航空整備士(jal・ana)の給料・手取り・初任給、仕事内容を解説! | 給料BANK

航空整備士の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 航空整備士の給料、手取り、初任給

航空整備士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

航空整備士の給料年収を解説します。

航空整備士の平均給料・給与

  • 35万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:40.25万円
  • 初任給:18万円

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

航空整備士の給料・年収補足

20代の給料:20万円~22万円(推定)
30代の給料:34万円~54万円(推定)
40代の給料:44万円~55万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
360万円~730万円となると予測されます。

航空整備士の仕事内容

ヘリコプターを含む航空機の整備を行うための、国家資格所得者が航空整備士です。
必要に応じて修理も一部行います。
 
一等高級整備士と二等航空整備士があり、一等航空整備士は機種ごとに資格が必要となります。
社内資格として行為空会社に入社してから、資格を所得するケースもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

航空整備士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
22万円~44万円となりそうです。

航空整備士になるには?【資格・免許】

航空機の大きさと重量によって業務に応じた国家資格を所得する義務があります。
通常は航空会社に就職し、国家試験であるい学科に合格し、二等航空整備士は3年の実務経験を経た後、実地試験に合格して資格を所得できます。
現在は、各航空会社のコストダウンの影響で、航空整備士の資格なしでは就職が難しいようです。
 
従って、国内の数少ない国土交通大臣指定航空従事者養成施設に指定された専門学校に於いて、国家資格を得るのが現在では一般的です。
指定校は全国で3校しかありません。
一等航空整備士は大型機の整備全般、二等航空整備士は中小型機の整備全般を行います。

航空整備士の求人の探し方

LCC航空会社も含めた各企業で、募集要項を出しています。
標準基本給に諸手当が、実務経験年数に応じて加算される仕組みとなっているケースが多いです。
業態はシフト制、特定旅客機の整備資格所有者は非常に就職に有利です。
 
雇用形態は正社員で、有給や福利厚生は通常の企業と同じです。
現在はインターネットで探すと、航空会社の採用ページを探すことが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

jalやanaの航空整備士の給料

2010年時点でのJALの年収平均が、44歳で810万円となっており、平均で55万円~67万円程度が月額給与ということが出来るでしょう。
ANAの場合は、30歳で年収500万円から600万円ほどで、月額給与平均は40万円~52万円前後です。
 
ネットでは、月額100万などの話題が出ていますが、十数年前の実例であり、現在の国内航空会社は、外部委託をしているケースも多く、人件費は5年単位で連続削減され続けているのが現状です。

海上保安庁や自衛隊の航空整備士の給料システムはどういう風になってるの?

給料解説者ぺすくん

海上保安庁の場合は、高卒資格程度でまずは国土交通大臣指定航空従事者養成施設において、国家資格を得てから、海上保安学校へ入校し、整備士となるのだ。
国家公務員となるため、給与システムは一般職の公安職の棒給票に基づき、経験年数と試験、面接によって昇給と昇格が行われるのだ。
自衛隊の場合は、航空整備士の資格所得後、航空自衛隊に一般曹候補生や自衛官候補生として入隊し、航空教育隊や特定の基地において、3ヶ月間自衛官の基礎的な教育を受けた後、航空整備の細部職種決定で、それぞれの航空機保有舞台に配属されるのだ。
航空自衛隊の場合は、整備士の階級は空曹程度ですから、給与は最大でも38万円前後なのだ。
これは防衛省の法律によって定められているのだ。

航空整備士の口コミお給料

給料:40万円

ちょっとの間違いで大惨事になるので責任とプレッシャーは常に感じています。

給料:35万円

熟練のスタッフとともに空の安全を守る一人として頑張っています。

航空整備士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

25万円

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧