外科医の給料(大学・総合病院)・手取り・仕事内容・年収を解説! | 給料BANK

外科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

外科医の給料・年収や初任給を解説!

外科医の給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

外科医の平均給料・給与

  • 81万円

外科医の平均年収

  • 982万円~1301万円
    • 20代の給料:35万円
    • 30代の給料:90万円
    • 40代の給料:120万円
    • 初任給:30~万円
      ※ほぼ勤務医となるようです

    ※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    外科医の年収【年代別理想の年収プラン】

    外科医としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の外科医の理想年収

    外科医として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ560.0万円を超える年収です。

    30代の外科医の理想年収

    外科医としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は1,302.0万円を超える年収です。

    40代の外科医の理想年収

    外科医となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は1,778.0万円を超える年収です。

    外科医の給料・年収補足

    平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    1,000万円~1,200万円となると予測されます。

    外科医の仕事内容

    臨床医学の一端を担う、手術によって創傷、疾患の患部摘出や縫合などの外科的手法を用いる専門分野に従事する医師です。
    基本は手術と検査で、医師としては活動範囲が広く、薬物療法が主体の内科医とは異なり、心臓外科、胸部外科、形成外科、美容外科、血管外科など細分化された分野ごとの医師が存在するのが特徴です。

    外科医の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    29万円~92万円となりそうです。

    外科医画像1

    外科医になるには?【資格】

    近年社会的問題として、本当の医師不足が顕著なのがこの外科医の不足です。
    医学部を卒業して、医師国家試験に合格し、医師免許を取得し、2年間の初期研修医を終了し、3年目に外科を選択する以外のに方法はありません。
    医師免許の取得方法は、一般的入試、または推薦入試で医学部に入り、1年生から6年生までを終了するか、学士編入で2年生or3年生から入り、6年生までを終了し、卒業し医師国家試験に合格する方法しかありません。  
    外科専門医などの資格は学会資格であり、医師免許を持っている3年目以降の医師が外科学会に入会し、症例数、年数を満たし、試験に合格して得る資格です。

    外科医の求人募集はどこで探せばいい?

    ほとんどが勤務医として病院で働くことになるため、給与は医師の中では低いそうですが、相当に夜勤が多いため、開業医はかなり少ないそうです。
    ほとんどが、大学卒業後の研修医として働く病院が、そのまま職場となるようです。
    一定以上の研修期間を雇用では要求し、専門手術に特化する必要が有るため、転職は非常に少なく、また単独の求人も少ないのが現状です。

    大学病院の外科医は給料高いの?

    研修医からそのまま残って、勤務医となる比率が高く、医師としては労務に対して、報酬は医師の中ではやはり低い方です。
    大学病院でも、総合病院などと比較して勤務医ではそれほど高い給与でも無いようです。
    むしろ、専門分野で血管系の外科医、脳外科医などは非常に大学病院では待遇がよく、比較的給与も高いことが知られています。

    外科医の仕事の面白さ・向いてる性格

    外科医の仕事は、面白さと辛さが同じです。
    表を向ければ仕事の面白さと言えますが、裏を返せば仕事の辛さと言えます。
    外科医は人の命を救う現場の最前線で戦う仕事。
    それはとてもやりがいがあって、外科医は「手術をしたい」と思っている人が多いです。
    手術をしてみたい、手術がしたい、人を救いたいと思っている反面、常に「失敗したときの責任」と隣り合わせになっています。
     
    失敗して患者が命を落とせば、過失がなくても「自分が殺してしまったのだ」という意識に支配されてしまう人が多いです。
    ある程度仕事だと割り切ることが必要ですね。
    やりがいも多く、その反面責任も大きい。
     
    向いているのは手術に関して大きな関心を持っている人・自らの手術技術向上に貪欲な人です。
    常にハングリー精神旺盛でいなければ、日々進歩し続ける医療業界に置いていかれます。
    そうならないためにもお腹をすかせた獣のように自己研鑽し続けなければいけません。
    現状に満足せず、常にさらに上へ上へと目指していける向上心の高い人こそが外科医に向いていると言えますね。

    総合病院の外科医は給料相場はどのくらいなの?

    給料解説者ぺすくん

    患者数が非常に多く、手術も大小様々ですが、市立病院などある程度の規模であれば、外科医全体の給与相場は、大学病院と同じ30代で月給80万円~90万円ほどにはなるそうです。
    一方で中規模クラスの病院では、手術に必要な設備の関係で、他の病院へ紹介で手術を依頼するため、難しい手術を行わないケースでは、給与は30代で40万~50万程度の月給となる場合があります。
    研修医期間中も、医師会への会費などで費用がかかるため、どうしても数年間以上は、手取り収入はかなり減る傾向が強いそうです。

    外科医の口コミお給料

    給料:100万円

    地方の大学病院の勤務医です。派閥闘争など大変です

    給料:130万円

    外科医から開業して整形外科医になりました。あの当時で90万ぐらいの手取りでした。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    匿名さん

    給料145万円

    地方県立病院の外科医です。
    額面145万
    手取り95万くらいです。
    やり甲斐のある天職です。

    知的な女(わりと)

    単純にどんな方法であれ医学部入って6年生までをきちっと終了し、卒業して国家試験受かれば医者は医者です。
    科の選択はそれぞれ。
    どれが最短とかはありません。

    母性溢れる女(仕事一筋からのジョブチェンジ)

    家庭との両立は難しいですが、元々の仕事愛が強すぎて、細々続けています。あまり力になれていませんが人手不足すぎて、いないよりはマシなのでしょう、今のところ辞めろとは言われていません。

    その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧