治験の給料や単価相場・高報酬の内容など治験について徹底解説! | 給料BANK

治験の給料や単価相場・高報酬の内容など治験について徹底解説!

給料BANK > 治験の給料や単価相場・高報酬の内容など治験について徹底解説!

治験の給料や単価相場・高報酬の内容など治験について徹底解説!

治験の給料画像

治験の給料ってどのくらいなの?

治験について、治験とは何か?単価相場、高い報酬の治験などいろいろと調べてみました。

治験とは?

治験というのは、簡単に述べると新薬が薬として承認されるための試験です。
その薬に副作用があるのかどうか、ちゃんと有効なのかどうかなどに関して実際に人に投与して行う試験になります。
薬というのは、まず最初にマウスなどの動物をつかって試験をして毒性が無いかどうか、毒性の程度がどの程度かを確認するという段階を踏んでいます。
そこで「人間の体だったら大丈夫そうだな」と判断されるような薬になってから、臨床試験である治験を行うのです。
 
厚生労働省が定めたGCPという基準によって治験が行われていきます。
それを守っていれば、何か特別危険があるということはありません。
緊張感を持つことは大切ですが、安心して治験を受けましょう。

治験の単価相場

治験の被験者になると、報酬が貰えます。
ネット上の掲示板とかで「短期間で高収入のバイトある?」というようなスレッドがたつと必ず治験がプッシュされていますが、その報酬の相場というのはどの程度になっているのでしょうか。
単価の相場について説明するのですが、その前にひとつ知識として知っておくべきことがあります。
 
治験というのはバイトではなくて、単なるボランティアです。
自分の体を使って臨床試験をするということで、危険性が無いわけではないという特性から報酬が支払われているということを知っておきましょう。
 
通院と入院によって報酬がどのくらいかが変わるのですが、相場はだいたい2万円から3万円程度ですね。
通院する場合は1回につき7千円・1万円といった単価が相場になっています。
入院すれば、1泊につき1万円から2万円程度もらえるというのが相場です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

治験で高い報酬ってどんな内容?

治験の報酬は、治験の期間が長くなればなるほど高くなります。
報酬が高いものだと入院が必要な治験がほとんどになるのですが、入院期間の長さが報酬の高さに影響を与えることが多いです。
先ほども「1泊につき1万円から2万円程度が相場」と述べましたが、1ヶ月間入院して行う治験というのがあれば、30万円から60万円程度貰えることになりますよね。
 
1ヶ月間行う治験であれば、その間中はずっとその治験に拘束されることになりますが、それほど不自由というわけでもありません。
場所によっては・治験の内容によっては結構快適なことも少なくは無いのです。
AV機器・リラクゼーション設備などが整っている施設も多いですし、室内で遊べるような娯楽グッズ(漫画やゲームなど)の持込ができるところも多いので不自由することは無いでしょう。
ただ、体調に影響するようなことはしてはいけません。
 
また、報酬が高い治験というのは入院期間の長さではなく、副作用のリスクなどが理由になっていることも多いです。
副作用があるか無いかを確認するための治験ですが、治験を行う前に、どのような副作用が起こるのかが予想されています。
その予想される副作用が大きければ大きいほど治験の報酬額というのは高くなるわけです。
副作用によって頭痛や腹痛に襲われながら治験期間を過ごすのは身体面・精神面どちらにとってもかなり大きな負担になりますからね。
 
その分報酬が高くなるわけです。
 
また、単純な理由として「被験者に多くの制約を強いることになる」というものもあります。
アルコールやタバコなんてもってのほかですし、普段摂っているサプリが摂れなかったり、徹夜も激しい運動もNG。
人によっては普段の生活習慣とは間逆のことを一ヶ月間強いられるということがあるでしょう。
それはかなり辛いことですよね。
 
そういったような要素のある治験が、報酬の高い治験というわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

治験で得た報酬は税金かかるの?

治験で得た報酬=負担軽減費というのは、給料でも報酬でもありません。
便宜上「報酬」という言葉を使ってはいますが、法的には雑所得です。
そのため、源泉徴収されることはありませんが、場合によっては税金がかかるということがあります。
 
例えば、サラリーマンが治験を行った場合ですが、負担軽減費が20万円を超えると税金を支払わなくてはいけません。
確定申告をする必要があります。
脱税とみなされてしまいますからね、きっちりと確定申告を行いましょう。
治験の報酬は負担軽減費として支払われるもので「給料でも報酬でもない」という性質を持っているからか、確定申告をしなくてもバレにくい。
「まあいいだろう」と思ってそのままにしておく人もかなり多いのですが、法的には確定申告しなくてはいけません。
 
治験以外では何も給料を得ていないという場合には、年間で38万円以上の負担軽減費を得ていると確定申告の対象となります。
これは基礎控除額38万円を超えた場合ということです。

治験会社一覧

治験の被験者=治験モニターの募集をしたいという場合に、治験会社を探すことになります。
でも、治験会社って日常的に縁が無いからどんな会社があるかわからないですよね。
そこで、治験会社をいくつかピックアップして一覧を作ってみました。
 
・シミック
・EPS
・エムスリー
・アイロム
・株式会社あすも臨床薬理研究所
・株式会社アベニュー
・株式会社コニメックス
・株式会社綜合臨床サイエンス
・薬樹SMO株式会社
・株式会社プログレス
 
 
シミックとEPS・エムスリーは治験業界の代表格とも言えるグループ企業ですね。
エムスリーに関しては医療関係の転職サイトなども運営していて、結構幅広く事業展開しています。

職業のお給料一覧