント企業は年収が高いことで知られていて、20代であって年収が1000万円を超えることも特に珍しいことではないようです。
ただ外資系の企業の場合は実力主義や成果主義が徹底しているので、学歴や年齢に関係なくこれまでどのような案件を引き受けどれだけ結果を出したかが何よりも重視されます。
そのため20代であってもし結果を出したり成果を残すことができたらそれに見合っただけの給料や年収を得ることができますが、逆に結果を出せなかったり成果を残すことができなかった場合は日系企業のようにどんなにその過程で頑張ってもほとんど評価されることはありません。
外資系のコンサルタント企業は日系企業と比べると社風も自由で働きやすい環境が整っているところが多く、観光コンサルタントも結果を出したり成果を残すことができたら高年収になれる可能性があります。

観光コンサルタントのかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

日本料理や日本のアニメ文化を世界に発信する日本政府の、クールジャパン戦略が功を奏し多くの外国人観光客が日本を訪れています。
またこれまでは東京や京都などの観光地を訪れる中国や韓国からの外国人観光客がほとんどでしたが、観光コンサルタントの働きかけなどで北海道や九州を訪れる外国人観光客が増えています。
特に北海道を訪れる外国人観光客の数は増えていて、雪を見たことがないタイ人観光客が北海道を訪れています。
九州も温泉やラーメン人気で九州を訪れる外国人観光客の数は増えていて、観光コンサルタントの観光誘致でこれまでさびれていた地方でも外国人観光客の姿を目にするようになったことです。

観光コンサルタントの給料年収の本音口コミ

24才 給料:27万円

4年制の大学を卒業してマスコミ関係かコンサルタントに興味があり、外資系のコンサルタント企業に応募し採用されました。
語学留学した経験もあり英語での日常会話には困りませんが、仕事上で使うビジネス英語は入社してから猛勉強しました。
今は主に観光コンサルタントとしてインバウンドだけでなく、アウトバウンドも担当していて新たな観光需要の創造を行っています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧