製薬業界の給料年収ランキング・就職転職に向いてるタイプや特色 | 給料BANK

製薬業界の給料年収ランキング・就職転職に向いてるタイプや課題問題点|「給料BANK」

Pharmaceutical industry
製薬業界
 
業界の白魔導士
Peach Time

製薬業界の給料年収ランキング・企業一覧・関わる職業・特色を解説!

製薬業界を具現化。 名前は「Peach Time」。街角の白魔導士とよばれる薬剤師や医者と連携し、人を治癒する薬を届け ていく。人間の病気や怪我がなくならない限り「病」とつねに戦い続ける業界だ。

製薬業界の年収・特色

薬の需要は景気に左右されないため、不況に強いと言われる製薬業界。新薬の認可は年々減りつつあるが、iPS 細胞の登場を機に再生医療分野にチャレンジしたり、アジアや欧米に販路を広げたりと生き残りをかけて邁進している。
研究開発部門で働く人は、必ず一度は友人知人から「絶対に治る風邪薬はなんでできないの?」と聞かれるんだとか。
風邪薬は無理でも、その他の病気や症状を改善する薬を時には徹夜で研究しているが、守秘義務があるので業務内容はなかなか話せないそう。
製薬業界で最も目立つ職種が、営業担当であるMR。毎日のように病院に出向き、医師を相手に営業を行う。担当エリアが広い場合、高速道路のパーキングで他社のMR を発見することもしばしば。
オフの日でも、医療従事者を前にすると笑顔が勝手に出てしまうのは職業病!? 
高年収の企業が多く年収は軽く1000万円を超えることも多い業界だ。そのため業界平均年収はかなり高い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

製薬業界の就職転職に向いているタイプ

医療業界というと理系のイメージが強いが、MRは必ずしもそうである必要はない。医師や薬剤師に薬を売り込むまでが仕事なので、営業的スキルが求められ、社交的なタイプが向いている。 また治験コーディネーターや開発職を目指すのであれば理系女子・理系男子が向いているであろう。

製薬業界にかかわる職業

製薬業界にかかわる職業をピックアップしてみました。
 
MR
薬剤師
治験コーディネーター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の業界の企業一覧・年収ランキング・特色の業界一覧