眼科医の給料(開業・レーシック)・手取り・仕事内容を解説! | 給料BANK

眼科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

眼科医の給料・年収や初任給を解説!

眼科医の給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼科医の平均給料・給与

  • 90万円

眼科医の平均年収

  • 1090万円~1445万円
    • 20代の給料:60万円
    • 30代の給料:90万円
    • 40代の給料:120万円
    • 初任給:40~万円
      ※開業医、病院付属の勤務医、レーシック専門眼科病院などで、給与は相当の開きがあります。

    ※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    眼科医の年収【年代別理想の年収プラン】

    眼科医としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の眼科医の理想年収

    眼科医として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ910.0万円を超える年収です。

    30代の眼科医の理想年収

    眼科医としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は1,302.0万円を超える年収です。

    40代の眼科医の理想年収

    眼科医となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は1,778.0万円を超える年収です。

    眼科医の給料・年収補足

    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    900万円~2,900万円となると予測されます。
     
    ※一般的に病院勤務眼科医の場合は、年収では800万円~900万円前後が標準のようです。
    売れている開業眼科医は3000万円以上もざらにいるようです。

    眼科医の仕事内容

    眼科と呼ばれる眼の器官に関した総合的な知識、医療技術に特化した専門医です。
    日本眼科学会が認定した医師だけが、眼科医と呼ばれます。
    眼科の研修施設で5年以上、診察、検査、治療、手術のトレーニングを受け、100例ほどの手術経験を必要とする医師の資格所有者です。

    眼科医の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    71万円~149万円となりそうです。

    眼科医画像1

    眼科医になるには?【資格】

    まず医師の資格を得るために、6年制の医学部がある大学へ進学します。
    言うまでもなく、これが最大の難関になります。
    卒業までに医師国家資格を得るために、国家試験に合格します。
    次に眼科ではなく一般的な医学実習と医学知識を習熟するために、眼科専門医制度委員会が認可した研修施設へ5年以上の研修期間を修了する必要があります
    研修施設は、一定の条件を満たした国立病院や総合病院に勤務する必要があり、やはり、大学もそれに則したかなり高学歴が必要です。
    研修施設で、一般初期救急医療に関する技術を習得し、次に眼科に関する臨床、診断、検査を習得していきます。
     
    更に眼科専門医となるには、眼科治療で外眼手術、内眼手術及びレーザー手術それぞれで、20例以上の執刀経験があることが必要です。
    トータルで必要な手術経験は100例以上と定められているため、相当に難しいです。
    次に症例検討会へ定期的に出席、眼科に関する論文を単独、あるいは筆頭筆者として1編、学会報告を演者として2報以上を定めています。
    4年以上日本眼科科学学会員であるか、あるいは既に学会員である必要があります。
    条件を満たせば、年1回の専門医試験の受験資格を得られます。
    これの合格をもって、眼科専門医として就業することが出来ます。

    眼科医の求人募集はどこで探せばいい?

    大半は勤務医として、大学付属病院に残るか、他の研修施設からそのまま勤務医として叩くことが多いです。
    ここから後に、自費、あるいは融資を受けて独立開業となる場合もあります。
    ただし、眼科専門医の認定期間は5年であり、この更新には眼科専門医制度委員会が認定する学会参加が義務化してします。
    また学術活動、研究活動は点数制であり、これに100点を所得する事が更新の条件になっています。

    開業眼科医はかなり年収が高いの?

    レーシックを行う眼科開業医が、結局は手術費用からかなりの高額になるため、結果として年収はかなり高いです。
    ただし、手術トラブルが年々増加傾向となっており、しかも手術後には再手術が少ないため、患者数の現象と連動しているところが難点です。
    眼科医の平均年収を引き上げているため、普通の街の眼科医では、矯正治療は行われず、普通は一般的な治療と、処方を出すだけなので、年収は多くても1,000万以内となることが多いです。
    場合によっては、勤務医より低い場合もあります。

    眼科医の仕事の面白さ・向いてる性格

    眼科医の仕事の面白いところは、眼科という分野がとても奥が深い分野であるということに由来しています。 眼というのは単純に見えてかなり複雑な部位です。 角膜・水晶体・ぶとう膜・網膜・涙器・眼窩・・・そして視神経。 すべてが組み合わさって正常な状態の眼があります。 どれかひとつでも異常があると、どこかしらエラーを起こしてしまい、正常な視界を確保することができません。 面白いところは、そういったエラーが「失明」以外で現れてくること。 どの部位がどのように壊れてしまうとどういった異常がおきるのか・・・それを探求していくのが眼科医。 それはとても奥が深く面白いことなのです。 向いているのは自分が興味を持った分野にとことんこだわることができる人。 追求する心を持っている人と探究心の強い人に向いています。

    レーシック眼科医って年収高いの?

    給料解説者ぺすくん

    1回の手術費用が16万~38万円くらいで、集中的に都市部にクリニックがある事が多いです。
    従って、立地やレーザー治療器の購入費用などのコスト費が、治療費に大きく反映しています。
    確かに年収は2,000万円以上は多いのですが、実績の高いレーシック・クリニックは総じて少ないため、かなり数は限られています。
    また、過去にレーシック手術の術後トラブルが絶えない時期があり、今は徐々に給与は下がりつつあるのが現状です。

    眼科医の口コミお給料

    給料:50万円

    ボーナス含めて年収800万です。

    給料:80万円

    開業眼科医です。コンタクトも販売しています。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧