総務の給料年収手取り【男性女性別】や仕事の役割や仕事内容、求人の探し方を解説 | 給料BANK

総務の給料年収手取りや男性女性の年収差、仕事の役割や仕事内容|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > 総務の給料年収手取りや男性女性の年収差、仕事の役割や仕事内容

総務の給料年収や手取り額、初任給を解説!

総務の給料年収を解説します。

総務の平均給料・給与

  • 24.6万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:16~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

総務の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:24万円(推定)
40代の給料:28万円(推定)
 
 
転職サイトが実施した調査では総務・庶務の平均年収は405万円となっていて、25歳から29歳の総務・庶務の平均年収は367万円で、30歳から34歳の総務・庶務の平均年収は403万円で、35歳から39歳の総務・庶務の平均年収は463万円でした。
また他nお転職サイトに掲載された求人の提示給与額をベースに算出されたデータでは総務・人事の平均年収は281万円なので、中間値で計算しています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
340万円~350万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:12.6 万円~25 万円(月収)
東京の求人調査結果:18万円~29万円(月収)
大阪の求人調査結果:16万円~27万円(月収)
福岡の求人調査結果:14.5万円~26万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総務の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15.2万円~26.7万円となりそうです。

男性女性で総務に年収差はある?

国税庁から発表された平成26年度の民間給与実態統計調査の概要では、給与所得者の平均年齢は45.5歳で男性が45.4歳で女性が45.6歳でした。
全体の平均年収は415万円で、男性の平均年収は514万円で、女性の平均年収は272万円でした。
この調査結果から見ると男性と女性の年収差は約1.88倍あり、この格差はそのまま総務職の男女の年収差だと考えてもいいでしょう。
  ただ総務職の場合は男性よりも女性のほうが多く、大企業だけでなく中小企業に勤めている女性がほとんどなので、総務職の男女の年収差はさらに広がると考えられます。

総務の仕事での役割って?

総務の仕事での役割も大企業に勤めている場合と中小企業に勤めている場合では異なってきますし、製造などのメーカー業とサービス業など業種によっても総務の仕事での役割も違いがあります。
ただ総務の仕事での役割を一言で表現すると社員が働きやすい環境を整え、社員が仕事に集中して高い成果を出せるようにサポートすることです。
総務の主な役割は他の部署のサポート業務や会社全体の活動の推進で、総務は社内の伝達役として各部署を取りまとめる役割を持っています。
具体的には異なった部署のコミュニケーターとして根回をしたり、協力要請の推進を図るため、明確に分かりやすく行動方針を示します。
 
また社員の経費削減や社内の合理化を行うのも総務の仕事の役割で、総務は社員が自発的に経費削減やリサイクル活動などができるように工夫し推進する役割を担っています。
さらに総務は企業の経営陣の補佐役としての役割も担っていて、業界の動向や為替の変動など会社に影響を与える経済動向などに関する情報の収集や、調査も総務の仕事の役割です。
このように総務の仕事の役割は社内のサポート業務や、システム管理や労務管理など多岐にわたっています。 

総務の仕事内容

具体的には会社で使用する備品やパソコンやコピー機やファックスなどの事務機器の購入や管理から、業務を円滑に進めるための職場づくりや、会社の厚生年金や健康保険などの福利厚生制度を考えるなど、社内制度の改善や推進を行います。
また会社で行うさまざまな催事やイベントの企画や運営などを行ったり、上場企業の総務ともなると株主総会の対策や新卒採用の準備なども行います。
 
よく似た職種に庶務がありますが庶務の仕事は社内の備品の保守管理や事務など主な仕事で、社員が使うペンや紙などの備品やアルバイトの管理などですが、会社によっては総務が庶務を兼ねている場合もあります。
これら以外にもお客さまが会社に来社された際に要件を尋ねたりお茶を出したりするのも庶務の仕事で、新しいオフィスを探したりオフィスの賃貸契約や会社が所有している不動産などの売買契約や、オフィスや事務所の清掃業者の手配や、オフィスの移転の際のスケジュール管理や引っ越し業者の手配など庶務が行います。

総務になるには?【資格取得方法や難易度など】

総務の仕事内容ですが会社の社員が働きやすいように職場の環境を整え、会社や社内の組織全般に関する事務のすべてを担当します。
総務になるには特別な資格などはありませんがワードやエクセルやパワーポイントなどのパソコンのスキルや、事務処理能力が高い人が総務に配属される傾向があります。
また上場企業など大規模な会社では新卒の場合は、大卒以上が応募の条件になっていることもしばしばあります。
 
その場合は総合職での採用が行われ本人の希望もありますが、総務の状況や適性が考慮されて総務部に配属されるケースがほとんどです。
もし会社で総務に欠員が出たり、株主総会対策のスペシャリストが欲しいと会社が考えている場合は、総務職として求人の募集をするのが一般的です。
そのため新卒の場合は総務を希望していないのに総務に配属されたり、逆に総務を希望しているのに営業に配属されることも少なくありません。
ただ中途採用の場合は総務としての実務経験があれば、即戦力として総務に配属されるのが普通です。 総務として働く場合に特に必要とされる資格はありませんが、
取得していれば有利な資格はいくつかあります。
例えばワードやエクセルなどのパソコンのスキル検定試験や、秘書技能検定試験や簿記やビジネスキャリア検定などの資格があればより有利です。
特にジネスキャリア検定には総務区分があり、文書管理・オフィス環境整備・企業の社会的責任・総務としての概念や役割などが理解できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総務の求人の見つけ方

給料解説者ぺすくん

新卒の大卒や院卒の場合は総合職での採用が一般的なので、入社を希望する企業から内定を貰っても必ずしも総務に配属されるとは限りません。
もし転職をするのであればウェブ上にある転職サイトで探すと、総務職の求人情報は比較的かんたんに見つかります。
その場合は会社が総務の即戦力を求めているのであれば、総務の実務経験がある人が優先的に採用され有利です。
 
ただ総務の実務経験がなくてももしあなたが総務で働きたいと思っているのであれば、応募書類の志望動機欄になぜ庶務の仕事をしたいと思っているのか、その思いを人事担当者に伝えるようにしましょう。
面接でも総務の実務経験者であれば即戦力になれるのか具体的なスキルの確認が行われ、総務の実務経験がない場合は性格や人柄や総務職としての適正が判断されます。
 
【この仕事を募集している企業】
・製造などのメーカー企業
・専門商社や総合商社
・さまざまなサービス企業
など

総務の給料年収の本音口コミ

20才 給料:18万円

総務の仕事は縁の下の力持ちとよく上司から言われますが、そんな総務で働けることにやりがいを感じています。
他のスタッフの方々が、気持ちよく働けるように心がけています。

30才 給料:26万円

今の会社に転職して株主総会の業務を担当するようになって3年目で、有価証券報告書の作成や株主総会での想定問答集の作成など、慣れないと大変ですがやりがいもあります。

将来を担う子供たちのために総務の仕事の面白さや給料を投稿する

下記より投稿する

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧