宝石バイヤーの給料年収手取りや1000万円に到達する方法や仕事内容や求人の探し方を解説 | 給料BANK

宝石バイヤーの給料年収手取りや年収1000万円の到達方法・歩合制|「給料BANK」

給料BANK > ファッション・服飾系職業の給料一覧 > 宝石バイヤーの給料年収手取りや年収1000万円の到達方法・歩合制

宝石バイヤーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

宝石バイヤーの給料年収を解説します。

宝石バイヤーの平均給料・給与

  • 28万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:18~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

宝石バイヤーの給料・年収補足

20代の給料:24万円(推定)
30代の給料:27万円(推定)
40代の給料:35万円(推定)
 
 
バイヤーの給料や年収はどのような商品の、バイヤーになるかによっても大きく異なります。
宝石バイヤーの多くは宝石を販売している店舗や宝石の仲買業者で働いていて、インセンティブがある場合だと年収1000万円以上も夢ではありません。
ただ宝石バイヤーの求人は宝石鑑定の経験や買い付けの経験を持っている人であれば、給料も30万円以上でインセンティブが加算されるので給料が40万円や50万円以上の宝石バイヤーもたくさんいます。
しかしその一方で完全歩合制の宝石バイヤーの場合は、宝石買い付けの経験が浅いいと平均的なサラリーマンの給料や年収より下回っています。
 
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
530万円~760万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:18万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:17万円~26,5万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝石バイヤーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~33万円となりそうです。

宝石バイヤーの給料は歩合が多いの?月給制なの?

歩合が多いのは普通は営業職で、他のバイヤーの場合にはあまり歩合制は見られません。
しかし宝石バイヤーの場合には宝石の原石を買い付けるため宝石バイヤーの目利き次第で、宝石バイヤーが買い付けた宝石が仕入れ値の何百倍にもなることもあります。
もちろん逆に宝石バイヤーが仕入れた宝石が、偽物だったり価値がなければ損することもあります。
それだけ宝石バイヤーの仕事は宝石を見極める能力や交渉力などが求められるため、月給制や年俸制であっても高額なインセンティブがあることが多いのです。

宝石バイヤーで年収1000万円は可能なの?【高年収を目指す方法】

宝石バイヤーでも年収1000万円以上の、宝石バイヤーは存在します。
これは他のバイヤーと違って宝石バイヤーの仕事は、高額なインセンティブがあることが多いからです。
ただ宝石バイヤーで年収1000万円を超えるには、宝石鑑定の豊富な経験や英語での交渉が必要なので、ビジネス英語が喋れないといけません。
精神的にも体力的にもかなりタフでないと、宝石バイヤーで年収1000万円に達するには難しいかもしれません。

宝石バイヤーの仕事内容

宝石バイヤーの仕事内容は本来はジュエリーショップや宝石の仲買業者で働いていて、海外にダイヤモンドなどの宝石を買い付けることです。
宝石とはダイヤモンドやオパールのように希少性が高く美しい外観を持つ鉱物のことですが、宝石バイヤーはこれらの商品価値がある貴重な宝石を求めて海外にダイヤモンドやオパールのような宝石の原石を買い付けに行きます。
しかし近年では人工ダイヤモンドやキュービックジルコニアのような、人工的に合成された宝石が数多く出回っているので、宝石バイヤーはその宝石が本物かどうかを見極める鑑定力が求められます。
さらに海外に宝石を買い付けに行くので、買い付けの交渉を行う際には英語を使うので、ビジネス英語ができる人が求められます。
宝石の場合は原石を買い付けるので、原石の状態で価格の交渉を行うので宝石の原石を見極める能力や、交渉力がないとせっかく原石を買い付けても損をすることもあります。
逆に買い付けた宝石の原石が、仕入れ値の何百倍にもなることさえあります。
また宝石バイヤーのなかには前職で宝石の買い付けの経験を持っていたり、宝石鑑定士の資格を取得していたりします。
宝石鑑定士の資格を持っている宝石バイヤーのなかには、宝石やジュエリー―を査定し買い取ってくれるようなショップや店舗で働いているケースもあります。

宝石バイヤーになるには?【資格取得方法や難易度など】

宝石バイヤーとして働くために特に必要な資格などはありませが、宝石鑑定士の資格を取得していたほうが有利です。
宝石鑑定士は医師や弁護士のような国家資格ではなく民間資格で、宝石鑑定士の資格を認定している主な民間機関はFGAやGGなどがあります。
 
FGAとは「Fellow・of・Gemmological・Association・of・Great・Britain」の略で、英国宝石学協会(Gemmological Association of Great Britain)から与えられる宝石鑑定士の資格です。
FGAは世界で最も歴史が古い宝石学に関する教育機関で、日本では全国宝石学協会が日本語による通信教育講座と資格試験を行っていましたが、現在では日本宝飾クラフト学院が窓口になっています。
 
ファウンデーションコースとディプローマコースとありファウンデーションコースは基礎コースで、宝石の種類や特徴や本物と偽物の見分け方や宝飾品への加工などを学び、ディプローマコースは上級コースでファウンデーションコースが理論重視なのに対して実際の宝石を用いた授業がメインです。
 
GGは「Graduate Gemologist」の略で、GIA(Gemological Institute of Americe)が認定している資格です。
 
日本ではGIAの日本支部であるGIA・Japanが窓口で全日制と通信制があり、入学資格は18歳以上で高校卒業と同等以上の学力があると認められた人です。
 
すでに宝石鑑定士の資格を取得していたり宝石の買い付けの経験がある人であれば宝石バイヤーになれますが、もし新規採用で未経験者の場合には宝石の販売や営業から始め、宝石の勉強から始める必要があり、宝石バイヤーになるまでにはかなりの時間が掛かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝石バイヤーや貴金属バイヤーの求人の見つけ方

給料解説者ぺすくん

宝石バイヤーや貴金属バイヤーの求人はウェブ上の、求人サイトや転職サイトで探すことができます。
ただ未経験者の場合には宝石店やジュエリーショップなどの、求人に応募してもいきなり宝石バイヤーにはなれません。
先ずは宝石やジュエリーの販売や営業から始めて宝石の勉強から始める必要がありますが、転職サイトで宝石バイヤーを募集している場合は即戦力になる経験者のみの求人です。
 
【この仕事を募集している企業】
・宝石店
・ジュエリーショップ
・宝石買取店
など

宝石バイヤーの給料年収の本音口コミ

20才 給料:24万円

宝石バイヤーになりたくて学校を卒業してジュエリーショップに就職して、今は宝石の営業をしながらいろいろと勉強をしています。
それに宝石鑑定士の資格を取得するために、仕事が終わってから通信教育で勉強もしています。
働きながら勉強するのは大変ですが、宝石バイヤーになりたいという夢があるので、何とか頑張っています。

30才 給料:37万円

大学を卒業してから百貨店の宝石売場に配属されたのがきっかけで、独学で宝石鑑定士の資格を取得しました。
今は宝石の輸入代理店に転職して、宝石バイヤーとして働いています。
百貨店時代のお客様もいるので営業も兼ねていますが、年収は百貨店で働いていた時と比べると倍以上です。

宝石バイヤーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のファッション・服飾系職業の給料一覧の給料一覧