百貨店業界の給料年収ランキング・就職転職に向いてるタイプや特色 | 給料BANK

百貨店業界の給料年収・業界規模・特色などを徹底解説します。|「給料BANK」

給料BANK > 業界の企業一覧・年収ランキング・特色 > 百貨店業界の給料年収・業界規模・特色などを徹底解説します。

百貨店業界の年収や業界規模・年収ランキングや企業一覧・関わる職業・業界の特色を解説!

百貨店業界の年収や業界規模を解説します。

百貨店業界の業界規模

  • 7兆6,000億円
  • 平均年収:595万円
  • 勤続年数:20年
  • 平均年齢:48才

※年収は有価証券報告書を参考に独自に算出しています。

百貨店業界あるある四コマ画像1

百貨店業界の特色

景気や消費動向に左右されやすく、ここ数年は激動の百貨店業界。業能を変えるなどリニューアルで巻き返しを図っている。女性従業員が多く、エレベーターガール等きれいな人も多い。しかし喫煙率も意外と高い。
男性は育ちが良くおっとりしたタイプが多いとか。社内結婚率も高めらしい。お得意様を相手にする外商部は、販売部とはガラッと雰囲気が違う。
外商のお客様は売上を左右する重要顧客のため、扱いは慎重になる。
昔ながらの御用聞きのような伝統文化が生きている職場だ。百貨店のバックヤードはまるで迷路。
慣れるまで売り場にたどり着けない新人も。「4番入ります」はトイレ等、お客様に分からないようにするための隠語も多い。雨の時に流れる音楽や、万引きがあった等の合図等も決まっているらしい。腰は低く笑顔を絶やさないことが重要。

百貨店業界の就職に向いているタイプ

美的センスがあることはもちろん、売れる物を見極める、時代を読む目が必要。また、価格交渉もバイヤーの仕事に含まれるので、商売人としての高い経営・交渉手腕が求められる。

業界が誇る特殊な慣例や習慣など

女性従業員が多く、エレベーターガールや美容部員など綺麗な人も多い。
しかし喫煙率も意外と高い。
男性は育ちが良くおっとりしたタイプが多いとか。社内結婚率も高め。百貨店のバックヤードはまるで迷路。慣れるまで売り場にたどり着けない新人も。「4番入ります」はトイレなど、お客様にわからないようにするための隠語も多い。

百貨店業界画像1

業界の口癖

ボンボン率が高く、いわゆる「育ちが良い」社員が多い。ノリは悪くないが下品なことはしないおっとりキャラ。
腰が低く、笑顔が顔に張り付いている。基本的に敬語で、言葉遣いが丁寧。相槌も「さようでございますか」。
昔ながらの「御用聞き」文化が残っていることから、頼まれたことは「お任せください」となんでもやる。

起源・業界誕生

160年前、1852年にフランスの天才商人ブシコ-とその妻が「ボン・マルシェ」という百貨店を世界で初めて開業した。
日本では三井呉服店の営業を引き継いだ株式会社三越呉服店が開業、1905年(明治37年)元旦には全国主要新聞にのちに「デパートメントストア宣言」と呼ばれる全面広告を掲載したのが百貨店の誕生といわれている。呉服店(アパレル業界)から派生して、業界年齢は約110歳。

業界の歴史的背景

19世紀中頃の欧米において百貨店が出現した原因は、18世紀のイギリスに起こって西ヨーロッパ諸国に波及した産業革命にあると考えられる。
産業革命によって市場主義が発達し、商品が市中に大量に流通するようになると様々な専門店が樹立した。

業界のおもしろ三すくみ

アパレル業界には強い。小売業界の老舗として「置いてあげる」という立場。
百貨店に並ぶ商品は高級ブランドであり、ステイタスでもある。
広い土地が必要なため、不動産業界には弱い。仲が悪いのはコンビニ業界。ライバルでもあるが、格下として見ている。仲が良いのは鉄道業界。経営母体のこともある。化粧品業界とも1階を提供するなど仲が良い。

百貨店業界にかかわる職業

百貨店業界にかかわる職業をピックアップしてみました。
 
スーパーバイヤー
ショップ店員(アパレル店員)

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の業界の企業一覧・年収ランキング・特色の業界規模一覧