営業事務の給料年収や仕事内容や高年収を稼ぐには、営業との年収差を徹底解説 | 給料BANK

営業事務の給料年収や仕事内容、有名人|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > 営業事務の給料年収や仕事内容、有名人

営業事務の給料年収や手取り額、初任給を解説!

営業事務の給料年収を解説します。

営業事務の平均給料・給与

  • 21万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:21万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:15万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

営業事務の給料・年収補足

20代の給料:18万円(推定)
30代の給料:21万円(推定)
40代の給料:25万円(推定)
 
 
算出方法:求人情報サイトの求人情報より算出。地域や業種、仕事内容によって、営業事務の給料は大きく異なります。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~400万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:13万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~26万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:14万円~25万円(月収)

営業事務の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~20万円となりそうです。

営業事務の仕事内容

営業事務は、営業担当者のサポートをするのが仕事です。契約締結に関する必要な事務手続き、商品の受注発注処理、信用調査、苦情処理、伝票や請求書発行などの業務を行います。
営業するのに必要な提案資料などを営業担当者の代わりに作成することもあります。また、電話対応も営業事務が行うこともあります。取引先が海外ならば、英語を使った事務手続きが必要になることもあり、職場によって具体的な業務は変わってきます。

営業事務で高年収を稼ぐには?

営業事務は事務職であるため、一般的には年収は低めです。
営業職は売上や契約数に応じて歩合がつく場合もありますが、営業事務にインセンティブがつくことは基本的にはありません。
営業事務で高年収を狙うならば、事務作業を正確に行うというだけなく、それ以上の仕事をこなす必要があります。秘書のように営業担当者をより手厚くサポートしたり、営業課全体の業務を把握し、滞りなく皆が仕事に専念できるようにするなど、その職場になくてはならない存在とならなければなりません。
仕事が認められれば、会社として基本給をアップさせてくれるかもしれません。
ただし、会社に所属している限り、年収には限界があります。
より高年収を目指すならば、営業スキルを身につけて営業職に転職するなど、営業事務のスキルを活かした上でステップアップすることも考えなければなりません。

営業事務になるには?【資格】

通常、営業事務は営業担当者と同じく営業課に配属されます。メーカー、IT、金融、不動産、保険など、業種はさまざまです。
営業事務になるには、特別な資格は必要ありません。場合によってはWordやExcelなどのパソコンスキルを証明する資格があったほうが有利なこともありますが、絶対に資格が必要というわけではありません。
企業によっては学歴を問われないこともあります。
 
営業事務として仕事をするには営業担当者と緊密な連携を取り、時には顧客への対応を行うこともあるため、コミュニケーション能力が求められます。また、正確な事務作業ができることも必須です。
数字に強く、ミス無く迅速に作業ができることが営業事務には必要な資質です。ExcelやWordなど、パソコンで事務作業を行えるスキルがあることも最低条件です。
事務とはいえ営業の支援に特化することになるため、職場によっては英語の能力や仕事に関する専門知識など、高度なスキルが求められることもあります。そのため、一般的な事務職よりも、難易度が高いこともあります。

営業事務と営業だと年収は違うの?

営業事務はあくまでも裏方として営業担当者をサポートするのが仕事であるため、最前線に立って仕事をする営業職よりも年収が低くなります。
営業職は休日出勤や残業、接待などに参加しなければならないこともありますが、営業事務は残業がないというところも多いです。そのあたりも給料に反映されているといえます。
営業職の平均給料が約30万円なのに対して、事務職の平均給料は約18万円です。年収に換算すると、営業職の平均年収は約480万円で、事務職の平均給料は約288万円です。
 
一般事務と営業事務を区別しない企業もあり、給料も一般事務と営業事務の水準はほぼ同じです。
強いて言えば、営業事務の方が専門的な仕事が多いため、月給は平均21万円ほどで、年収300万円以上をもらっている人もいるようです。

営業事務のキャリアモデル

営業事務は、基本的なPCスキルがあれば誰でも働くことができます。事務職の採用年齢の上限は高く、求人も多くあります。
一般事務として募集しながら、営業事務としての業務を行うこともあります。新卒ではなく中途採用の場合、ほとんどがアルバイトかパート、派遣社員での募集です。正社員での募集は専門的な実務経験が求められることもあります。
営業課の管理職は、基本的には営業職から出世してなります。
営業事務から役職付きになるのは、かなり厳しいです。ずっと営業事務を続けていても、多少の基本給のアップはあるかもしれませんが、出世していくというのはまず無理でしょう。
営業事務としてキャリアップを望む場合は、営業のスキルを身につけて営業に鞍替えするか、また、経理や法務など事務として別のスキルを身につけるなどの対応が必要になります。

営業事務のかっこいい所・辛い所

営業事務は日本ではまだ新しく、最近注目され始めた職業です。前例にとらわれずに仕事ができるということで、自由度も高く、クリエイティブで格好いい職業となっています。また、仕事柄芸能人やセレブと接することも多く、刺激的な日々を送れたり、メディアに注目されたりすることもあるというのもカッコイイ点です。
辛いところは、基本的に依頼によって収入が左右されるため、安定性がないところです。また、フリーの場合時間にも縛りがないため、早朝や夜遅くまで作業をする場合もあります。
営業事務は良くも悪くも自分のセンスや才能が試される仕事なので、そこがカッコイイともいえるし、辛い点でもあるといえます。

営業事務のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

営業事務のカッコイイ所は、「縁の下の力持ち」として、営業を支えているという点です。
営業事務がサポートして、営業成績が上がり、そして企業利益に反映される、という間接的な成果を得ることができます。
営業事務の仕事次第で、営業内部の円滑なコミュニケーションや業務の展開に影響が出るので、責任もある仕事です。
辛い所は、頑張りがなかなか評価されにくいという点です。やはり、直接売上に貢献できる営業職と違い、営業事務の仕事は表には出にくい部分があります。
歩合などがつくこともないため、給料が大幅にアップするといったこともありません。
しかしその分、営業よりも残業が少なかったり、自分の時間を使う暇ができたり、というメリットもあります。

営業事務の給料年収の本音口コミ

27才 給料:20万円

営業資料を作ったり、プレゼン作ったりなどサポート業務が多いです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧