保険外交員【20代30代40代】の給料報酬や年収や有名企業(第一生命・日本生命)などの給料や報酬体系を解説 | 給料BANK

保険外交員の給料報酬や年収や有名企業(第一生命・日本生命)などの給料や報酬体系を解説|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > 保険外交員の給料報酬や年収や有名企業(第一生命・日本生命)などの給料や報酬体系を解説

保険外交員の給料年収や手取り額、初任給を解説!

保険外交員の給料年収を解説します。

保険外交員の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:20.5~万円
    歩合制のため、個人によって給料は大きく異なります。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

保険外交員の給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:30万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
180万円~360万円となると予測されます。

保険外交員の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~24万円となりそうです。

保険外交員の仕事内容

保険外交員とは、保険会社に所属し、個人宅や企業を回って、ライフプランに合わせた保険商品を紹介、勧誘し、契約を結ぶのが仕事です。新規開拓から保険の見直しなどのアフターケアも保険外交員が行います。
 
保険会社の正社員として給与をもらいながら保険営業をするのが「営業マン」で、保険会社から報酬をもらって個人事業主として保険営業をするのが「保険外交員」です。
保険外交員は女性が多く、「生保レディ」と呼ばれることもあります。最近では大手生命保険会社では「生涯設計デザイナー」「ライフプランアドバイザー」「ライフデザイナー」「サービスコーディネーター」などと呼び名を変えているようです。
参考:保険会社社員(セールスレディ)の給料年収
 
保険外交員は時間の使い方を自分の裁量で決めることができるので、子持ちの女性などが多く働いています。
 
保険契約を取った分、歩合として収入になるため、収入は個人で大きな差があります。
担当する保険会社の保険商品を深く理解することはもちろん、同業他社のライバル商品についても知っておく必要があります。また、お客様のライフプランを念頭に置きながら営業をするため、ファイナンシャル・プランニングの能力なども求められます。
個人宅を回るため、自動車の免許が必要なこともあります。

保険外交員の職種・職場別給料年収

保険外交員は、個人事業主として保険会社から報酬を受け取っている人がほとんどです。
歩合制となるため、個人の能力によって大きな差が出ます。
しかし、新人のうちはあまり契約を取ることができないこともあるため、外交員になって数カ月~1年間は毎月2~3本の契約を取るというノルマで、月額13万~15万円ほどの給料保障がされていることがあります。
 
新人期間を過ぎれば、この給料保障はなくなり完全歩合となるか、最低限の固定給3~5万円にプラスして歩合の報酬をもらうことになります。
 
勤続4年~10年ほどの保険外交員は、月収20万円ほどを平均的に稼いでいるようです。
 
勤続10年以上のベテランともなれば、毎月コンスタントに5~6本の契約を取り、月収は約30万円となります。
 
国内生保は保険金額に応じて歩合がつくため、額の大きな終身保険などの契約を取ることができるようになれば年収もそれに応じてアップします。
外資系は保険料に応じて歩合がつきます。外資系の方が割が良いという噂もあります。

有名企業の保険外交員の年収給料

日本生命、第一生命、明治安田生命、アフラックなど、保険外交員の募集はほとんど直接の勧誘(友人、親戚から誘われるなど)で行われているようです。
正社員での募集も求人サイトなどに掲載されていますが、正社員の募集で、各社ともに月給22万円~となっています。しかし、この給料は研修期間中や初年度だけなど、期間限定でもらえる固定給であることがほとんどで、正確な年収額はわかりません。
保険外交員はほとんどが歩合給となるため、個人差がかなり大きいと思われます。
 
口コミサイトなどによると、大手生命保険会社は、研修期間の3ヶ月間は月額20~22万円が固定で支払われ、それ以降は固定給7~8万円+歩合給、という話がありました。
日本生命では2年間は固定給位15万円を保証してくれるという話もあります。
稼げない人は研修期間を過ぎると月収8万円ほど、年収にすると100万円前後で、稼ぐ人は年収1000万円にもなります。あまり稼げない人はすぐに辞めてしまうため、平均的には20万円~30万円ほどの給料になるのではないかと思われます。

保険外交員になるには?

保険外交員になるのは、同業者からの勧誘が一番多いようです。中には、保険会社の外交員募集に直接応募して、外交員になる人もいます。
大手生命保険会社は、各営業所に毎年30人以上の保険外交員を雇うといいます。しかし、その中でも4年後に残っているのは1人、という厳しい世界です。
入れ替わりも激しいので、常に保険外交員は募集があります。
時には、ハローワークの前などで女性を外交員として勧誘していることもあります。

保険外交員の賃金(報酬)体系 

保険外交員は、個人事業主として保険会社と請負契約を結びフルコミッション(完全歩合)の報酬をもらっている人もますが、保険会社に正社員として所属し低めの基本給をもらいながら、歩合制の報酬をもらっている人も大勢います。低めの基本給というのは口コミによると5万円~13万円程度となります。
この場合、保険外交員は、正社員でありながら、個人事業主でもあるという立場となり、確定申告も行わなければなりません。(基本給は「給与」として、外交員報酬は「事業所得」として青色確定申告を行います。)
 
個人事業主ということは努力次第で売上を伸ばすことも可能で、経費を計上できるというメリットがある反面、契約が取れなければ経費分が赤字となってしまい、稼げないというデメリットもあります。そのため、月収10万円未満の保険外交員もたくさんいます。
なお、営業中に配るお菓子やアメニティグッズ、カレンダーなどは保険外交員の経費(自腹)となります。事務所の利用費、パソコン使用料なども引かれることもあります。
 
国内保険会社は保険金額(例:死亡保障1000万円の生命保険)に応じてコミッションがつくのに対して、外資系保険会社は保険料(例:月1万円の保険料)に応じてコミッションがつくようです。
このコミッション(歩合)は保険会社や保険商品(終身か、定期か、貯蓄型か、掛け捨てか、など)によっても異なり、また保険外交員の契約数や顧客の継続率などによっても異なります。そのため、1件の保険契約を取っても、人によって成功報酬には差が出ます。
国内生保の場合、1000万円の終身保険を月に5件契約を取って、月収は30万円程度、という話もあります。
 
契約2年以内に顧客が保険を解約してしまうと、保険外交員にはペナルティがつくこともあるようです。一定金額の報酬を保険会社に返済する、歩合率が下がる、査定に響く、など、保険会社によってそれぞれ決まりがあります。

保険外交員で年収1000万円以上(高年収)を狙うには?

給料解説者ぺすくん

保険外交員はノルマが厳しく、最低でも月に2件~3件は契約を取らなければならないようです。生保会社の繁忙期である11月は「重要月」となっており、月のノルマも5~6本と、倍ほどになることもあります。ノルマ未達が続くと、歩合率も下がることで収入も下がってしまい、実質「クビ」のような扱いになってしまうため、保険外交員は親戚知人のツテを駆使して、ノルマを達成するために必死になります。
 
そんな中、もっとも稼ぐ保険外交員は、年収2000万円にもなるといわれています。
個人の額の大きな生命保険商品をたくさん販売していること、そしてもっと額の大きな企業保険の契約を多く取ることで、年収をアップさせているようです。
国内生保なら、死亡時100万円の生命保険を10件取るより、保障額1億円の保険を1件でも取る方が稼ぐことができます。
額の大きな保険を契約したり、契約数のノルマを大きく上回れば、保険会社からボーナスが数十万円出ることもあります。
年収1000万円を超える保険外交員は、担当エリア内の顧客から信頼を得て、そこからまた誰かを紹介してもらい、契約成立へとつなげていく、などを繰り返し、日本全国が仕事場となっています。日頃の営業努力と、コミュニケーションを欠かさないこと、常に保険について勉強しておくことが重要となります。

保険外交員の口コミ

給料:60万円

都内保険外交員を契約社員でやってます。完全に歩合なので契約とれればとれるほどいいです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

匿名さん |

国内の保険外交員です
大体手取りで30万ほど
上手くいかない時でも保証給があり22万ほどはあります

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧