手取り20万、21万、22万、23万、24万円の給料年収・生活(車・ライフスタイル)を解説! | 給料BANK

手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円の給料額面や職業・車・生活力を解説!

給料BANK > 手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円の給料や職業・車・生活力を解説!

手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円の給料額面や職業・車・生活力を解説!

手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円って給料や額面にしたらどのくらいなのか?またこのぐらいの手取りだとどんな生活ができるのかを調べてみました。

手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円の給料額面

手取りが20万円だと、だいたい額面は23万から24万円の間。
手取りが21万円だと、額面はだいたい24万5千円ほど。
手取りが22万円だと、額面はだいたい25万5千円ほど。
手取りが23万円だと、額面はだいたい26万7千円ほど。
手取りが24万円だと、額面はだいたい27万9千円ほど。
 
 
あくまでも手取りから逆算した目安であって、必ずしもその通りになるというわけではありません。
ご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手取り20万円、21万円、22万円、23万円、24万円の年収(ボーナス年二回6か月分)

手取り20万円だと、年収はだいたい3,600,000円ほど。
手取り21万円だと、年収はだいたい3,780,000円ほど。
手取り22万円だと、年収はだいたい3,980,000円ほど。
手取り23万円だと、年収はだいたい4,140,000円ほど。
手取り24万円だと、年収はだいたい4,320,000円ほど。
 
 
手取りで20万を超えてくると年収だと300万円後半以上になります。

手取り20万、21万、22万、23万、24万のライフスタイル

手取りが20万、21万、22万、23万、24万円の人のライフスタイルは、「地方だと結構楽だけど裕福ではない。都心一人暮らしだとちょっと趣味に回せるかな?」といったところでしょうか。
手取りと出費内容をロールプレイしてみました。
 
手取り20万円から21万円ほどの人のライフスタイルは、例えば以下のような感じです。
紹介するのは、あくまでもひとつの例であり、平均的なライフスタイルを示すものになっています。
 
・手取り20万円から21万円ほどの平均的なライフスタイル
 
家賃:4万円から5万円
食費:2万5千円から3万円
携帯:5000から8000円
ネット:4000円
水道代:1000円
ガス代:3000円
電気代:2000円
衣類:1万円
雑費:5千円
交際費:3万円
貯蓄:2万円から3万円
 
大体最低限必要になってくるお金で考えています。
手取りが20万円から21万円ほどのだと、家賃は4万円から5万円ほどのところに住むというのが適正でしょう。
6万でも少し高いですが住めないということはありませんね。
貯金は毎月2万円ほどで、高くても3万円ほどになりそうです。
食費に関しては自炊して節約している人だと2万5000円ほどということもありますが、たいていは3万円程度かかっていますね。
 
・22万円から23万円の手取りの人のライフスタイル
 
家賃:5万円から6万円
食費:3万円
携帯:5000円から1万円
ネット:4000円
水道代:1000円
ガス代:3000円
電気代:2000円
衣類:1万円から2万円
雑費:5000円
交際費:4万円から5万円
貯金:2万円から3万円
 
22万円から23万円ほどの手取りになってくると、生活にも少し余裕が出てくるようです。
それでも食費はほとんどかわらず3万円。
食費に関しては数万円の手取り額の変動ではあまり変わらないという傾向があります。
露骨に変わるのは衣類や交際費などの費用。
女性であれば化粧品のグレードをひとつ上げてみたり、服を買うペースを上げてみたりしているようですよ。
 
・24万円の手取りの人のライフスタイル
 
家賃;5万円から7万円
食費:3万円から4万円
携帯:5千円から1万円
ネット:5000円
水道代:1500円
ガス代:3000円
電気代:2000円
衣類:2万円
雑費:1万円
交際費:4万円から5万円
貯金:3万円ほど
 
かなり余裕が出てきて、食費などがついつい高くなってくる頃ですね。
貯金は変動していません。
手取り額が上がって「ようし、がんがん貯金するぞお!」と思う人は少ないのでしょう。
それよりも、少し高めの服を買うようになったり遊ぶときについつい財布の紐がゆるくなったりと言う傾向にありますね。
 
以上で紹介した金額については「最低限」かかっているお金です。
実際には他にも人それぞれ趣味に使うお金や化粧品代などがかかってくるので、もう少しかかります。
上記金額だけで生きていくことは可能ですが、それだけではありませんよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手取り20万、21万、22万、23万、24万円の車を購入できそう?

手取り20万円から25万円だと、軽自動車でも少し高めのものくらいは買えそうですね。
例えば、ホンダのN-BOXかN-BOXカスタムくらいは買えるでしょう。
5年ローンで買えば月々の支払いは少なくて済みますし、維持費もそこまで高くありません。
維持費は月々というよりも年単位でかかってくるものが多いですよね。
ガソリン代は毎月かかりますが、それでも1万円未満です。
 
一番低いグレードで、N-BOXカスタムを5年ローンで購入すると27,236円程度。
約2万7千円の支払いで済みます。
ガソリン代はだいたい6000円程度。
あわせても月々3万円ちょいで済みますね。
これから給料が上がっていくかもしれないことを考えると、決して高くはありません。
 
軽自動車であれば、高いものでも十分買えそうです。
でも、今までと同じような生活を保ちながら買うには普通車は高いかなといった感じですね。

何歳ぐらいの人にこのぐらいの手取りが多いですか?またどんな職業や職種に多い?

20万から25万の手取りであれば、20代後半、30代前半あたりに多いですよ。
職業や職種でいえば、それほど特殊な職業でなくてもこれくらいの年齢になると20万円から25万円の手取りを得るのは決して難しいことではないでしょう。
サラリーマンをやっていても十分得ることができます。
 
企業薬剤師なら初任給から20万円を超えていることも珍しくはありません。
どの職種・職業でも30代くらいになると、得ることの出来る程度の収入ですよ。

職業のお給料一覧