1人暮らしをするために必要な給料(10万、13万、15万、18万)を解説! | 給料BANK

1人暮らしをするために必要な給料を給与別(10万、13万、15万、18万)で解説!

給料BANK > 1人暮らしをするために必要な給料を給与別地域別で解説!

1人暮らしをするために必要な給料を給与別(10万、13万、15万、18万)で解説!

1人暮らしをするために必要な給料画像

1人暮らしをするために必要な給料(10万、13万、15万、18万)を調べてみました。

1人暮らしをするために必要な給料ってきになりますね。
そこで、給料バンクでは給料別10万、13万、15万、18万で調査!また、東京、大阪、名古屋、札幌などの地域別なども調べてみました。

給料(10万、13万、15万、18万)の場合だとどのあたりで1人暮らしが出来る?【東京23区のみ】

仕事をし始めると一人暮らしがしたくなりますよね。
自分で仕事をして稼いでお金を手に入れると、今度は自由な暮らしが欲しくなります。
ただ、給料がそこまで多くはないという場合、特に東京23区だと生活が厳しいイメージがありますよね。
確かに厳しくはあるでしょうが、給料が月10万円でも実現不可能ではありません。
 
東京23区といっても、家賃相場が高いところと低いところがあります。
10万円、13万円、15万円、18万円の場合、それぞれどのあたりで一人暮らしができるのでしょうか。
賃貸の家賃相場を元に見ていきましょう。
 
月々10万円で一人暮らしをするとなると、高くても家賃は5万円から6万円の間ではないと難しいですね。
家賃の理想というのは手取りの3割と言われているので、3万円あたりが余裕をもって生活できるレベルです。
どこの区でも、物件に対してのこだわりがまったく無いのであれば3万円前後のものが見つかりますが、あまり良い部屋は見つかりません。
やはり5万円程度の家賃が多いところがいいですね。
家賃相場が5万円から6万円のところと言えば、葛飾区あたりが良いでしょう。
下町情緒あふれる町ですね。
 
ワンルームアパートだと、5万円ほどの家賃のところもかなり多く見られます。
グレードを落としても良いという人だと、2万円から3万円のアパートも多いですよ。
 
13万円程度の給料があれば、6万円から7万円までが現実的な家賃ですね。
足立区・練馬区あたりだと一人暮らしができそうです。
不動産情報サイトHOME’Sによると、足立区は6万3千円程度が家賃相場で、練馬区は6万6千円程度が家賃相場になっています。
家賃6万円でも、2LDKマンションやアパートが結構多く見つかりますよ。
実際の不動産なのですが、家賃6万円管理費なしで敷金礼金は各6万円と安めで2LDKというものがありました。
写真を見ていてもかなり新しいですし、風呂トイレはセパレートです。
足立区なら、13万円程度の給料でも快適に一人暮らしできるでしょう。
 
15万円程度の給料があれば、7万円から8万円まででも問題なく一人暮らしできます。
荒川区・中野区・杉並区・豊島区・北区あたりだと問題なく一人暮らしできるでしょう。
それぞれHOME’Sで相場を調べると、荒川区から7万3千円程度・7万6千円程度・7万3千円程度・7万7千円程度・7万4千円程度です。
以上の地域では、7万円で1LDKアパートも多数見つけることができました。
 
18万円程度の給料があれば、8万円から9万円ほどでも問題なく一人暮らしができます。
10万円でも問題ないかと思いますが、安定を目指すのであれば9万円までが理想ですね。
渋谷区・港区・中央区・千代田区以外であれば、東京23区どこでも一人暮らしすることができるでしょう。
以上の地域だけは、家賃相場が10万円を超えています。
相場だけで10万円なので厳しいとは思いますが、その他は相場が10万円未満なので、18万円給料があれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性が一人暮らしする場合に必要な給料はどのくらい?

女性が一人暮らしをするとなると、男性の一人暮らしよりも求めるものが多くなるので、必然的にお金もかかります。
例えば、女性だとオートロックがついているほうが安全ですよね。
オートロックも重要ですが、結構諦められがちです。
それよりも重要視されているのが、インターフォンにモニターがついているかどうかですね。
モニターで出るかどうか判断することができれば、よくわからない突然の訪問をスルーすることもできます。
モニターのあるなしは親などが必ず重視するポイントです。
 
また、治安が良い場所のほうが良いですよね。
治安が悪いといくら防犯性が高くても、家の外で危ない目にあってしまうかもしれません。
治安が良い場所というのは土地の価格も高いので当然家賃は跳ね上がります。
東京だと最低でも7万・8万程度の家賃になることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
地方都市だと5万円・6万円程度でもオートロックやモニター付きで治安の良いところが多くあったりするのですが、東京や都市部ではあまり見られません。
 
そうなると、給料は最低でも15万円は欲しいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡だとどのくらいで一人暮らしができるの?

福岡県は天神駅など交通の便が比較的整っているところあたりで家賃相場が低いところが結構あります。
天神駅付近だと5万5千円程度、天神南駅だと5万円弱の家賃相場になっています。
市区町村でいうと、福岡市の中央区で5万円程度・博多区で4万7千円程度・城南区だと3万6千円程度・東区だと3万7千円程度の家賃相場。
だいたい5万円程度の家賃で一人暮らしをすることが可能だということなので、最低限月給10万円でも一人暮らしはできるでしょう。
 
13万円あれば少し余裕のある生活をすることができますね。

大阪だとどのくらいで一人暮らしができるの?

大阪は家賃相場が6万円や7万円を超えているところが多いですが、10万円を超えているところはほとんどありません。
平均的に見ると家賃が高い傾向がありますが、部分部分で見ると福岡のほうが家賃相場が高い傾向があります。
平均的に見ても、東京より安いですね。
 
大阪市浪速区の相場が5万9千円程度・中央区が6万5千円程度・北区が6万4千円程度・西区が6万5千円程度・東淀川区が4万7千円程度になっています。
それぞれ交通の便も良く、人気の市町村ですが、家賃相場は大阪の中でも安いほうです。
大阪は地域によっては、激安スーパーなどが他の地域に比べて多く立ち並んでいるということもあり、自炊をすれば食費や雑費なんかは浮きそうですね。
 
ギリギリで生活するのであれば、10万円でもできそうですが、やはり12万円か13万円は欲しいところです。
東淀川区には3万円程度の家賃のところも結構多くあるので、東淀川区であれば10万円でも一人暮らしできそうですね。
ただ、東淀川区はあまり治安が良いとはいえないので男性限定にはなりますが。

名古屋、札幌だとどのくらいで一人暮らしができるの?

名古屋だと、だいたい5万円から7万円ほどの家賃でオートロック付きのアパートなどに住むこともできます。
名古屋市営地下鉄の駅での家賃相場を見ていくと、名古屋駅周辺でも6万円程度でした。
一番安いのが藤が丘駅で4万5千円で、一番高いのが伏見駅で6万9千円。
女性に優しい物件でも5万から7万円程度で多く見つけることができるということから名古屋は男女ともに10万円から13万円あれば問題なく一人暮らしが可能です。
 
北海道は、東京・大阪・福岡・名古屋に比べてかなり家賃相場が低くなっています。
札幌市の家賃相場を見てもかなり家賃が安いです。
中央区は4万千円程度・白石区は3万3千円程度・豊平区は3万5千円程度・北区は3万7千円程度・東区は3万5千円の家賃相場となっています。
以上は比較的治安もよく、交通の便なども良い地域です。
札幌であれば男女ともに10万円あれば問題なく一人暮らしができるでしょう。
13万円から15万円あればかなり余裕のある暮らしができますね。

職業のお給料一覧