産婦人科医の給料・手取り・仕事内容・年収や不足地域などを解説! | 給料BANK

産婦人科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

産婦人科医の給料・年収や初任給を解説!

産婦人科医の給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

産婦人科医の平均給料・給与

  • 130万円

産婦人科医の平均年収

  • 1570万円~2085万円
    • 20代の給料:81万円
    • 30代の給料:100万円
    • 40代の給料:175万円
    • 初任給:30~万円
      ※勤務医と開業医で差が開く職業です。

    ※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    産婦人科医の年収【年代別理想の年収プラン】

    産婦人科医としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の産婦人科医の理想年収

    産婦人科医として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ1,204.0万円を超える年収です。

    30代の産婦人科医の理想年収

    産婦人科医としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は1,442.0万円を超える年収です。

    40代の産婦人科医の理想年収

    産婦人科医となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は2,548.0万円を超える年収です。

    産婦人科医の給料・年収補足

    平均給料:130万円
    20代の給料:100万円~130万円(推定)
    30代の給料:120万円~150万円(推定)
    40代の給料:140万円~210万円(推定)
    ※勤務医(常勤)の平均です。
    施設の規模などで、かなり違いが出ます。
    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    東京都で1,500万円~2,800万円となると予測されます。
    地方で、1,300万円~2,000万円ぐらいが相場といわれております。

    産婦人科医の仕事内容

    女性の病気や治療を行う専門医です。
    妊娠出産などの分娩を行う、産科と、女性生殖器の腫瘍性疾患や感染症、更年期障害、不妊治療、生理不順などの内分泌疾患を扱う婦人科にわかれています。
    外科の手術も多く、病院では分娩から、病気の手術も行い、一般開業医では、殆どが妊娠と出産に関係したものが多いです。
    不妊治療に特化した産婦人科医も存在します。

    産婦人科医の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    29万円~120万円となりそうです。

    産婦人科医画像1

    産婦人科医になるには?【資格】

    一般的な医師と同じように、私立、公立大学の6年制医学部及び6年制医科大学で履修した後、医師国家試験に合格し、医師免許を持って研修医として、全ての科を2年間実務実習を行います。
    民間の病院や大学病院などで主要な殆どの科で経験を積んで、その後産婦人科医を選択することになります。
    救急医療や循環器系、内科も必須であり、脳外科や眼科も履修しなくてはなりません。
    専門の学会認定医となった場合は、産婦人科専門医として開業することも可能です。
    日本産科婦人科学会などに認定を受けるには、学会での研究・論文発表や、症例報告など様々な条件をクリアして、試験と面接で資格を与えられる事になります。

    産婦人科医の求人募集はどこで探せばいい?

    臨床経験必須の上で、全国では産婦人科医希望の医師そのものが少ないため、求人は転職、常勤どれも非常に多いと言えます。
    しかし看護婦不足に加え、地方では施設の閉鎖も今は多いといわれています。

    産婦人科医になる志望動機ってどんなのが多いの??

    まず女性が多い職場なので、業務が過酷でもなんとか耐えられるといった点が大きく影響しているようです。
    また、現代の医療現場は細分化され、科ごとに治療、診療も専門的ですが、産婦人科は内科や外科学も関係しています。
    そのため、総合的医療分野の経験が得られるとして、敢えて選んでいる場合も多いそうです。
    ただ、最近の産科は起訴問題だらけといわれており、風評被害でやめる人も多く、更に過酷で休みも少ないため、ますます減少に歯止めがかかってないようです。

    産婦人科医の仕事の面白さ・向いてる性格

    産婦人科医の仕事の面白いところは、なんといっても人間が誕生するというなんとも不思議な瞬間に立ち会うことができることです。
    出産には誰もが立ち会うことができるわけではありませんからね。
    下手すれば人生で一度も見ることなく終わってしまうこともあります。< br />  
    人間の体から小さい人間が出てくる・・・生命誕生の瞬間を安全なものにするのがこの仕事。
    そんな感動的な瞬間に何度も立ち会うことが出来る仕事は、他にはありません。
    かなり神経を使う仕事で、仕事をしている間はそんなこと頭にありませんが、無事に赤ん坊が生まれてきたときには、そういった疲れも吹き飛ぶのです。
    向いているのは神経質な人。 とにかく神経質にならなければ、この仕事はできません。 細かいことに気をくばり、神経を使う作業をしているのが苦にならない人こそが産婦人科医に向いていると言えます。

    産婦人科医って不足してるの?

    給料解説者ぺすくん

    男性の産婦人科医の意見として、正直なところ自分が女性なら、決して産婦人科医とは結婚しないという方が多いです。
    根本的に、過酷過ぎる職場と、手術後のトラブルなどもあって、様々なコミュニケーションの中で風評被害によく見舞われるというのがあります。
    厚労省の実態調査でも、希望職として産科医を選ぶケースは年々減少しています。
    また、私生活を全て犠牲にし、休みも取れないために、産科医自体の家庭崩壊などもあるようです。
    相当に、最初の医師になろうといった希望は、職場で長く務めると、挫折に変わるケースも多いそうですね。
    待遇にも様々な問題を抱えているのは、事実のようです。

    産婦人科医の口コミお給料

    給料:100万円

    地方勤務医です。赤ちゃんが生まれてくるときの感動が忘れられません。子供のためにこの仕事に誇りを持っています。

    給料:200万円

    産婦人科医で開業しています。地方です。夜間の急患対応などもあるので大変です。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    匿名さん

    首都圏勤務医 、手取り100万円です。
    産婦人科医に向いてるのは神経質な人。とありますが、楽しげに仕事を続けてるのは無神経なキャラで、神経質な人は心折れて転科するか廃人になってるかですね。鈍感力が大事です。

    特になし

    近畿地方政令都市勤務医、常勤の年収2000万ほど、開業医の当直バイト1000万ほど。卒後23年目、高1の娘が産婦人科医になりたいと言い出して、やめとけと言いながら嬉しがっています。

    匿名さん

    地方大学の後期研修医です。大学所属なのでバイト含めて手取り50万ぐらいです。
    なんとか周りの方にささえられて、フルタイムで仕事を続けられています。現場では、私も鈍感力が必要と思います。
    自身の出産経験を通してさらに妊婦さんに寄り添った医療が出来ているんじゃないかと思います。現場で、子持ちでも続ける女性が更に増えるといいなぁと思います。

    匿名

    産婦人科医は内科と外科両方こなせますから、歳をとってお産がしんどくなったら婦人科だけでなく、クラスチェンジせて内科医もやれますよ。

    その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧