手取り50万円の給料年収・家賃・車を解説! | 給料BANK

手取り50万円の給料額面・車・家賃を解説!

給料BANK > 手取り50万円の給料や車・家賃を解説!

手取り50万円の給料額面・車・家賃を解説!

手取り50万円って給料や額面にしたらどのくらいなのか?またこのぐらいの手取りだとどんな生活ができるのかを調べてみました。

手取り50万円の時の額面ってそれぞれどのくらい?

手取り50万円のときの額面は、だいたい60万9千円ほどになります。
この金額は、手取り金額から健康保険料や所得税、厚生年金保険や雇用保険を考慮して逆算した金額です。
通勤手当や住民税は考慮していないので、それらを含んで考えるともう少し金額が変動します。
必ずしもこういった金額になるというものではなく、だいたいの目安の金額なのでご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手取り50万円の年収(ボーナス年二回6か月分)

手取り50万円のときの年収は、だいたい900万円ほどになります。
純粋な手取り金額だけで、600万円
残り300万円がボーナスというわけですね。
ボーナス無しで考えても600万円と、世間的に見れば十分高額な年収になっています。
ボーナス有りで考えると「高給取り」と胸を張って宣言してもまったくおかしくはないくらいの金額ですね。

手取り50万円のライフスタイル(食事、服、貯金額、家賃)

手取りが50万円の人のライフスタイルは、「生活がかなり楽」といったところでしょうか。
手取りと出費内容をロールプレイしてみました。
手取り50万円の人の生活費などをいくつか紹介します。
 
・手取り50万円の男性(妻あり)
 
家賃(住宅ローン):10万円
食費:5万円
水道光熱費:1万7千円
通信費:1万2千円
保険:2万円
新聞:3000円
衣類:1万4千円
雑費:1万円
ガソリン:1万円
交際費:2万円
化粧品:7000円
 
主に毎月かかってくる生活費が上記のような感じになっています。
住宅ローンはかかってくるものですし、どこもそこまで大差はありません。
食費は夫婦二人のものであれば妥当か少し節約しているなあといった感じですね、もう少し増やすこともできます。
通信費に関しては二人分の携帯とネット料金で1万数千円はどうしても必要です。
 
手取りの金額にたいして主な生活費がかなりきりつめられているなあという印象がありますが、これほどの手取りになると豪遊したりしてお金を飛ばす人も少なくなります。
豪遊してもかなりの金額が残ったりするので、貯金に費やす金額が増えていくんです。
真剣に将来のことを考える年代の人も多いため、たくさん貯金しておくという人が多い。
そのため、手取り金額の高さに比べて生活がそこまで豪華ではなかったりするわけです。
それでも、かなり安定した余裕のある暮らしをすることができますし、貯金金額を減らせばもう少し裕福な生活スタイルをとることも可能ですよ。
 
・手取り50万円の男性(独身)
 
家賃(住宅ローン):10万円
食費:7万円
水道光熱費:1万2千円
通信費:1万円
保険:2万円
新聞:3000円
衣類:2万円から3万円
雑費:2万円
ガソリン:1万円
交際費:10万円から15万円
 
手取り50万円で独身だという人は、分譲マンションを購入している人もかなり多いです。
そのため、家賃ではなく住宅ローンとなっています。
家を買うにしては一人だと広すぎるけど、分譲マンションなら・・・というわけですね。
露骨に高くなっているのは、食費と交際費でしょうか。
一人暮らしをしている男性の平均的な食費は月々3万円ほどと言われています。
多くても4万円。
1日に千円と、たまに豪遊するときに食費がかさむといった感じですね。
 
それに比べると7万円というのがいかに余裕のあることかわかります。
でも一番余裕を持っているのが交際費ですね。
部下や後輩におごったり、友達と旅行に行ったりということをしている人が多く、交際費にお金を使う人が多いです。
結婚をしている人は妻や子供にお金を使いますが、独身の人は後輩や友達にお金を使うというわけですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手取り50万円ならどんな車を購入できそう?

手取りが50万円もあれば、だいたいどんな車でもローンを組めば購入できるでしょう。
ただし、日本車で高級車ではないものに限って、です。
アクアやフィットみたいなコンパクトカーは余裕で購入できるでしょうし、軽自動車もN-BOXカスタムやウェイクといった高めの車種でも余裕で購入できます。
普通車でも新車価格300万円プラス諸経費のものであれば5年ローンで購入できるでしょう。
 
購入できそうな車、できなさそうな車の判断基準は、5年ローンを組んだときの月々の支払い額。
月々5万円から8万円までが購入できそうな車、10万円になると「切り崩せば購入できそうな車」です。
独身だと月々10万円の支払いになるような車でも購入できそうですが、結婚していると切り崩さなくてはいけなくなるでしょう。
子供がいるのであればやはり月々5万円の支払いのものです。
例えば、トヨタのヴォクシーやプリウスなどですね。

何歳ぐらいの人にこのぐらいの手取りが多いですか?またどんな職業や職種に多い?

一般企業のサラリーマン基準でいうのであれば、50代くらいの人になるとこれくらいの手取りを得ることができますね。
定年退職間近になればボーナス合わせて年収1000万円という人も多いですから、だいたい50代くらいにはこれくらいの年収を得ることも可能です。
 
職種で考えるとなると、やはり建築業や保険の外交員なんかはこれくらいの手取りを得ているという人が多いですね。
50代くらいの人もそうですが、比較的若くして(40代や30代で)手取り50万円以上を稼いでいると言う人もかなり多いです。
あとは銀行員やシステムエンジニアなんかも手取りが50万円以上を超えている人が多い職種ですよ。

お給料の手取り一覧

職業のお給料一覧