給料別(20万、30万、40万、50万)の家賃を徹底解説! | 給料BANK

給料別(10万~60万以上)家賃を徹底解説!

給料BANK > 給料別(10、20、30、40、50、60万以上)家賃を徹底解説!

給料別(10万~60万以上)家賃を徹底解説!

給料別(10~60万以上)家賃との関係はどのくらいが適切なの?

あなたの収入に対してどれくらいの家賃が適切なのか・・・よく分からないと言う人も多いでしょう。
春から一人暮らしで新生活を始めるという時に迷ってしまうのが家賃の金額ではないかと思います。
収入に対して家賃が高すぎると生活がキツくなってしまう事が多いと言われています。
ここでは、どれくらいの家賃があなたにぴったりなのかをお話していきたいと思います!

給料別家賃特集画像

月収が手取り10万円の場合

新社会人になると言う人ならば、初めは月収が10万円前後だと言う人も多いでしょう。
その中から生活費を賄うとすると、とても大変だと思います。
月収が手取りで10万円前後の場合、家賃の目安は2.5万円~3万円程度と言えるでしょう。地方ならまだしも、都内ではそんなに少ない金額で借りれる場所なんて無い!と思ってしまいますよね。市街地から少し離れた場所なら安い家賃で住める場合があるので探してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月収が手取り20万円の場合

月収が20万円前後だと言う人は20代に多いと思います。
これくらいの月収になってくると一人暮らしであれば少し部屋を選べる余裕が出てくるかもしれません。
月収が手取りで20万円前後の場合は、家賃を5万円前後に設定すると良いと言われています。
都内の市街地であれば厳しいかもしれませんが、ワンルームの部屋を探すと意外と良い所があるかもしれません。

月収が手取りで30万円の場合

月収が30万円程度だと、そこそこ生活に余裕が出てくるのではないかと思います。
ここまでくると、普通に過ごす分には生活がカツカツになる事も少ないでしょう。
月収が手取りで30万円前後であれば、家賃の目安は7.5万円くらいが良いでしょう。
少し探せば、2LDKくらいの部屋は借りられると思います。
もし地方ならとっても綺麗な部屋が見つかると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月収が手取り40万円の場合

月収が40万円前後の人ならば、家賃の目安は10万円前後になると言えるでしょう。
安心して生活が出来る金額ですので、貸家だけでなく、マンションや一戸建てを検討しても良いかもしれませんね。
10万円家賃で借りられる家は3DK等と大きくなってくると思います。
交通が便利な場所にあるかどうかでも変わってくるので一概には言えませんが、参考にしてもらいたいです。

月収が手取り50万円の場合

月収が手取りで50万円前後だと言う人もいるでしょう。
まだ家は購入したくないので貸家に・・・と言う場合の家賃は12.5万円までOKになります。
セキュリティがしっかりとしている場所や綺麗で新しい部屋も借りられると思いますので、自分が気に入った場所が見つかると良いですね!

月収が手取り60万円以上の場合

手取りが60万円以上あると言う人もいますよね。
その場合の家賃の目安は15万円前後が適当であると言われています。
自分が部屋を借りる上で譲れないポイント等を考えて部屋探しをするのも楽しいと思います。

家賃についてのまとめ

少し前までは収入の3分の1を家賃に当てるのが良いと言われていましたが、現在は少し変わってきている様です。
その理由は、スマートフォンやPCの通信費が以前よりも高くなっているからだと言われています。
その結果、現在適切だと考えられる家賃は収入の4分の1だと言えるでしょう。
もし家賃で悩んでいるのであれば、今回こちらに記載した結果を参考にしてみて欲しいと思います。

職業のお給料一覧