経済評論家の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

経済評論家の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

経済評論家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

経済評論家の給料年収を解説します。

経済評論家の平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:37万円
  • 40代の給料:58万円
  • 初任給:10~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

経済評論家の給料・年収補足

20代の給料:25万円(推定)
30代の給料:37万円(推定)
40代の給料:58万円(推定)
 
世の中には経済評論家の他にも政治評論家や軍事評論家から、料理やスポーツの評論家までさまざまな評論家が存在しています。
その中でも経済評論家は大学で経済を教える大学教授や大学助教授や、大手証券会社の上級アナリストなどが多く高給です。
ただテレビなどに出演しているような経済評論家のほとんどが40代や50代で、20代や30代の経済評論家は少ないのが現状です。
また経済評論家は一般のサラリーマンのようにどこかの企業に所属するのではなくフリーランスとして活動しているので、テレビ局に出演したり講演やセミナーの依頼や経済新聞や経済出版社へ寄稿し原稿料を得ています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
450万円~670万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

経済評論家の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
33万円~37万円となりそうです。

経済評論家の仕事内容

評論家も経済評論家の他にも政治評論家や軍事評論家や文芸評論家さまざまな評論家が存在しますが、いずれの分野の評論家もその分野の専門家として評論や批評を主に行うのが仕事です。
そのため経済評論家の仕事は日本国内や世界経済に関しての評論や批評を行いますが、ほとんどの経済評論家は大学で経済を教えたことがある元大学教授や元大学助教授や、大手証券会社の上級アナリストやシンクタンク研究員の経験者が多いのが特徴です。
証券会社のアナリストやシンクタンクの研究員が大学教授になったり大学助教授になったりするケースもありますが、証券会社のアナリストは自社の顧客である投資家のために経済の分析や調査結果をレポートしたりするのが仕事です。
一方のシンクタンク研究員は主に政府関係の外部団体からの依頼で経済の分析や調査結果をレポートしたりしますが、いずれも経済に関する調査・分析・論評を担当する専門職です。

経済評論家になるには?【資格・試験難易度】

経済評論家になるには学歴も関係なく特別な資格も必要ありませんし、どこかの協会や組織に加入しないと経済評論家として活動できないということもありません。
ただ元プロ野球選手が野球評論家になったり元大相撲の力士が相撲評論家になったりするように、経済評論家も経済を専門とする大学教授や大手証券会社の上級アナリストやシンクタンク研究員の経験者がなることが多いようです。
極端に言えば経済評論家の肩書を入れた名刺を作れば、あなたも自称経済評論家になることができます。
しかし経済評論家の肩書を入れた名刺を作っただけで、明日からいきなり仕事の依頼があるわけではありません。
講演会や経済セミナーの仕事の依頼があるのはテレビなどマスメディアに出て知名度がある経済評論家のみで、テレビなどの出演依頼があるのは経済に関しての著書を出して話題になったりミリオンセラーになるのが1番の早道のようです。
自分の著書を出すには一般的に出版社に世界経済の動向など、他と違った観点で興味深い企画を出版社に持ち込むことです。
ただ書籍がなかなか売れない今の時代に企画を持ち込んでも出版社にしてもリスクがあるので、よほど興味深いテーマを取材したりしないと難しいかもしれません。

経済評論家の求人の見つけ方

経済評論家は一般的にどこかの協会や組織に所属しているわけでもなく、サラリーマンのように会社や企業から給与を支給されているわけでもありません。
そのため他の職種のように会社や企業が、経済評論家の求人を出しているわけでありません。

経済評論家で高年収になるには?

経済評論家の主な収入は著書を出した場合の印税や経済新聞や経済雑誌に寄稿出した場合の原稿料や、経済に関する講演やセミナーの講演料や講師料やテレビなどの出演料や新聞や雑誌などのインタビューの謝礼金などです。
いくら著者な経済学者でも著書が売れなければ印税も入ってきませんし、経済新聞や経済雑誌から仕事の依頼がなければ原稿料も入ってきません。
著書が売れなければテレビなどの出演依頼もなく、顔が売れていなければ講演やセミナーなどの依頼も少ないかもしれません。
つまり経済評論家で高年収になるには自分の著者が売れ印税も入ってきて、テレビなどに出演して世間に広く顔が知られるようになれば自然と講演やセミナーなどの依頼もあり収入も増えてきます。

経済評論家のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

自分の著書が売れなければ世間に名前が知れ渡り、新聞や雑誌などから取材依頼もあるかもしれませんし、さらにテレビなどに出演すれば道を歩いていて見知らぬ人から挨拶されることがあるかもしれません。
それくらいテレビなどのマスメディアの影響は大きくまるで有名人になったような感覚を覚えるかもしれませんが、経済評論家の本当にかっこいいところは為替の動向や世界経済の変化を、誰よりも早く的確に予想したりすることかもしれません。
それくらい為替の動向や世界経済の変化を予想することは難しく、経済を評論するだけであれば誰でもできるからです。
他の評論家と違い気が利いコメントなどを言う必要はないので経済評論家としての実力を見せて欲しいもので、それが経済評論家として最もクールでかっこいいことかもしれません。

経済評論家の給料年収の本音口コミ

37才 給料:34万円

大学を卒業後に政府機関のシンクタンクに就職しそこで経済政策の研究などを主に担当していましたが、その後そのシンクタンクを辞めて大学で講師として学生に経済や政策に関して教えていました。
自分の著書をある出版社から出したことがきっかけで、講演の依頼やセミナー講師の依頼が来るようになりました。

42才 給料:45万円

経済評論家という肩書がありますが経済評論家はある意味で副業で、本業は文筆業で経済の専門誌にかなりの原稿を書いています。
そのため経済評論家という肩書で講演やセミナーの依頼があり、時には本業を上回る収入がある場合もあります。

44才 給料:52万円

円高が続いていた時に日本も円安になると資産運用の専門書で予想し、それが安倍政権の誕生で円安になりテレビ出演の依頼がありました。
テレビ出演のギャラはそれほど高くありませんが、それがきっかけで講演の依頼が増え講演の単価も上がり嬉しかったです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧