ビオトープ管理士の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

ビオトープ管理士の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

ビオトープ管理士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ビオトープ管理士の給料年収を解説します。

ビオトープ管理士の平均給料・給与

  • 33.6万円
  • 20代の給料:26.8万円
  • 30代の給料:34.5万円
  • 40代の給料:39.5万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ビオトープ管理士の給料・年収補足

20代の給料:22~26.8万円(推定)
30代の給料:26~34.5万円(推定)
40代の給料:30~39.5万円(推定)
 
 
 
ビオトープ管理士とはあまり耳にしない資格ですが公益財団法人の日本生態系協会が認証している民間資格で、日本生態系協会によると自然の多様性を守り地域の野生生物たちが生息する空間を取り戻し保持するための専門家のことです。
ビオトープ管理士は計画部門と施工部門とありさらにそれぞれ1級と2級があり、計画部門は広域的な地域計画のプランナーとしての能力が問われます。
施工部門は計画を実行に移す現場での技術が試験の対象となりますが、仕事としてビオトープ管理士の資格を活用するのであれば1級の取得が必要になるようです。
ビオトープ管理士の資格を取得するのは主に上場している土木会社や土地開発会社や造園業に勤務している社員で、環境省や国土交通省や地方自治体などの入札や転職の際の採用の基準として活用されています。
上場しているこれらの企業の社員の平均年収は有価証券報告書から537万円でボーナスが年間に4か月ほど支給されるようなので、537万円÷16か月=33.6万円と算出しましたが実際にまだ人数が少ないため平均とはいいがたいです。ほか土木開発会社などを含めてみるとだいたい30~33ぐらいが平均とみてもいいかもしれません。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
490万円~550万円となると予測されます。
 
【各地域別の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
※ビオトープ管理士の資格は専門的知識と経験が求められ、受験の条件も厳しいのですがビオトープ管理士の求人はありませんでした。

ビオトープ管理士の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
21万円~26万円となりそうです。

ビオトープ管理士の仕事内容

ビオトープとは自然界に生きる野生動物やさまざまな昆虫や植物などの、生物が生息する生態系のことを意味する言葉です。
ビオトープ管理士の仕事内容は土地の開発や土木工事などから自然界に生きる、これらのさまざまな野生動物や昆虫や植物などの生態を守ることです。
ビオトープ管理士の仕事にも大きく計画部門と施工部門の2つがあり計画部門のオトープ管理士の仕事は、土地開発会社が大規模な開発を行う際に都市計画や農村計画など広範囲な開発計画を立案します。
施工部門のオトープ管理士の仕事は地域の自然生態系の保護・保全・復元・創出の理念の基に、ビオトープ計画管理士が立案した都市計画や農村計画など広範囲な開発計画を技術的にサポートしていきます。

ビオトープ管理士になるには?【資格・試験難易度】

ビオトープ管理士の資格には計画部門と施工部門の2つの部門があり、さらに経験や責任によって1級と2級の2つに区分されています。
ビオトープ管理士の2級は計画部門と施工部門も受験資格はなく誰でも受験することができますが、1級の受験資格は学歴や資格保有状況に応じた一定の実務の経歴年数を満たしていることが必要です。
ビオトープ管理士の2級の合格率は約45%で、1級の合格率は約30%で経験豊富な事業の責任者のレベルと定義されています。

ビオトープ管理士の求人の見つけ方

ビオトープ管理士は公益財団法人の日本生態系協会が認証している民間資格で、主に土木会社や土地開発会社や造園業に勤務しています。
ただビオトープ管理士の求人をハローワークやウェブ上の求人サイトで見つけることは難しく、あくまで土木会社や土地開発会社や造園業に勤務している社員が会社から奨励されたり自主的に取得する資格のようです。 
 
【この仕事を募集している企業】
・ショーボンドホールディングス株式会社
・株式会社NIPPO
・東亜道路工業株式会社
・株式会社ナカボーテック
・三井住建道路株式会社

ビオトープ管理士で高年収になるには?

ビオトープ管理士は民間資格ですが企業によっては、ビオトープ管理士の資格を取得すれば資格手当が支給されるようです。
資格取得者の年収は就職した企業によって大きく、異なりますが上場している企業が多いのが特徴です。
そのためもしビオトープ管理士で高年収になりたいのであれば、社員の平均年収が高い企業に就職することです。 

ビオトープ管理士のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

近年では土地の開発や土木工事が盛んに行われる中で自然環境への配慮も叫ばれていて、自然界に生きているウサギなどの野生動物やセミなどの昆虫やさまざまな植物などの生物の生息にも関心が集まっています。 ビオトープ管理士の仕事は利益のためにただ土地の開発や土木工事を行うのでなく生物の生態を守ることで、川の中のアメンボや山や森の中にいる小動物を守るビオトープ管理士の仕事はかっこいいと言えるかもしれません。 

ビオトープ管理士の給料年収の本音口コミ

22才 給料:22万円

土地開発会社に勤務するサラリーマンですが最初は会社から、奨励されてビオトープ管理士の資格試験を受験しました。
ただビオトープ管理士の受験勉強をしていくうちに、自然界に生きている動物や花などの植物に関心が湧いてきました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧