きつい仕事(大変な仕事)ランキングを徹底解説します! | 給料BANK

きつい仕事(大変な仕事)ランキングを徹底解説します!

給料BANK > きつい仕事(大変な仕事)ランキングを徹底解説します!

きつい仕事(大変な仕事)ランキングを徹底解説します!

きつい仕事(大変な仕事)画像

きつい仕事(大変な仕事)ランキング

きつい仕事(大変な仕事)ランキングを調べてみました。
一概に下記のランキングが完全なものとはいえませんが、肉体的にキツイ仕事1位~5位と精神的にキツイ仕事1位~5位に分けてみました。
それではまず肉体的にきつい仕事(大変な仕事)ランキング発表です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉体的にきつい仕事1位:クリエイター(アニメ・ゲーム・プログラムなど)

仕事内容:アニメやゲームなど創作物をつくる仕事。
 
キツイ理由:肉体的にも精神的にも追い詰められる。社会的地位も低く、深夜労働なんて当たり前の世界です。
納期にいつも追いかけられており、ずっとデスクワークなのも肉体的にキツイ理由になっています。体を壊してしまう人も多く、クリエイターの中でもアニメーターは「アニメ映画一本つくるのに死人が出た」という伝説もあるほどに激務ですよ。
 
給料15万円~30万円

肉体的にきつい仕事(大変な仕事)ランキング2位:看護師

仕事内容:病院やクリニックの中で病人の看護をすること。患者さんの体調管理をしたり、相談に乗ったり点滴を取り替えたりと仕事量は多く、内容も幅が広いです。
 
キツイ理由:人員不足であるところが多く、休みがとれない・残業が多いという看護師が多い。
シフト制で夜勤と昼勤を繰り返すという不安定な生活リズムも肉体的につらい理由になっています。そのため、最近では看護師が「過労死」と認定されることも多くなっていて、そのつらさを物語ってますね。
 
給料25万円~40万円

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3位:引越し業者

仕事内容:引越しの際に見積もりから関わり、最終的に荷降しまでをお手伝いするのが仕事。
ときにはサービスの一環として家具を動かして部屋のレイアウトをつくるところまでを手伝うこともある肉体労働です。
 
キツイ理由:単純に体力がもたないというのが理由。
冷蔵庫などの重たい家電やたんすなどの重たい家具を一人で持ったまま階段を上り下りしなくてはいけないので足腰にものすごく負担がかかってしまいます。
お客さんの持ち物を壊さないように気を遣いながら運ばなくてはならず、かなり過酷な労働環境になっていますよ。運転をして遠くに行くこともあるので、それもキツイ理由になっています。
 
給料25万円~30万円

4位:介護福祉士

仕事内容:老人ホームなどの施設において、お年寄りを介護する仕事。排泄のお手伝い、お風呂のお手伝いなどをすることもあれば、相談に乗ったりレクリエーションを企画実行することもあるので、とても仕事の幅が広いです。
 
キツイ理由:肉体的にキツイ理由は、その激務さ。看護師と同じで残業をすることも多々ありますし、夜勤ともなるとほとんど眠ることができません。
昼勤務の次の日が夜勤、その次の日が休み、また昼勤務ということもあるので、生活リズムが保てず、不眠症になるという人も多いです。
 
給料:19万円~34万円
介護福祉士の給料年収

5位:工場

仕事内容:工場内にて、各製品を作る仕事。
車などの大きなものであったり、食品や印刷など小さなものであったりさまざまです。製品を作る工程の中でも、どの工程に割り振られるかによって仕事内容が変わってきます。
 
キツイ理由:朝早くから夜遅くまで仕事をすることがあり、残業なんて当たり前です。
ノルマを達成しない限りはあがることができませんし、ライン作業であることが多いので、つらくてもペースを落とすことができず、自分のペースで仕事をするといったことができません。
 
給料:20万円から35万円

肉体的にきつい仕事ではやはり介護系が軒並みベスト5にランクインしました。
汚物処理や老人を持ち上げることで腰を痛めるなどの意見が多数ありました。
 
つぎは精神的にきつい仕事(大変な仕事)ランキング発表です!

精神的ににきつい仕事1位:クリエイター(アニメ・ゲーム・プログラムなど)

仕事内容:創作物をつくるのが仕事。アニメーターならアニメを、ゲーム会社ならゲームを、プログラマーならゲームやシステムなどのプログラムを作ります。
 
キツイ理由:どのクリエイター職もそうですが、常に納期に追われている仕事です。しかも納期も厳しく、毎日終電で帰るということは珍しいことではありません。むしろ帰れない場合もあり、つらいようです。良いものを作らなければいけないという思いが強く、次第にそれが強迫観念に変わります。実際、良いものをつくれなくなると世間からは冷たい声が浴びせられるので、プレッシャーが強く、精神的につらい仕事です。うつ病になる人も多いですね。
 
給料:15万~30万円

精神的ににきつい仕事2位:パチンコ店員

仕事内容:パチンコ店内で玉の回収及び台の修理や調整などのさまざまな業務を行います。最近ではパチンコ店内でコーヒーをつくるといった仕事もあり、とても幅が広い仕事ですね。
 
キツイ理由:騒音とタバコの煙。負け越しているお客さんからの八つ当たりなど、精神的にキツイ理由はさまざまです。
玉が詰まったケースを何個も重ねて運ばなければいけないため、体力的にもキツイ仕事ですよ。
現在、パチンコ店というのはグレーゾーンで経営しているものなので、経営者も「裏社会」と呼ばれる人たちだったり、気が休まる暇がありません。
 
給料:25万円~35万円

3位:コールセンター

仕事内容:電話にて商品説明や商品に関する相談に乗ったり、クレーム処理をするのが仕事です。
 
キツイ理由:自分は何も悪くないのに製品を作った人の代わりに怒られなければならず、最初のうちは「私は悪くないから大丈夫」と思えていたとしても、長く続けていくうちにだんだんと精神的に参ってきます。
怒り口調の言葉を長い間浴びせられるということで、対人恐怖症になる人も少なくはありません。
 
給料:20万円から40万円

4位:工場

仕事内容:工場にて何かしらの製品を作ること。
 
キツイ理由:工場勤務が精神的にキツイ理由は、誰でもできるような単純作業の繰り返しな上に労働時間が長いということです。
ライン作業の場合は時間との勝負になってきますし、危ない機械がある場合は気を抜くと命が危険にさらされます。単純作業なのに気を張り詰めていなければならないのもつらいところですが、単純作業なのでほとんど何も考えずに仕事をすることが多く、「何やってるんだろうなあ、俺」と自問自答してしまうこともよくあるのです。
 
給料:20万円から35万円

5位:ボーイ

仕事内容:キャバクラなどで接客をしたり、お酒を出したり掃除をしたりする仕事です。
 
キツイ理由:女の子のサポートをする仕事で、女の子が愚痴をこぼすのを間近で見たり、女同士の争いに巻き込まれてしまったり、人の負の感情を直に感じることの多い仕事なので、精神的にキツイ仕事です。
時間帯も夜遅いことが多く、昼夜逆転気味になるのもキツイ理由のひとつ。さらに、ボーイには高い接客能力とホスピタリティが求められ、一流ホテルマン並みの接客をしなくてはならないということと、グレーゾーン業界で働いているというギャップから、自信を持って「この仕事をしている」と言えないことで苦しんでいる人も多いですね。
 
給料:30万円から50万円

精神的にキツイ仕事は自分次第でなんとでもなる?

精神的につらい仕事は人によってそれぞれなので、苦と感じ無い人もいます。慣れればなんでも大丈夫になる人もいますが、性格によってきつさが変わるようですね。
人によっては営業が精神的にキツイと感じたり、清掃業務が精神的にキツイと感じたりしています。
基本的に「3K」と呼ばれる仕事はキツイ仕事と思う人が多いと感じます。

職業のお給料一覧