パーソナルコーディネーターの給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

パーソナルコーディネーターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

パーソナルコーディネーターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

パーソナルコーディネーターの給料年収を解説します。

パーソナルコーディネーターの平均給料・給与

  • 22万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:3~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

パーソナルコーディネーターの給料・年収補足

20代の給料:18万円(推定)
30代の給料:20万円(推定)
40代の給料:28万円(推定)
 
 
 
週末起業や副業としてパーソナル・コーディネーターをしている人も多く、収入は人によって大きく差があるため、正確な平均を出すことは難しいです。
メールのみのファッションアドバイスなのか、買い物同行からスタイリングブックまで作成するのか、など内容によっても収入は変わってきます。
無名の場合は月に3万円ほどしか稼げないこともありますが、有名になれば1000万円近く稼ぐことも可能です。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
36万円~336万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:15万円~30万円
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

パーソナルコーディネーターの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
3万円~22万円となりそうです。

パーソナル・コーディネーターの仕事内容

パーソナル・コーディネーターは、モデルや芸能人だけでなく、一般の個人へ向けてファッションのスタイリングを行うプロフェッショナルです。その人のイメージや理想に合わせたファッションを提案し、手持ちのワードローブを整理したり、新しく洋服を購入する際に同行したり、パーソナルカラー診断やコーディネートブックを作成したりなど、さまざまなサービスを提供します。
 
欧米の百貨店に常駐していた、得意客の好みの商品を選び出す「パーソナルショッパー」の流れを汲んでいるといわれます。
パーソナル・コーディネートは人によって料金に大きく差があり、買い物同行3万円からというパーソナル・コーディネーターもいれば、同行30万円から、というパーソナル・コーディネーターもいます。
もちろん、服の購入代金は別です。有名人へのスタイリング実績などから人気のあるパーソナル・コーディネーターであれば、それ以上の高額な報酬を設定することも可能です。

パーソナル・コーディネーターになるには?【資格・試験難易度】

パーソナル・コーディネーターになるには特別な資格は必要ありませんが、ファッションの基礎知識は必須です。
多くのパーソナル・コーディネーターは、アパレル企業での働いていたことがあり、デザインや販売、バイヤーなどの仕事の経験があります。服飾系の専門学校を卒業している人もいます。
スタイリスト事務所に登録し、有名スタイリストのアシスタントからスタートして実績を積む人もいます。
そのままテレビや雑誌などで芸能人やモデルのスタイリストを目指す人もいますが、一般顧客を対象にしたパーソナル・コーディネーターとして活躍をする人もいます。
 
資格がなくても仕事はできますが、仕事のノウハウを身に着け、技能を証明するための資格というのはあります。「パーソナルスタイリスト®」という、社団法人パーソナルスタイリスト協会の認定資格と、「パーソナルコーディネーター®」という、社団法人日本パーソナルコーディネーター協会の認定資格です。
どちらも講座を受講し、資格を取得します。それぞれ力を入れている分野や特色があるので、自分に合った資格を選ぶとよいでしょう。

パーソナルコーディネーターの求人の見つけ方

「パーソナル・コーディネーター」や「パーソナル・スタイリスト」の求人を検索すると、ほとんどがアパレルの店舗販売の求人情報しか出てきません。
Web上でスタイリングを提案する在宅型の求人などもありますが、わずかです。
アパレル店舗での販売は確かに客の服を選ぶ仕事ではありますが、一般的にイメージする「パーソナル・コーディネーター」(出張型の買い物同行など)とは違います。
服を販売することを目的としない、本当の意味での「パーソナル・コーディネート」を仕事とするには、やはりスタイリスト事務所に登録するのが近道となりそうです。
 
・フロントパージュ(スタイリスト派遣事務所)
http://www.frontpage7.com/stylist/#personal
 
・ハナワークス(スタイリスト派遣事務所)
http://www.ahanaworks-style.com/wanted.html
 
・ライフブランディング(男性向けコーディネートサービス)
http://ones-style.jp/
 
などの会社があります。
 
また、最近増えているファッションレンタルの会社でも、パーソナル・コーディネーターの需要があるようです。
 
現状としては求人よりも「パーソナル・コーディネーターとして独立したい人」向けの情報の方が多いです。パーソナル・コーディネーターには誰でもなることができますが、その道のプロとして活躍するにはかなり狭き門だと思っておいたほうがよいでしょう。

パーソナルコーディネーターとして独立開業するには

アパレル業界経験者の“副業”としても、パーソナル・コーディネーターは人気があります。平日は本業に従事し、週末だけパーソナル・コーディネーターとして活動している、という人もいます。登録型のもので、時給2200円~となっていました。
 
また、メールで個人の全身写真を添付してもらい、直接会わずにコーディネートのアドバイスをする、という副業もあります。
こちらはだいたい5000円くらいで引き受けて副業としている人が多いようです。
副業から実績を積んで、フルタイムのパーソナル・コーディネーターとして独立することも可能です。
事務所がなくても打ち合わせは外ですることができますし、必要な備品は採寸のためのメジャーや、色布(ドレープ)など最小限で済むことから、独立開業しやすい職業であるといえます。
ただし、引き受ける案件の数によって収入は変動するため、安定した生活となるまで時間がかかるかもしれません。
ヘアメイクなどの知識もあれば、トータルコーディネートを提案することが可能になるので、他社と差をつけることができます。
 
また、低価格帯に抑えて主婦やOLなどをターゲットにするのか、高価格で富裕層やビジネスマンなどを対象にするのか、など、どこの層の顧客を狙うのかも重要です。基本的には生活に余裕がある人しかパーソナル・コーディネートのサービスを利用することはありません。開業する場所も重要です。地方よりも都心の方が仕事の需要は高いと思われますが、東京は大激戦区。
もしかしたら地方で業務を独占した方が収入が高い、ということもあるかもしれません。そのあたりもよく考えて、開業しましょう。
センスと実績がものをいう仕事なので、とにかく経験を積んでリピーターを増やし、新規顧客を獲得していくことが重要です。ホームページなど宣伝に力を入れて営業をかけることも欠かせません。

パーソナルコーディネーターのかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

パーソナル・コーディネーターは、身近なファッションのプロフェッショナルです。おしゃれでなければ、センスがなければできない仕事なので、この仕事を選択できるだけでも格好いいといえます。
アパレル勤務で店舗販売をしている場合、お客様に「お似合いですね」と声をかけることはあっても、それはあくまでも服を売るためのセールストークです。
しかし、パーソナル・コーディネーターになれば本当にその人に似合う、ぴったりの服しか勧めません。ときには「それは似合わない」と伝えることもあります。本当にファッションが好きな人にとっては、自分のセンスと能力を存分に発揮できる素晴らしい仕事であるといえるでしょう。自分が選んだ服によって顧客のビジネスが成功した、婚活がうまくいった、などの結果が伴うと、よりやりがいもあるもといえます。
一方で、パーソナル・コーディネーターは参入の障壁が低いため、競争が激しい職業でもあります。どんなにセンスがあっても、顧客がつかなければ収入にはつながりません。
実績(有名雑誌でスタイリングを担当していた、とか、メディアに取り上げられた、など)で選ばれる可能性もあるため、経験が浅いと厳しい面もあるでしょう。
しかし、地道な営業努力によってカバーし、リピーターを増やしていくことで、顧客をつかむことができるはずです。大変な仕事ではありますが、ファッションやコーディネートが好きな人にとってはたまらない仕事です。

パーソナルコーディネーターの給料年収の本音口コミ

給料:6万円

完全副業でやってます。店舗で選ぶのを入れてだいたい月に5~6万円です

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のファッション・服飾系職業の給料一覧の給料一覧