建築板金工の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法などを徹底解説 | 給料BANK

建築板金工の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

建築板金工の給料年収や手取り額、初任給を解説!

建築板金工の給料年収を解説します。

建築板金工の平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:23.7万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:42.5万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

建築板金工の給料・年収補足

20代の給料:23.7万円(推定)
30代の給料:30万円(推定)
40代の給料:42.5万円(推定)

 
建築板金工とは金属板を加工して屋根の工事や外壁工事や、水回り工事などを施工する建築現場の職人さんのことです。
昔は屋根の工事の時に銅板を加工することが多く銅工屋とも呼ばれることもあったようで、現在では屋根の工事だけでなく雨ドイの工事やサイディング工事など、金属板を加工する板金に関わる屋根工事全般や水回り工事などを施工します。
建築板金工の給料ですが日給月給制で20代の建築板金工の日給は8000円前後からのスタートですが、20代でも一通りの仕事を覚えると最大で日給1万1000円程度までなるようです。
これらのことから20代の建築板金工の平均日給を8000円+1万1000円=1万9000円÷2=9500円と考え、梅雨や台風の時期などは仕事を休まざるを得ないので月に平均25日ほど働くとすると9500円×25日=23万7500円になると算出しました。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
270万円~350万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:21万円~27万円(月収)
東京の求人調査結果:23万円~33万円(月収)
大阪の求人調査結果:22万円~32万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~28万円(月収)

建築板金工の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
19万円~27万円となりそうです。

建築板金工の仕事内容

建築板金工の仕事内容は主に一般の木造住宅や店舗や倉庫や、大規模なビルや工場などの屋根工事や外壁工事や樋工事などの施工です。
具体的には屋根工事ではアスファルトルーフィングと呼ばれる防水紙を施工し、その上に加工した金属板を施工します。
また外壁工事の場合では透湿性がある防水シートを施工し、その上に胴縁と呼ばれる材木を貼っていき外壁の下地にしていきます。
ただ外壁材は金属板を施工する以外にも、セメントを原料とした窯業系のサイディングを使うこともあるようです。

建築板金工になるには?【資格・試験難易度】

建築板金工になるには特に資格や学歴は必要ありませんが建築板金技能士や、高所作業車や玉掛けの免許があれば優遇されます。
ただ建築板金技能士の受験資格はある一定の実務経験が必要とされるので、建築板金工の仕事に就く際にはなくても建築板金工にはなることができます。
また求人を見ても年齢制限がないところが多いようですが、高い現場での作業も多くある程度は若くないと体力的には無理があるようです。
施工現場では足場や安全ベルトがありますが、高所恐怖症の人が建築板金工になるのは難しいかもしれません。
ただ面接でやる気をアピールすれば採用される可能性は高いので、なぜ建築板金工になりたいのかを熱意を持って伝えることが大事です。

建築板金工の求人の見つけ方

建築板金工の求人の見つけ方ですが、地方であればハローワークでも探すことができるようです。
また建築作業員は不足しているので地方であれば、ハローワークでなくても新聞や求人誌などでも比較的かんたんに探せます。
また近年ではインターネットが普及しているので、ネット上の求人サイトでも探すことができるようです。
求人情報を見ても経験者の方が優遇されるようですが、年齢も経験も不問のところも多いようです。 
特に2020年に東京オリンピックが開催されることもあり、どこの建築会社も人手不足なので未経験者でも応募できるようです。
ただ建築板金工の仕事は屋根の上など高い現場が多いので、高所恐怖症の方だと採用されないこともあるようです。
 
【この仕事を募集している企業】
・ヤマギシリフォーム工業株式会社
・株式会社オリバー
・株式会社マルゼン工業
・西脇板金工業株式会社
・黒澤鈑金株式会社

建築板金工で高年収になるには?

建築板金工で高年収になるにはどこかの会社で建築板金工として、経験を積み独立して自分で開業することです。
特に近年は景気が回復傾向にあるため公共事業なども多く、どこも建築板金工が不足しているため上手くいけば、高年収になる可能性はあります。
ただこの業界は景気の影響を受けるため、独立開業しても仕事が受注できないこともあります。
そのため営業力や人間関係なども大切で、独立したら景気が悪くなってやっていける体質を作ることです。
建築板金工で高年収になるにはどこかの会社で建築板金工として、経験を積み独立して自分で開業することです。
特に近年は景気が回復傾向にあるため公共事業なども多く、どこも建築板金工が不足しているため上手くいけば、高年収になる可能性はあります。

建築板金工のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

建築板金工のかっこいいところは高い現場での作業も多く、危険を伴う仕事でありながら颯爽と高所での作業をやっている姿です。
企業に勤めるサラリーマンと比べると収入面では安定しない一面もありますが、自分の技量に頼る職人に憧れる若者も増えています。
昔のように良い大学を出れば定年退職するまで仕事や収入が安定する時代ではなくなったので、手に職を付ける職人という働き方も注目されているようです。

建築板金工の給料年収の本音口コミ

18才 給料:22万円

工業高校に通っていましたが、学校に馴染めず中退し建築板金工になりました。
高校を卒業したら建築会社に就職するつもりだったので、今では建築板金工になって良かったと思っています。

24才 給料:25万円

父親がとび職だったこともあり、学校を卒業して自然に建築板金工になりました。
ただ父親は口には出しませんが、本当はサラリーマンになって欲しかったようです。

35才 給料:33万円

この仕事は景気が悪い時は、仕事がなく工賃も安くなります。
ただここ数年は景気がよく東京オリンピックも控えているので、暫くは仕事が絶えることはなさそうです。

46才 給料:48万円

自分で小さな会社を経営していて、何人か建築板金工を抱えています。
今は大手ゼネコンの下請けなので今後は営業にも力を入れて、自分で仕事を受注していくつもりです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧