化粧品業界の給料年収ランキング・就職転職に向いてるタイプや特色 | 給料BANK

化粧品業界の給料年収・業界規模・特色などを徹底解説します。|「給料BANK」

給料BANK > 業界社員の年収給料一覧・ランキング・特色 > 化粧品業界の給料年収・業界規模・特色などを徹底解説します。

化粧品業界の年収や業界規模・年収ランキングや企業一覧・関わる職業・業界の特色を解説!

化粧品業界の年収や業界規模を解説します。

化粧品業界の業界規模

  • 2兆円
  • 平均年収:760万円
  • 勤続年数:16.7年
  • 平均年齢:40才

※年収は有価証券報告書を参考に独自に算出しています。

化粧品業界の年収・特色

取り扱う商品の特性から女性社員の比率が高い化粧品・生活用品業界。特に化粧品メーカーは女性が多いためか、選考の時もリクルートスーツでもインナーにこだわる等、他業界の就活とは違う華やかな雰囲気があるそう。
メイクが好きな女子が集まるため、可愛い子が多いという噂も!?
業務中にサンプルを使って、書類がオイルまみれになることもあるというのは化粧品会社ならよくあること。
朝はすっぴんで仕事に行って、デスク周りにある化粧品で済ませる社員もいるとか……。
生活用品のネーミングは社内公募や、社長のセンスで決まることも。変な名前でも大ヒット商品となることもあり、侮れない。CM で有名な会社は創業が古く、イメージを守るため企業風土も真面目なところが多い。

化粧品業界画像1

化粧品業界の就職に向いているタイプ

美容部員になりたいなら、まず美意識が高いことは必須。接客業なので、きめこまやかな対応ができる気配りができる人や、商品を「売る」営業力の高いタイプが求められる。

業界が誇る特殊な慣例や習慣など

業務中にサンプルを使って、書類がオイルまみれになることもあるというのは化粧品会社ならよくあること。
朝はすっぴんで仕事に行って、デスク周りにある化粧品で済ませる社員もいる。美容部員はノルマもあり、女性ばかりの職場で人間関係が大変。

業界の口癖

百貨店業界のように敬語が基本で、言葉遣いは丁寧。
しかし女性が多い業種のせいで、時々チクチクと嫌味を挟んでくる。嫉妬も多い。微笑みながら毒を吐くキャラ。

起源・業界誕生

1615年(元和元年)、日本橋にて創業さた「柳屋」が現存する日本最古の化粧品会社といわれる。
「紅屋」という商号で店を構え、髪に塗る香油を中心に食用紅、化粧紅、練紅、白粉などの製造販売を始めた。
現在の日本の化粧品業界は資生堂が築いたシステムがベースになっている。資生堂は創業100余年。
戦前は「西のクラブ(中山太陽堂)、西のレート(平尾賛平商店)に押され、資生堂は業績を悪化させたこともあった。
昭和20年代の化粧品業界は乱売合戦に明け暮れており、業界の存続も危ぶまれた。
しかし米国で先進的な流通業につい学んだ資生堂の二代目社長が「制度品システム」を取り入れたことで乱売の抑制をすることができ、業界は安定を取り戻した。化粧の歴史は5000年以上、日本の化粧品の歴史は約700年。

化粧品業界あるある

化粧品業界あるある四コマ画像1

業界の歴史的背景

紀元前3000年前の古代エジプトではすでにアイメイクがあった。
日本の歴史をふり帰ってみると、『古事記』『日本書紀』などの記述や、3世紀後半の古墳時代の埴輪の顔色彩色から赤色顔料を顔に塗る風習があったことがわかる。原始的な化粧から美意識にもとづいた化粧へ発展したのは、6世紀後半、大陸や半島文化の輸入とともに、紅、白粉などの化粧品を知ってからであろう。
持統天皇6年(692年)には、僧観成[そうかんじょう]によって日本で初めて鉛白粉[なまりおしろい]が作られ、女性であった持統天皇に献上したところ、大変喜ばれたという。

業界のおもしろ三すくみ

テレビ業界とはCMや番組スポンサーの関係で強く出られる。
ファッション誌や女性誌の力は絶大なので、出版業界には弱い。
仲が良いのはファッションに関わるアパレル業界。化粧品業界とも仲が良い。ライバルは化粧品にも手を広げる製薬業界。

化粧品業界にかかわる職業

化粧品業界にかかわる職業をピックアップしてみました。
 
美容部員
アイリスト
ビューティーアドバイザー
ビューティーアドバイザー
” target=”blank”>エステティシャン

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の業界社員の年収給料一覧・ランキング・特色の業界規模一覧