美容師(カリスマ)の給料年収は安い?開業・独立オーナーやトップスタイリスト・アシスタントの年収給料から徹底解説! | 給料BANK

美容師【スタイリスト・アシスタント】の給料年収や独立開業オーナーの給料年収|「給料BANK」

美容師の給料・年収や初任給を解説!

美容師の給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師の平均給料・給与

  • 28万円
  • 20代の給料:21万円
  • 30代の給料:28万円
  • 40代の給料:37万円
  • 初任給:17万円
    ボーナスは含んでおりません

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

美容師の年収補足

美容師の年収は、
250~400ぐらいが平均だそうです。
求人をみてみると、
・スタイリスト 月給:25万円~50万円
・アシスタント 月給:18万円~
・幹部候補   月給:30万円~
 
年代別年収を算出してみると
20代:235万円~264万円(推定)
30代:266万円~322万円(推定)
40代:364万円~457万円(推定)
その他年収については下記参照
美容師、理容師の平均年収

美容師画像1

美容師の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい20万円~30万円となりそうです。
※ボーナスは含みません。

独立開業オーナー美容師は都内だとどのくらいの年収が稼げそう?

美容師は平均年収280万円といわれています。
雇われている限り、よっぽどの有名店かカリスマ美容師でないかぎり、高年収は期待できません。そのため、独立を目指す美容師も多いです。
 
独立するには600万円~1000万円の開業資金が最低でも必要だといわれています。
これは、オーナー美容師で働くのは自分一人、約10坪の広さの店舗、カット台が2セット、シャンプー台が1台程度の店を想定した場合です。
都心で、スタッフも雇うような大きな店を開業するならば、それに応じて開業費も増えます。
 
月に150万円を売り上げるような雇われ美容師でも、独立すれば月収は30万円ほどしか稼げないこともあるようです。
独立開業すると、賃料、光熱費、広告費、シャンプーや薬剤、備品、器具のリース代などの経費がかなりかかるため、それらを差し引いた金額が手取りとなります。
賃料は地方でも15万円前後はかかるところが多いため、都内となれば、もっと高額になると予測されます。
なんとか赤字が回避できても、年収はやっと250万円というオーナー美容師もたくさんいるようです。
都内の独立オーナー美容師の平均年収は、500万円~1000万円ほどと予想されます。
ただし、都心の繁盛店ともなれば、年収は1000万円以上、中には2000万円、3000万円を超えるオーナー美容師もいます。
都内でオーナー美容師として高年収を目指すなら、なるべく賃料を押さえて、リピート顧客を数多く持ち、SNSや広告媒体をフルに使って宣伝をすることが重要となります。

トップスタイリストや店長の年収給料

美容師は雑用、シャンプーのみの「アシスタント(見習い)」から始まります。
アシスタント(見習い)の給料は、月給13万円~17万円といわれています。年収は250万円前後です。
カットに慣れ、お客様を任されるようになると、店にもよりますが1~3年で「スタイリスト」となります。
スタイリストの給料は、月給18万円~25万円となります。年収は280万円~400万円です。
 
そして、スタイリストとして経験を積み、勤続10年前後で「トップスタイリスト」となります。
トップスタイリストの給料は、月給25万円~35万円となります。年収は400万円~560万円です。
都内の超有名店などでは、トップスタイリストになると月給50万円以上をもらえる店もあります。芸能人を担当したり、雑誌やテレビに登場したりするような有名トップスタイリストになると、年収1000万円ほどになるともいわれます。
 
その後、美容師としての技術や、接客の能力、勤続年数などによって、「店長」へと昇格します。
チェーン店か、単独店舗か、都内か地方かなどによっても店長の給料は異なります。
おおよそ、35万円~50万円が相場といわれています。年収は560万円~800万円と幅があります。

美容師になるには?【資格・試験・合格率】

美容師は雑用、シャンプーのみの「アシスタント(見習い)」から始まります。 アシスタント(見習い)の給料は、月給13万円~17万円ほどで、年収は250万円前後です。 カットに慣れ、お客様を任されるようになると、店にもよりますが1~3年で「スタイリスト」となります。スタイリストの給料は、月給18万円~25万円、年収は280万円~400万円です。 そして、スタイリストとして経験を積み、勤続10年前後で「トップスタイリスト」となります。トップスタイリストの給料は、月給25万円~35万円となります。年収は400万円~560万円です。 都内の超有名店などでは、トップスタイリストになると月給50万円以上をもらえる店もあります。芸能人を担当したり、雑誌やテレビに登場したりするような有名トップスタイリストになると、年収1000万円ほどになるともいわれます。   その後、美容師としての技術や、接客の能力、勤続年数などによって、「店長」へと昇格します。チェーン店か、単独店舗か、都内か地方かなどによっても店長の給料は異なります。店長の平均給料はおおよそ、35万円~50万円が相場といわれています。年収は560万円~800万円と幅があります。

美容師で年収1000万円以上目指すにはどうしたらいい?

平均年収が280万円程度といわれる美容師で、年収1000万円を稼ぐというのは大変なことです。
まず、普通の町の美容室でスタイリストとして働いている限り、年収1000万円以上は難しいでしょう。
よほどの人気店のスタイリストや、メディアにも登場するような売れっ子のトップスタイリストであればそのくらい稼ぐ人もいますが、ごく一部だと考えてください。
美容師で年収1000万円を稼ぐなら、独立開業して、自分がオーナーになるのが一番現実的です。
オーナーの中には年収1000万円どころか2000万円や3000万円以上稼いでいる人もいます。
しかし、大きなリスクを背負うことになるので、軽い気持ちで独立するのは非常に危険です。

美容師の仕事内容

美容師は、カットやカラー、パーマなどを駆使し、お客さまが希望するヘアスタイルに仕上げるのが仕事です。
勤務する店によって、ネイルやエステ、ヘッドスパなどのメニューを行うこともあります。人それぞれ頭の形や髪質などが異なるので、その人に合ったヘアスタイルを創り上げなければなりません。
お客さまと会話をすることも多いので、コミュニケーション能力も重要です。
流行の髪型や新しい道具、液剤などにも精通しておく必要があり、情報収集能力など技術力だけではなくさまざまな能力が求められます。
 
美容師の仕事は職位によって異なります。
見習いやアシスタントの場合は掃除や買出しといった雑務がほとんどで、スタイリストになって初めてお客様の施術を担当できます。
店長になると施術はもちろん、売り上げの管理やスタッフ管理などもこなさなければなりません。

美容師の仕事の面白さややりがい

美容師の仕事は慣れるまで大変です。初めは毎日の営業が終わってから遅くまでカットの練習をしたり、休みの日も講習会などに行って勉強しなければなりません。
しかし、厳しい修行時代を耐えてスタイリストとなり、初めてお客さまの髪をカットしたときに美容師という仕事の面白さを実感するといいます。
自分が考えたデザインやスタイルを気に入ってくれたお客さまが笑顔になり、そしてリピーターになるというのは、非常にモチベーションが上がります。
またスタイリストになると給与もアップし、指名客も増えて仕事の面白さややりがいも増していきます。
多くのスタイリストが自分の年齢と同じ金額の月給をもらえることを目標に仕事を頑張っています。
トップスタイリストや店長になればアシスタントの頃の給料の3倍、4倍の収入になることもあります。

カリスマ美容師ってどのくらいのお給料を稼げるの?

給料解説者ぺすくん

かつて90年代の終わりから2000年代にかけて、「カリスマ美容師」がブームになりました。
当時有名だった原宿のカリスマ美容師は、最高月商が1200万円だったといいます。
年間に換算すると、1億4400万円です。これは年商なので、手取り額はもっと少なくなりますが、かなりの高収入であったことは間違いありません。
現在、一般的にカリスマ美容師と呼ばれる美容師は、月収100万円前後は稼いでいるといわれています。
年収にするとだいたい1000万円です。
オーナーを兼ねているカリスマ美容師であれば、年収3000万円を稼いでいる人もいます。
平均月収が23万円程度なので、普通の美容師よりも圧倒的に高いのがわかります。

美容師の口コミお給料

給料:15万円

地方で見習いです

給料:40万円

地方で美容室を経営しています。
年収だとだいたい700万ぐらいになります。

給料:45万円

都内でスタイリストやっています。人気スタイリストだと60万ぐらいはいくかな。もっと貰ってる人もいると思うよ。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

匿名さん

色々な人たちと接する事が多いので毎日違う事が起きるし、自分の提案した事だったり自分のスタイルを誉めていただけたり、そのお客さまごとに色々な発見をしてその人の時間を共有しながら、共に成長していける事です。

スタイリスト

 都内です。1000万以上もらってます。
でも、プレイヤーとしてはこれが限界だと思います

匿名さん

接客業であり、技術職でもある職業です。
給料は確かに平均以下ですが、それ以上に楽しさ・やりがいを感じます。

実際の仕事は、世間が思うより華やかではありませんが…
単純作業

匿名さん

下積み4年 スタイリストを10年しております。
お給料はお店によって、社会保険など加入してないお店が多いです
興味のある方、まず知っていただきたいのは残業(練習時間)は当たり前、労働時間に対して時給換算しないことですね(絶望します)
今は大きい店(チェーン店、安くて早い予約のいらない店)が強くなっています
お客様が安い店を選ぶ傾向にあるためです。
安いお店はスピード重視、1人10分など時間のノルマがありますがお給料、福利厚生はいいです。
個人店の場合はスタイリストになれば稼げます
しかし、チェーン店を選ぶお客様が多くなってるため全盛期に比べ潰れて少なくなって来てます
自分でお店を出したい人には厳しい世の中になっています。
嫌な部分ばかり書きましたが、やりがいはあります仕事を覚えたら時間の流れも速いですし常連のお客様や学生さんとの会話も楽しいです、なにより笑顔で帰られるお客様を見ているといつまでも続けられると思います
美容師になるのであれば一人前のスタイリストになるまで辞めないでください、もったいないです。
覚悟を決めて手に職を持って下さい。

匿名さん

美容室経営してます。

年収は1000万弱です。

大型店で200万以上売り上げていた人であればこのくらいの収入です。

匿名さん

練習などを残業と思う人には向かない仕事です
やりがい生きがいを、という人には
人のために生きれるとても意義ある仕事です

匿名さん

独立して20年経ちました、初めて3.,4年は年収1500万円でしたが現在は2000万円を超えてます。税金が驚くほど多くて悲しいですが仕方ありません

お客様に対しての感謝の気持ちと謙虚な気持ちと美容の仕事を楽しむ気持ちがあればこれくら出来ますよ

匿名さん

業務委託で月20万いけばいい方です。スタイリスト。

見切りつけて他の仕事を考えた方がいいのか迷います。。

その他の美容系職業の給料一覧の給料年収一覧