コールセンター(テレホンオペレーター)の給料年収をSV・正社員・センター長・派遣社員で算出しました | 給料BANK

コールセンター(テレホンオペレーター)の給料年収をSV・正社員・センター長など役職別に算出しました|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > コールセンター(テレホンオペレーター)の給料年収をSV・正社員・センター長など役職別に算出しました

コールセンター(テレホンオペレーター)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

コールセンター(テレホンオペレーター)の給料年収を解説します。

コールセンター(テレホンオペレーター)の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:27万円
  • 初任給:20~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

コールセンター(テレホンオペレーター)の給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:24万円(推定)
40代の給料:27万円(推定)
 
多数の求人情報サイトの求人より算出。時給制のことが多く、働く時間によって給料は前後するため、個人によって差があります。20代は一般のオペレーター、30代はリーダークラス、40代はスーパーバイザー(SV)クラスの平均給料となっています。  
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~324万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:17万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:19万円~25万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~23万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~23万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コールセンター(テレホンオペレーター)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~22万円となりそうです。

コールセンター(テレホンオペレーター)の仕事内容

コールセンター(テレフォンオペレーター)は、お客様に対する電話対応をするのが仕事になります。商品の案内をしたり、お客様からの商品やサービスに関する問い合わせに答えたり、時にはクレーム対応も行います。
 
コールセンターの業務は「インバウンド」と呼ばれる受信業務と、「アウトバウンド」と呼ばれる発信業務に分かれます。
 
インバウンドはお客様からかかってきた電話を取り、マニュアルに沿って商品の案内や注文の受付、問い合わせなどに対応し、記録を端末に入力するのが主な仕事となります。
どれだけ着信を取ったかという応答率がノルマとなることがあります。
 
アウトバウンドはこちらからお客様に電話をかけるのが仕事となります。アンケート調査などのマーケティング業務や、新商品やサービスの紹介などの営業を行います。テレホンアポインター(テレアポ)と呼ばれることもあります。
契約数などのノルマが課せられることもありますが、成果に応じてインセンティブがつくところもあるようです。
 
1日に100件近い電話対応をすることもあるといい、会話でのコミュニケーションの能力や、正しい敬語や言葉遣いなど、丁寧なビジネスマナーを身につけるには最適だといわれています。一方で、理不尽なクレームに対応することもあり、精神的に辛いこともあるようです。

コールセンターのバイト時給相場

コールセンターのアルバイトの時給相場は、1300円となっています。会社によって、1000円~1500円ほどの間で幅があるようです。
コールセンターでのアルバイトは、比較的ほかのバイトに比べると時給が高い傾向があります。これは、コールセンターはお客様の声を直接受けるという仕事のため、経営戦略に関わる大切な部署であるということが関係しているようです。
コールセンターの対応は企業のイメージを左右することもあるため、マニュアルが用意されており、マナー研修や個人情報を扱うためのセキュリティ研修もしっかりと行われます。
コールセンターは、時給が高いということに加え、電話対応が業務のため髪型や服装が自由なところが多く、働く時間帯やシフトも自由に選べるところが多いため、若者から主婦層までアルバイトとして人気があるようです。

コールセンターSV(マネージャー)や正社員だとかなり収入は高いの?

SVとは、スーパーバイザーのことです。電話対応などのスキルをテレホンオペレーターに指導し、業務をモニタリングして管理をする人を指します。ときには一般のオペレーターでは難しいクレーム対応やトラブルを解決することもあります。ほとんどのコールセンターにはSVが配置されており、現場の責任者として働いています。
 
ある調査によると、日本のコールセンターで働く非正規労働者の割合は87%にのぼるそうです。現場責任者であるSVですら例外ではなく、オペレーターと同様に派遣社員や契約社員であることも多々あります。時給の場合は1900円前後が相場となっており、月給制の場合は21万円~27万円ほどで募集があります。ボーナスはつかないため年収は300万円前後となります。
 
SVは情報管理、管理運営という重要な業務を行っているということで、正社員登用を行っている企業もあります。正社員の場合、月給は契約社員のSVとさほど変わりませんが、ボーナスがつくため、年収は400万円~500万円となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コールセンターのセンター長の年収は飛躍するものなの?

コールセンター長は、コールセンター全体の管理責任者です。
コールセンターを運営している企業の正社員となります。数百人規模のブースがあるコールセンター全体を把握し、管理・運営するのが仕事となるため、責任は重大です。
給料は企業によって異なりますが、平均年収500万円~700万円となっています。
一般のテレホンオペレーターの倍の年収となると予想されます。

コールセンターで派遣社員だと給料はだいたいどのくらい?

給料解説者ぺすくん

コールセンターはほとんどが非正規雇用の労働者で占められており、派遣社員の割合もかなり高くなります。
時給は1200円~1600円ほどとなり、アルバイトとさほど変わらないようです。経験と実績によっては1800円ほどもらえる職場もあるようです。
ボーナスや諸手当がつかないため年収は300万円~350万円となります。
派遣社員であっても、指名入電の数や応答率、成約数など、結果を出すオペレーターとなれれば、キャリアアップすることが可能です。
コールセンターは、オペレーター→リーダー→スーパーバイザー(SV)とキャリアアップしていきます。それに応じて、時給は数百円ずつアップしていきます。
キャリアを積んで会社から認められれば、契約社員、正社員へとステップアップしていく可能性もあります。

コールセンター(テレホンオペレーター)の口コミ

給料:20万円

都内でバイトしています。歩合がついて20万円

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧