イベントプランナー(イベンター)の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法などを徹底解説 | 給料BANK

イベントプランナー(イベンター)の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

イベントプランナーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

イベントプランナーの給料年収を解説します。

イベントプランナーの平均給料・給与

  • 38.3万円
  • 20代の給料:28万円
  • 30代の給料:37万円
  • 40代の給料:49万円
  • 初任給:21~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

イベントプランナー(イベンター)の給料・年収補足

20代の給料:22~28万円(推定)
30代の給料:26~37万円(推定)
40代の給料:28~49.9万円(推定)

 
広告代理店やイベント企画会社には必ずイベントプランナーと呼ばれる職種があり、クライアントからの依頼でさまざまなイベントを企画から運営まで行います。
電通は平均年収は1143万円です。
乃村工藝社や丹青社やスペースなどのイベント企画会社ですが、上場企業が公表している有価証券報告書から乃村工藝社の社員の平均年収も804万円と高年収です。
丹青社の平均年収も1021万円と高年収で上場企業している広告代理店やイベント企画会社の、社員の平均年収は有価証券報告書から614万円となっています。
上場企業以外にも小規模でイベント企画を行ってる企業もあるので給与は規模によっても変わってきます。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
640万円~730万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:18万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:24万円~33万円(月収)
大阪の求人調査結果:23万円~29万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~27万円(月収)

イベントプランナー(イベンター)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
21万円~26万円となりそうです。

イベントプランナー(イベンター)の仕事内容

イベントプランナーの仕事内容は歌手やタレントのコンサートや国や、全国各地にある地方自治体が主催する各種イベントの企画から運営まで行います。
時には企業からの依頼で商品やサービスの販促を目的とした、キャンペーンの企画などもイベントプランナーの仕事になります。
いずれの場合もイベントプランナーはクライアントから依頼内容のヒアリングを行い、そのイベントを成功させるために魅力ある企画を考えていきます。
企画が決まるとイベントプランナーは実際にイベントが開催されるイベント会場を訪れたり、具体的にどのような手法でその企画を実行するかを決めていきます。

イベントプランナー(イベンター)になるには?【資格・試験難易度】

イベントプランナーになるには特に資格などは必要ありませんがイベントプランナーは主に電通や博報堂やアサツー・ディ・ケイなどの大手広告代理店や、村工藝社や丹青社やスペースなどの大手イベント企画会社に勤務しています。
そのため上場している大企業が多く新卒採用を行っていますが、高学歴が求められ応募者も多く入社するのは容易なことではなさそうです。
大手の広告代理店やイベント企画会社でなくても、イベントプランナーに応募する場合には大卒以上の学歴が求められることが多いようです。
また最近ではフリーで企画するイベンターも増え、街コンや婚活イベントなどを主催などもするよう、素の場合は実績により年収が左右します。

イベントプランナー(イベンター)の求人の見つけ方

イベントプランナーの求人の見つけ方ですが電通や博報堂やアサツー・ディ・ケイなどの大手広告代理店や、村工藝社や丹青社やスペースなどの大手イベント企画会社では新卒採用を行っています。
中小の広告代理店やイベント企画会社でのイベントプランナーの求人を探すのであれば、ウェブ上の求人サイトで見つけることができます。
ただウェブ上のイベントプランナーの求人の場合には中途採用になるので、イベントプランナーの経験者かその業界に精通していることが採用の条件になりそうです。 

イベントプランナー(イベンター)で高年収になるには?

イベントプランナーは主に電通や博報堂やアサツー・ディ・ケイなどの大手広告代理店や、村工藝社や丹青社やスペースなどの大手イベント企画会社に勤務しています。
電通の社員の平均年収は1143万円で博報堂の社員の平均年収は1021万円と大手広告代理店の社員の平均年収は高年収なので、電通や博報堂などの大手広告代理店に入社できればイベントプランナーで高年収になることも夢ではないようです。
イベントプランナーの場合は勤務する会社によって年収も大きく変わり、どうしても規模が小さい企業よりも大手広告代理店や大手イベント企画会社の方が年収が良いのが現状です。 

イベントプランナー(イベンター)のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

イベントプランナーのかっこいいところは一流のアーティストや有名なミュージシャンと一緒に仕事をして、自分が企画したイベントで多くの人々に感動や勇気を与えられることです。
もちろんのことですがどんなイベントも自分一人だけでできるものではなく、多くのイベントスタッフなど関係者が共にイベントを作り上げていくものです。
それだけに多くのイベントの観客やスタッフに感動を与えられる、イベントプランナーの仕事はかっこいいと言ってもいいでしょう。 

イベントプランナー(イベンター)の給料年収の本音口コミ

28才 給料:34万円

イベント企画会社に勤務しているイベントプランナーですが、自分が企画したイベントが成功したの達成感は何とも言えません。
その達成感が忘れられずに次のイベントを企画する、大きなモチベーションになっています。

35才 給料:48万円

今の会社に入社して初めて手掛けた、イベントのことは今でも忘れることができません。
多くの人々に感動を与えることができたという思いで、胸が熱くなったことも今でも覚えています。

39才 給料:30万円

イベントプランナーという仕事は本当に好きでないと、やれない仕事かもしれません。大変です。
上場企業ならもっと大変なのかな。でも給料が安くて上にいきたいなと思っています

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧