理容師の給料年収・仕事内容や求人募集、開業年収を解説! | 給料BANK

理容師の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

理容師の給料年収や手取り額、初任給を解説!

理容師の給料年収を解説します。

理容師の平均給料・給与

  • 24万円

理容師の平均年収

  • 298万円~389万円
    • 20代の給料:18万円
    • 30代の給料:20万円
    • 40代の給料:26万円
    • 初任給:15~万円
      ※補足参照

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております。年収は給与や取得したデータからおよそで算出しています。

    理容師の年収【年代別理想の年収プラン】

    理容師としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の理容師の理想年収

    理容師として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ322.0万円を超える年収です。

    30代の理容師の理想年収

    理容師としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は322.0万円を超える年収です。

    40代の理容師の理想年収

    理容師となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は462.0万円を超える年収です。

    理容師の給料・年収補足

    20代の給料:15万円~20万円(推定)
    30代の給料:15万円~25万円(推定)
    40代の給料:15万円~35万円(推定)
     
     
    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    200万円~450万円となると予測されます。
     
    稼げているところでは毎日50~100人単位の人がきております。
    従業員4人で回しさばいているところもあるので売上に直結して年収が変わるところもあるようです。

    理容師の仕事内容

    理容師は、お客様の髪の毛を切りそろえるということが仕事内容です。
    ただ、髪を切りそろえるというだけではだめで、お客様がどのような髪にしたいのかなどを聞いたり、様子を見て見極めることによって髪の切り口を考えていく必要があります。
     
    高い接客技術と施術スキルが必要になる仕事です。

    理容師の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    13万円~30万円となりそうです。

    理容師になるには?

    理容師になるには、理容師国家試験という試験を受ける必要があります。
    試験を受けるまでに、高校を卒業して厚生労働大臣指定の専門学校に入学し、そこで全過程を修了しなければいけません。
    中卒者を受け入れてくれる専門学校(養成施設)はほとんどないので、高校に進学しないと考えている人、していない人は注意しましょう。
    養成施設である専門学校は、通信課程と通学課程のふたつがあり、どちらのコースを受けても試験を受ける資格を得ることができますよ。
     
    通学課程は、昼と夜に分かれています。
    2年間の学習期間で、朝から夕方まで授業を受けることになりますよ。
    専門学校の中には「朝のクラス」「昼のクラス」「夜のクラス」などがあるところもありますが、理容師養成施設である専門学校は基本的に朝から夕方まで授業があるので気をつけましょう。
     
    ヘアコンテストなどのイベントを用意している学校もあるので、他の学生と変わらないような充実した学生らしい学校生活を送ることも可能です。
    夜間は、2年から2年半の学習期間が設けられており、夕方から授業を受けることができます。
    高校の定時制のようなイメージですね。
    通信課程は3年間の学習期間、教本による通信授業と学校による面接授業のふたつで学習することになります。
     
    そこを晴れて卒業すると今度は国家試験を受けなければいけません。
    この試験野難易度はそれほど高くはなく、きっちりと養成施設での勉強をしていた人であれば問題ありません。

    理容師と美容師の違いって?

    まずイメージしやすいところから説明すると、カットの目的が違います。
    美容師というのは「美容」を第一に考えたカット。
    理容師というのは「理容」を第一に考えたカットです。
    では美容というのはどのようなものかと考えましょう。
    美容師法を参考にすると、美容というのは「パーマ」「結髪」「化粧」などの方法によって容姿を美しくすること。
    一方理容というのは、「頭髪の刈り込みや顔剃りなどの方法によって容姿を整えること」と理容師法で定められています。
    つまりは見た目を美しくするためのカットか、ただ整えるためのカットかということです。
    オシャレなのか身だしなみなのかという感じですね。
     
    では目的ではなく、少し形式ばった話に入りましょう。
    まず最初に理容師と美容師の違いを考えると、免許の種類が違います。
    どちらも国家資格で、理容師免許では認められているものが美容師免許では認められていません。
    それは「顔剃り」です。
    理容師免許では、別に条件もなく顔そりが認められています。
    一方美容師免許で認められているのは、メイクをする際の下地として必要最低限の顔剃りだけです。
    もちろん顔剃りというのはほんの一部の例で、他にも美容師はパーマをかけられるけど理容師はパーマ施術はできないというような違いもあります。
     
    簡単に言えば美容師が行うことのできる仕事の範囲というのが違っているというわけです。
    目的と仕事の領域・範囲が理容師と美容師では違っているということですね。

    理容師の求人ってどういうところで探せばいいの?

    理容師の求人は、インターネットで探しても載っていますが、それだとやっぱり全国の求人になってしまいますし、ちょっと微妙ですよね。
    理容師をやるためだけに引っ越すという人も少ないでしょう。
    地域求人情報誌やハローワークなど、地域の求人情報を扱っているところや雑誌で探すのが良いですね。
    近くに理容室があれば募集していないかどうか張り紙が貼られているかいないかでチェックするなり、自分が理容室を利用するときにそれとなく尋ねてみるというのも良さそうです。

    理容師として開業したらどのくらいの年収になるの?

    給料解説者ぺすくん

    理容師は国家資格を有しているにも関わらず薄給であるということが問題となっています。
    低価格でのカットを行うところも増えてきたので従業員に払う給料を高くすることができないんです。
    じゃあ開業したらどれくらいの年収になるのだろうかと疑問に思いますよね。
    もちろん人によって違いますが、いろいろ例を見ていくと400万か500万程度というのが平均的。
     
    まず、理容室の椅子は一台で60万円ほどするともいわれていますから、開業資金も相当なもの。
    借金をして開業したとしても黒字が出るのは当分先の話で、出たとしても年収400万円から500万円というのがやっとだということです。
    400万円から500万円というと自営業をやるのだったらそこそこな数字のような気がしますし一従業員としての給料よりは遥かに良いですが、世間一般の平均年収と言われている額と大差ありませんね。
     
    ただ、開業する規模や個人の信頼・地域によっても売り上げと年収はかなり変わります。
    中規模で地域住民の信頼を得て地域密着型として営業することが出来れば、もう少し年収は上がるかもしれませんね。

    理容師の口コミお給料

    給料:30万円

    都内でやってるので比較的給料は高い。拘束時間は長い

    給料:25万円

    開業したばかり。早く顧客を沢山つかみたいです

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    匿名さん

    給料50万
    某チェーン店のエリアマネージャーをしています。器用だから仕事が早く覚えられるとかあるけど、センスと努力が大切な仕事だと思います。思いやりの気持ちがあればなおさらいいです!

    その他の美容系職業の給料一覧の給料一覧