金属プレス工の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法などを徹底解説 | 給料BANK

金属プレス工の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

金属プレス工の給料年収や手取り額、初任給を解説!

金属プレス工の給料年収を解説します。

金属プレス工の平均給料・給与

  • 30.3万円
  • 20代の給料:25.8万円
  • 30代の給料:30.5万円
  • 40代の給料:34万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

金属プレス工の給料・年収補足

20代の給料:25.8万円(推定)
30代の給料:30.5万円(推定)
40代の給料:34万円(推定)

 
プレス加工に使用される材料は鉄鋼や銅やアルミニウムなどの金属が多いのですが、航空機にはチタンが以前から使用されていますし携帯電話などモバイル機器にはマグネシウムが使われています。
金属プレス工は主に中小規模の加工専門部品メーカーに勤務し、自動車メーカーなど大手メーカーの下請けとして日本の産業を支えています。
金属プレス工の給料ですが厚生労働省が公表している、平成27年6月の賃金構造基本統計調査のデータによると、金属プレス工の平均給料は平均年齢が39.3歳で30.3万円です。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
390万円~480万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:17万円~29万円(月収)
東京の求人調査結果:22万円~34万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~28万円(月収)

金属プレス工の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~26万円となりそうです。

金属プレス工の仕事内容

金属プレス工の仕事内容は被加工材と呼ばれる鉄鋼や銅やアルミニウムなどの金属を加工して、航空機や自動車などのさまざまな部品を製造することです。
被加工材は鉄鋼や銅やアルミニウムなどですが最も使用される被加工材は熱間圧延鋼板で、熱間圧延鋼板は普通鋼と呼ばれ価格が安く、板厚精度が高い冷間圧延鋼板もよく使用される被加工材です。
軽量のアルミニウム合金は航空機に使用され、電気特性に優れている銅合金やチタンやマグネシウムなども被加工材として用いられています。
金属プレス工の仕事は安い価格で大量生産することで、モバイル機器や自動車などを低価格で提供しています。

金属プレス工になるには?【資格・試験難易度】

金属プレス工になるには学歴や特に資格などは必要ありませんが、技能検定制度の一種である金属プレス加工技能士の資格を取得すれば就職する際に有利になるかもしれません。
金属プレス加工技能士は国家資格で1級と2級があり、1級は職業訓練指導員の塑性加工科の実技試験と学科試験が免除され2級合格者も実技試験が免除されます。
金属プレス加工技能士の1級の作業試験は厚さ0.5mmの材料をはさみでブランクを切り取り、パワープレスで決められた絞り型を使い正八角形のフランジを2時間30分以内に作ります。
2級の場合も作業試験は同様ですが難度が低いため試験時間は1時間45分です。筆記試験は1級と2級も共に試験時間は2時間で、1級も2級も加工段取り・ブランク取り・点検整備などについて出題されます。 

金属プレス工の求人の見つけ方

金属プレス工の求人の見つけ方は大きな金属加工メーカーや工場がある地方であれば、ハローワークや新聞の求人欄や求人誌などに金属プレス工の求人があります。
もし地元に金属加工メーカーや工場がなければインターネットで探すと、金属プレス工の求人を見つけることは難しいことではないようです。
ただ正規雇用の正社員よりも非正規雇用のアルバイトや契約社員の求人も多いので、勤務だけでなく後後のこともよく考えて求人に応募したほうがいいでしょう。 
【この仕事を募集している企業】
・一般社団法人金属プレス工業会
・金属プレス工業協会
・株式会社天徳工業
・ワールドウイング株式会社
・国立プレス株式会社

金属プレス工で高年収になるには?

金属プレス工で高年収になるにはまず就職する時に非正規雇用のアルバイトや契約社員でなく、正規雇用の正社員として採用されることが大事です。
20代だと非正規雇用のアルバイトや契約社員も、正規雇用の正社員も年収に大きな格差は生じません。
しかし30代になると非正規雇用の場合と、正規雇用の場合だと年収に格差が生じてきます。これは正規雇用の正社員だと30代になると、管理職に就き年収がだんだんと上がっていくからです。
一方の非正規雇用のアルバイトや契約社員の場合は、30代になっても40代になっても昇格や昇給などはありません。 
それと金属プレス工の仕事も常に新しい技術が採用されているので、最先端のプレス技術を学びことで高年収につなげます。

金属プレス工のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

日本の金属プレスの技術は世界的にも高く評価されていて、小さな町工場に世界のメーカーなどから注文が来ることもあるようです。
また金属プレスの技術は日々進歩していて小さな町工場でも、最先端のプレス技術を持っている金属プレス工も存在しているようです。
新たなプレス技術で最先端の製品を生み出す、金属プレス工はかっこいいと言えるでしょう。
どんな仕事にも言えることですが、その仕事に誇りを持って精進すればどんな仕事でもかっこいいと思えるものです。 

金属プレス工の給料年収の本音口コミ

20才 給料:21万円

父親が金属プレス工だったこともあり、地元の工場に金属プレス工として就職しました。
働き始めて改めて父親の偉大さに気付きましたが、照れくさいので父親に対しては以前のように接しています。

27才 給料:25万円

残業が増えることで景気が、好転していると感じられます。
不景気だと残業も少なく、収入に直結するので有難いです。
今は少しでも最先端のプレス技術を学び、景気に影響されないようにしたいと思っています。

34才 給料:30万円

自動車メーカーからの仕事が多く、最近の自動運転車のニュースが気になります。
自動運転車の時代になってもこの仕事はなくならいとは思いますが、自動車メーカーからでなく他の業種かもしれません。

42才 給料:34万円

地元にあった自動車メーカーがタイに進出したことで、勤めていたプレス工場もタイに移りました。
そのため今はタイで現地の従業員にプレスの仕事を教えていますが、まさか自分がタイに住むことなど想像もしていませんでした。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧