通訳案内士の給料年収手取りや北海道・東京・福岡の年収差、仕事内容、求人の探し方を解説 | 給料BANK

通訳案内士の給料年収手取りや男性女性の年収差、仕事の役割や仕事内容|「給料BANK」

給料BANK > 言語系職業の給料一覧 > 通訳案内士の給料年収手取りや男性女性の年収差、仕事の役割や仕事内容

通訳案内士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

通訳案内士の給料年収を解説します。

通訳案内士の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:26万円
  • 初任給:16~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

通訳案内士の給料・年収補足

20代の給料:18万円(推定)
30代の給料:22万円(推定)
40代の給料:26万円(推定)
 
 
国の統計で見ると通訳案内士の年収は100万円未満が最も多く、ほとんどがフリーランスとして働く通訳案内士で旅行会社や旅行代理店に正社員として働く通訳案内士はまだまだ少ないのが現状です。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
230万円~280万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:13万円~18万円(月収)
東京の求人調査結果:24万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~26万円(月収)
福岡の求人調査結果:16万円~25万円(月収)

通訳案内士の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~25万円となりそうです。

都道府県によって給料は変わる?(北海道・東京・福岡)

通訳案内士の多くは日本観光通訳協会などに登録しているフリーランスで、登録している都道府県に関わらず、通訳や観光案内の仕事を依頼してくる旅行会社や旅行代理店によって日当が決まり、相場は1万円から3万円です。
また旅行会社や旅行代理店によっては通訳や観光案内の仕事の他に宿泊先の予約や、空港や宿泊するホテルまでの送迎まで通訳案内士に依頼してくることがあり、それによっても日当が異なります。
旅行会社や旅行代理店に正社員として働く通訳案内士はまだまだ少ないのが、それでも旅行会社や旅行代理店に正社員として働く通訳案内士の場合は、北海道や福岡などの地方都市よりも東京の方が給料が良いのが普通です。
ただしその場合でも閑散期には営業や企画など、通訳や観光案内の仕事以外をするのが一般的です。 
そのため通訳案内士の給料の格差というよりは、東京と地方都市との給料の格差と言えるかもしれません。

通訳案内士の仕事内容

通訳案内士とは海外から日本を訪れる外国人観光客に対して、外国語による通訳や観光案内を行って日本の文化や伝統を伝える仕事で、以前は通訳ガイドとも呼ばれていました。
通訳案内士になるには業務独占の国家試験である通訳案内士試験に合格して、通訳案内士として登録して初めて通訳案内士の仕事を行えます。
日本国内で日本語以外の言語を使って外国人観光客の旅行案内を行い報酬を得ることは1949年(昭和24年)に制定された通訳案内士法によって禁じられています。
2016年の時点で通訳案内士の登録人数は約2万人で国家試験に合格したならば、各都道府県に通訳案内士として登録することが義務付けられています。
また通訳案内士はプロの観光ガイドとして日本の文化や伝統を伝えるだけでなく、ホテルの予約を行ったり外国人観光客の旅行中のスケジュール管理まで行います。

通訳案内士になるには?【資格取得方法や難易度など】

通訳案内士になるには独立行政法人で国際観光振興機構の、日本政府観光局が試験事務を代行する国家試験の通訳案内士試験に合格して、各都道府県に通訳案内士として登録する必要があります。
通訳案内士試験は国土交通省が管轄する国家試験で、学歴や年齢も制限がなく受験資格なども特にありません。
受験できる外国語は英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・イタリア語・ポルトガル語・ロシア語・韓国語・タイ語の10ヶ国語で、この10ヶ国語のなかから自分が得意な外国語を選択できます。
2010年度に実施された通訳案内士試験では、これまでの最年少記録の14歳という最年少で、熊本市の中学3年生の男の子が合格しています。
 
通訳案内士試験は筆記試験と口述試験があり筆記試験は8月の下旬から9月の上旬に東京近郊の他に、札幌市・仙台市・・名古屋市・大阪・広島市・福岡市・那覇市で行われ、朝鮮語のみでソウルや中国語のみで台北でも行われています。
筆記試験に合格した場合は11月の下旬から〜12月の上旬にかけて行われる2次試験の口述試験を受けますが、英語と中国語以外の試験の場合は東京まで行く必要があります。
通訳案内士試験の合格率は言語によっても異なりますが、平成27年度の通訳案内士試験で最も合格率が高かったのはドイツ語の24.2%で、次に合格率が高かったのはフランス語の22.1%で次に英語の21.5%となっていて、最も低かったのはイタリア語の5.0%でした。

通訳案内士が働ける職種ってどういう職種?

旅行会社や旅行代理店に正社員として働く通訳案内士もいますが、通訳案内士の多くは一般社団法人の日本観光通訳協会などに登録して、通訳や観光案内の仕事を依頼してもらうフリーランスがほとんどです。
日本を訪れる外国人観光客が多くなっていることから通訳案内士の資格を持っている人を雇う旅行会社や旅行代理店も増え始めているようですが、この業界には明らかに外国人観光客の繁忙期と閑散期があるため、どうしても繁忙期だけフリーランスの通訳案内士に仕事を依頼するケースが多いようです。
少し珍しいケースとしては東京や京都のタクシー会社ではタクシードライバーが通訳案内士の資格を取るケースがあり、その場合は資格手当として2万円程度が支給されるようです。

通訳案内士の求人の見つけ方

給料解説者ぺすくん

通訳案内士の求人の見つけ方ですが通訳案内士の求人で最も多いのが通訳の派遣会社で、通訳案内士の資格を登録さえしていれば海外からの外国人観光客に応じて、通訳や観光案内の仕事の依頼があります。
例えば中国からのツアー客が福岡県から熊本県の阿蘇山を観光したいとなれば、福岡県か熊本県で登録している中国語ができる通訳案内士に仕事の依頼がきます。
フリーランスの通訳案内士のなかには自分でホームページやFacebookなどを通じて、日本を訪れる外国人観光客に対して情報を発信することで通訳や観光案内の仕事の依頼がある場合もあります。
 
また桜が咲く春や紅葉のシーズンに自分で、旅行代理店に電話をして自分を売り込む通訳案内士もいます。 
 
【この仕事を募集している企業】
・フォーラムジャパン
・Voyagin(ボヤジン)
・東京シティーツアー

通訳案内士の給料年収の本音口コミ

20才 給料:24万円

日本ブームで中国からの観光客が増えてことがきっかけで、中国語で通訳案内士の資格を取りました。
もともと大学で中国語を専攻していて語学を活かせる資格を探していたので、この日本ブームは私にとっては一つのチャンスでした。
今はフリーランスとして働いていますが、いずれは通訳案内士としてもっと多くの経験を積んでから、どこかの大手旅行会社に就職するつもりです。

30才 給料:35万円

都内でタクシードライバーとして働いていますが、去年やっと通訳案内士の資格を取りました。
学生の頃から英語に興味があったことと、英語だけでなく通訳案内士の資格を取ることで会社から手当てが出ることも魅力で通訳案内士の試験に挑戦しました。
今は外国からのお客様に英語でガイドをしていますが、英語力もアップし外国からのお客様とのコミュニケーションも前よりスムーズになり仕事も楽しくなりました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の言語系職業の給料一覧の給料一覧