ボイラー技士の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

ボイラー技士の給料年収や、各地域の時給・高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

ボイラー技士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ボイラー技士の給料年収を解説します。

ボイラー技士の平均給料・給与

  • 27.8万円
  • 20代の給料:22.8万円
  • 30代の給料:25.7万円
  • 40代の給料:32.1万円
  • 初任給:17~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ボイラー技士の給料・年収補足

20代の給料:22.8円(推定)
30代の給料:25.7万円(推定)
40代の給料:32.1万円(推定)
 
 
 
ボイラー技士は国家資格で特級・1級・2級とあり主にビルや、病院や学校や工場の空調や温水ボイラーの点検や安全管理を行います。
ただ近年ではボイラー以外の熱源が普及したり、ボイラー技士の資格が必要ないボイラーなども販売されています。
そのため必ずしも国家資格であるボイラー技士がいなくてもいい場合も多くなっていますが、例え法律上はボイラー技士が必要ない場合でもボイラーなどの熱源を使うビルなどの建物では、安全上からボイラー技士を求める傾向は依然あるようです。
 
ボイラー技士の平成27年度の平均年収は厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査から約390万円となっていました。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
380万円~440万円となると予測されます。
 
【各地域別の求人】
札幌の求人調査結果:17万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:22万円~27万円(月収)
大阪の求人調査結果:19万円~26万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~24万円(月収)

ボイラー技士の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~25万円となりそうです。

ボイラー技士の仕事内容

ボイラー技士の仕事内容は主に商業ビルや病院や学校や工場内にある、ボイラーの操作や点検や管理や調整や検査などを行うことです。
最近ではボイラー技士の資格が必要ないボイラーなどやボイラー以外の熱源が普及していますが、ボイラーの操作や点検などには国家資格であるボイラー技士がいなくていけません。
特に公衆浴場や工場や鉱山や発電所など大規模なボイラーの設備が設置されている施設では、ボイラーの大きさが違っていてボイラー技士の仕事も異なってきます。

ボイラー技士になるには?【資格・試験難易度】

ボイラー技士になるには特級・1級・2級と資格区分がある、それぞれの国家資格を受験して合格する必要があります。
2級ボイラー技士の受験資格は規定がなく誰でも受験できますが1級ボイラー技士の受験資格は2級ボイラー技士の免許を持っているか、大学や高等専門学校や高等学校などでボイラーに関する学科を修め卒業した者でその後1年以上の実地修習がある人です。
またはエネルギー管理士の免許を持っている人で1年以上の実地修習があるか、海技士免許かボイラー・タービン主任技術者の免許を持っているかです。
特級ボイラー技士の受験資格は1級ボイラー技士の免許を持っているか、大学や高等専門学校などでボイラーに関する講座や学科を修め2年以上の実地修習がある人です。
またはエネルギー管理士の免許を持っている人で2年以上の実地修習がある場合です。
ただいずれの級にかかわらず全てのボイラーを取り扱うことができますが、作業主任者に選任されるには区分に応じた級の免許が必要となります。

ボイラー技士の求人の見つけ方

ボイラー技士の求人の見つけ方はボイラーを設置しているビルや工場などの事業所であればボイラー技士が必要なので、地方であればハローワークや地方紙の求人欄や求人情報誌でもよく目にします。
またインターネットの普及でウェブ上の求人サイトにもビル管理や設備管理の求人を目にしますが、応募条件として2級ボイラー技士の免許を持っていることと記載されています。 
 
【この仕事を募集している企業】
・共愛エンジニヤリング株式会社
・株式会社帝国ビルテックシステム
・日本空調サービス株式会社
・株式会社東進ビルシステム
・株式会社三幸コミュニティマネジメントなど

ボイラー技士で高年収になるには?

ボイラー技士で高年収になるには経験を積み、2級ボイラー技士の免許から1級や特級を目指すことです。
ただ勤務する会社によっては1級ボイラー技士や特級ボイラー技士の、免許を取得しても年収にあまり反映されないところもあります。
そのような場合は年収アップする方法として転職が考えられますが、できるだけ転職サイトなどを活用して在職中に次の転職先を見つけたほうがいいでしょう。
また転職サイトのエージェントに希望している年収を伝えると、それが可能かどうかなども詳しく教えてくれます。 

ボイラー技士のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

近年ではボイラーでない熱源が開発されたりボイラー技士の資格が必要ないボイラーなども販売されていますが、常にボイラー技士の需要はあるので将来的にもボイラー技士の需要が必要なくなるということは考え難いと思われます。
これから日本は高齢化がさらに進むと思われますがボイラー技士の資格を持っていれば、それほど体力が必要ないのでボイラー技士の仕事は高齢者でもできる仕事です。

ボイラー技士の給料年収の本音口コミ

24才 給料:22万円

工業高校を卒業して直ぐに、2級ボイラー技士の免許を取得しました。
大型のボイラーを組むようなプラントの仕事で、今は1級ボイラー技士の免許を取得するために勉強しています。

27才 給料:25万円

プラスチック工場で働いていますが、2級ボイラー技士の免許しか持っていません。
今後はさらに経験を積み、1級ボイラー技士の免許を取得すれば、昇給や昇進する可能性があります。

33才 給料:28万円

以前の会社で頑張って2級ボイラー技士から、1級の免許を取得しましたがほとんど給料が上がりませんでした。
それで今の会社に転職をしましたが今の会社は頑張れば、それが給料に反映されるのでやりがいはあります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧