給料が少ない方のためのおすすめ副業を通勤・子育て・仕事後の時間帯別で紹介! | 給料BANK

給料が少ない方のための時間帯別おすすめ副業

給料BANK > 給料が少ない方のための時間帯別おすすめ副業を詳しく解説

給料が少ない方のための時間帯別おすすめ副業

給料が少ない方のための時間帯別おすすめ副業

「時は金なり」
 
偉大なるアメリカ合衆国の建国の父、ベンジャミン・フランクリンの言葉です。
 
「秒速で1億円稼ぐ」
ネオヒルズ族として名を馳せ、そのわずか数年後に資金がショートして破産状態になった与沢翼氏の言葉です。
 
言葉の重みを比べるのはちょっとアレですが、どちらも非常にキャッチーなフレーズです。時間は有限です。本能的にそのことがわかっているから、フランクリンの言葉も与沢氏の言葉も耳に残るのです。
テレビをつけてボケーっとせんべいを食べているその時、隣の奥さんは株やFXで数千万円を転がしているかもしれません…。電車に乗ってゲームをしているその時、隣のおっさんはスマホを使って秒速で1億円稼いでいるかもしれません…。
スキマ時間を有効に活用してお金を稼ぐことができれば、これほど有益なことはありません。
「お金がない」と嘆く前に、どのくらいの給料が平均なのか、どんな副業があるのか、具体的に見てみましょう。

時間帯別おすすめ副業画像

給料が少ないという定義は?

厚生労働省が行っている賃金構造基本統計調査によると、平成28年度の平均給与は30万4000円。
男性は33万5200円、女性は24万6000円となっています。
一年前の統計と比べると、女性は1%ほど増額したものの、男性は前年比0%の横ばいです。景気は良くも悪くもなっていないというところでしょうか。
統計を踏まえると、月額30万4000円未満だと、「給料が安い」と考えることができます。
ただし、これはあくまでも“全国平均”です。
住んでいる地域によって、実は賃金にはかなりの差があります。都道府県別の平均賃金(月給と短時間労働者の時給)を表にしてみました。
 
参照:厚生労働省

都道府県別平均賃金画像

もっとも平均月給の高いのは東京都で37万3100円、低いのは宮崎県で23万4600円でした。実に14万円も差があります。
短時間労働者の平均時給は東京都の1309円が最高で、沖縄県の858円が最低です。上記の表を見て、自分が住んでいる都道府県の平均よりも給料が低ければ、「給料が安い」といえるでしょう。

通勤時間にできそうな副業ってどんな副業?

NHKが5年毎に行っている「国民生活時間調査」によると、2015年の通勤時間の全国平均は35分、標準偏差は58分でした。
不動産会社やその他インターネットのアンケート調査では、首都圏の平均通勤時間は58分とのこと。東京で働くサラリーマンはだいたい毎日片道1時間かけて通勤しているようです。
電車通勤と仮定して、乗り換えや立ちっぱなしであることも考慮して30分~1時間でできる副業となると、やはりスマートフォンでインターネットを使ってできる副業に限られるでしょう。
忙しいサラリーマンに人気の副業をいくつかご紹介します。
 
アフィリエイト
アフィリエイトとは、自分のWebサイト(ホームページ)やブログに広告を掲載することで、広告主から手数料をもらうというものです。
ホームページやブログなどで製品やサービスを紹介し、その文章を読んで興味を持ってくれた人が商品を購入することで、紹介者に報酬が支払われるという仕組みです。
月額1000円ほどの収入が一般的ですが、中には数万円以上を稼ぐ人もいます。
30分~1時間のまとまった通勤時間がある人には、もってこいの副業です。毎朝ブログを書くことが習慣になれば特に負担もありません。
 
ポイントサイト
ポイントサイトに登録して、URLをクリックしたり、ゲームをしたり、メールをしたりして、地道にポイントを稼ぐという副業です。貯まったポイントで買い物したり、現金に替えることもできたりします。
月額100円~1000円程度と低額ではりますが、ネットで買い物をする時にポイント分を割引されるのは嬉しいですし、タバコ1箱分、コーヒー1杯分を簡単に儲けたと思えば無駄ではありません。通勤時間が短い、乗り換えが多いなど、ブログを書いたりする暇さえない、という人におすすめの副業です。
 

子育ての合間にできそうな副業ってどんな副業でどのくらい稼げそう?

子育て中の主婦は、働きたくてもなかなか外に働きに行くことができません。
保育園は待機児童がいっぱいで、現在職を持っている人が優先です。働きたいから保育園に入れたいのに、働いていないと入れられない、という矛盾が発生している状況です。
そんな主婦でも子育てや家事の合間にちょっとでも稼ぐことができたら、生活にも気持ちにもゆとりができます。
主婦におすすめなのは、主婦としての知識や子育ての経験が役に立つ副業です。
 
オークションサイト
ヤフオクやメルカリなど、主婦が大活躍しているオークションサイトは多数あります。
もう使わなくなったベビー用品や子供服などオークションに出品すれば、数百円~1000円程度の儲けになります。
ゴミになる運命だった思い出の品々が、また誰かの役に立つと思えば、とても有益です。
 
アンケートサイト
アンケートサイトに登録して、アンケートに答えるだけの副業も主婦におすすめです。
電化製品、生活用品、子供用品などのアンケートは多数あります。
数円~数十円の稼ぎとなります。1回の報酬は少ないですが、数をこなせば月額1000円以上になることもあります。経験をもとに答えたり、実際に商品を使った感想を答えるだけで、粗品がもらえることもあります。
 
ミステリーショッパー(覆面調査員)
子連れでもできるという副業が、ミステリーショッパーです。別名覆面調査員ともいいます。
レストランなどに普通の客として訪れてサービスを受け、帰宅後にアンケートに必要事項を記入して送信するだけです。
1回で3000円~1万円がもらえます。飲食店のほか、保険外交員の仕事を査定したり、いろいろな案件があります。

仕事終わりの数時間で稼げそうな副業

仕事が定時で終わるので、ある程度まとまった時間を取れるという人には、個人の技能を活かした副業がおすすめです。アンケートやポイントサイトなどよりも、確実に稼ぐことができます。
 
フリーランス(クラウドソーシング)
プログラミングやライティング、イラストなど、ある程度の技能がある人は、フリーランスとして夕方~夜の数時間だけ働くのもアリです。納期に余裕を持たせておけば、そこそこ大口の案件を引き受けることもできます。数千円~数万円、人によっては月額10万円以上を稼ぐことも可能です。口コミや知人から紹介された仕事を個人で請け負うのもよいですし、クラウドソーシングのサイトなどに登録するのもよいでしょう。
 
せどり(転売)
店舗の処分品や値付けが甘い商品を安く仕入れて、別の店舗や個人に高く売り、その差額(利ざや)で収入を得るのがせどりです。
書籍だけでなくCD、DVD、ゲームソフトなど多くの市場があります。
店舗を回って商品を探したり、オークションサイトを利用することもできます。得意分野や趣味を実益に活かせる副業でもあります。コツコツと数十円単位で数を稼いだり、ものによっては数千円~数万円と大きく稼ぐこともできます。
 
アルバイト
副業で、もっとも堅実に稼げるのが「アルバイト」です。
時間給なので売上がなくても確実に稼ぐことができます。
飲食店、コンビニ、警備員などのアルバイトは夜勤があることが多く、実際に副業しているサラリーマンも多いといいます。学歴があれば塾講師のアルバイトをすることもできます。時給は1000円~2000円が相場となります。

給料が少ないと嘆いてる方はどのくらい月に稼げば心に余裕がでるの?

ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授によると、「感情的な幸福は年収900万円まで比例的に増える」とのことです。
逆に900万円を超えると忙しかったり体を壊したりで、あまり幸福を感じられなくなるそうです。年収900万円が「幸福」の損益分岐点ともいえます。
日本人の平均年収は400万円ちょっとなので、中小企業のサラリーマンにとっては年収900万円というのはかなり高望みです。
今の年収を倍以上にするのは無理があると思います。では、具体的にどのくらい毎月稼ぐことができれば心に余裕が出るのでしょうか。
 
「心の余裕」というのは、主観的で非常に難しい問題です。
朝起きて、窓を開けて、「ああ、今日もいい天気だ。花がキレイだな」なんて思えるのが心の余裕でしょうか。
心の余裕=時間の余裕=早起きと無理やり変換してみましょう。
タイムイズマネーの原則に基づいて「早起きは三文の得」ということわざを根拠に考えると、早起きすることは3文=現在の価値で約100円の得です。
1日100円×30日(1ヶ月)=3000円
月額3000円副業で稼ぐことができれば、早起きして「花がキレイだな」と思えるくらいの心の余裕が持てるというわけです。
「花がキレイだな」くらいじゃ満たされない、という人は、コーヒー1杯分で考えてみましょう。
ドトールのブレンドコーヒーMサイズが1杯270円です。
1日270円×30日(1ヶ月)=8100円
月額8100円を副業でさらに稼ぐことで、花がキレイだなと思いながらコーヒーまで飲めるようになりました。
微妙ですね。
新生銀行が発表している「サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンの小遣い額の平均は3万7873円(2016年)。
子供がいる世帯だと3万円です。もしこの小遣い分を副業で稼ぐことができたら、かなり心に余裕が持てるようになりそうです。
 
すなわち、
3000円(花がキレイ)+8100円(コーヒー)+3万円(小遣い)=4万1100円
が、収入にプラスされれば、「心に余裕が持てる」と言ってよいのではないでしょうか。
 
大手転職サイトのアンケート調査によると、サラリーマンで副業したことのある人は17%となっていました。およそ6人に1人が、副業を経験していることになります。実際に副業で稼いでいる額は月額平均4万円ほどだといいます。
 
 
 
4万円!
寄せていった感はありますが、先に挙げた「賃金基本統計調査」の都道府県別の表に、4万円をプラスした額を毎月稼ぐことができれば、心に余裕が持てるといえるでしょう。
 
秒速で1億円は胡散臭いし無理がある金額ですが、毎月4万円なら頑張れば稼げそうですね。ちょっとしたスキマ時間を活用しながら、心に余裕を持った生活を送ることができれば、人生はより楽しくなるはずです。「時は金なり」――。有限な時間を、有意義に使いましょう。