グランドスタッフ(JAL・ANA)の給料年収やキャビンアテンダントとの年収比較・成田羽田空港のスタッフの年収の違い | 給料BANK

グランドスタッフ【ANA【全日空】・JAL】の給料年収や羽田や成田の給料比較|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > グランドスタッフ【ANA【全日空】・JAL】の給料年収や羽田や成田の給料比較

グランドスタッフの給料年収や手取り額、初任給を解説!

グランドスタッフの給料年収を解説します。

グランドスタッフの平均給料・給与

  • 26万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:17万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

グランドスタッフの給料・年収補足

20代の給料:17万円~20万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:25万円~35万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~400万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ANA【全日空】やJALのグランドスタッフの年収は違う?男性女性の給料差はあるの?

ANAの場合、グランドスタッフを含む地上での旅客サービスを行う業務は、ほとんどをグループ会社に委託しています。ANA本社に就職してジョブローテーションの1つとして旅客サービス業務を経験することはありますが、いずれはそれを統括する立場となるために多くの部署を回っているのであって、ずっとグランドスタッフとして勤務することはありません。
羽田空港ではANAエアサポートサービス株式会社の社員が、関西国際空港ではANA関西空港株式会社の社員などがグランドスタッフとして活躍しています。各地の空港によってグラウンドスタッフ業務を委託している会社が多数あるようです。
ANAエアサポートサービスの初任給は大卒で17万6100円、専門卒で173,500円となっています。このほかに変則勤務手当など各種手当がつきます。口コミなどを参考にすると、初年度の年収は280万円ほどですが、勤続年数が増えれば300万円~400万円ほどになると思われます。経験を積み、旅客部業務責任者資格、国際線発券業務資格などを取得して役職がつけば給料は上がります。
 
JALの場合もANAと同様、本社採用でグランドスタッフ職として長期に渡り勤務するということはほとんどないようです。JALもグループ会社である株式会社JALグランドサービスや株式会社JALスカイなどにグランドスタッフ業務は委託しています。
JALグランドサービスの初任給は大卒で17万円、専門卒で15万7230円となっています。JALスカイは初任給166,900円となっています。年収は300万円~400万円となると予想されます。
 
グラウンドスタッフの給料はANA系列もJAL系列もそこまで差はないと思われます。
しかし、JALは一度経営破綻したという経緯もあり本社の平均年収も昔よりは下がっているため、系列子会社で働くグランドスタッフもANAより年収が高くなるということはないでしょう。
 
現在グランドスタッフの9割近くが女性で占められています。そのため、男性、女性の給料差はほとんどないと考えられます。
しかし、女性は出産や子育てなどで時短勤務を選択することもあるため、男性正社員の方が生涯年収は高くなる可能性があります。

羽田空港や成田など空港によってもグランドスタッフの年収や給料は変わるの?

地方の空港と羽田や成田などの中核空港では、利用する客数も桁違いに異なるため、中核空港の方がグランドスタッフに求められることも多く、給料も地方空港よりもやや高い傾向にあります。
中核空港が月給17万円スタートなら、地方空港なら15万円程度となります。
時給も中核空港で1200円なら、地方空港なら1000円、という具合に差があります。
 
羽田空港と成田空港ですが、グランドスタッフの給料には差はほとんどないようです。
羽田空港は年間7500万人が、成田空港は3400万人が利用しています。利用客数が多い分、羽田空港の方が働く人は多いです。しかしグランドスタッフの仕事内容が大きく変わるというわけではないので、給料もほぼ同程度です。

キャビンアテンダントとグランドスタッフの年収や業務の違い

キャビンアテンダントはCA、客室乗務員を指します。飛行機に乗って接客などのサービスを行ったり、保安管理を行ったりするのが仕事です。
グランドスタッフは地上の空港に勤務し、搭乗客の手続きや誘導、案内などをするのが仕事で、飛行機には乗りません。
キャビンアテンダントの平均月収は37万円で、グランドスタッフよりも10万円以上月収は高くなります。
年収も約600万円で、グランドスタッフよりも1.5倍~2倍ほど高い給料となります。
キャビンアテンダントは業務内容が多岐にわたり、サービスやコミュニケーションに関して高い能力が要求されるため、グランドスタッフよりも給料が高くなっています。
しかし、1日に何フライトも勤務したり、空の上という逃げ場のない場所で、危機的状況にも冷静に判断・行動したりしなければならないという過酷な仕事でもあります。

グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフの主な仕事は、「搭乗手続き」と「搭乗案内」の2種類です。
搭乗手続きは、チェックインカウンターにて航空券の発券・荷物の計量・受け取りなどをします。
荷物を計量した結果、基準よりも重ければ超過料金の清算を行うこともありますよ。
 
国際線で勤務する場合は偽造パスポートや偽造ビザなどを見極めなければいけないので、責任重大です。
 
搭乗案内は、その名前のとおり、お客様がどのゲートに行けばいいのかなどを案内したり、実際の搭乗の際に安全な搭乗を促したりします。
 
グランドスタッフの女性のみとしてグランドホステスがいます。
グランドホステスについては下記を参照ください。
 
グランドホステス

グランドスタッフの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グランドスタッフになるには?

グランドスタッフになるのには、特別な資格は特に必要ありません。
必須といえるのは、TOEICや英検など、高い英語力を証明できる資格。
当然、空港ですから英語で案内する場合もありますし、英語を読まなければならない場合も多々あります。
英語ができるというのは、必須スキルです。
特に、高い英語力が求められます。
 
その他、とっておいたほうが良い資格は、AXCESS実用検定。
AXCESSというのは、航空会社や旅行会社が使っているシステムのこと。
簡単に言えば、チケットを予約するための端末ですね。
グランドスタッフはこのシステムを使うことになるので、もっておくと有利になります。
 
持っていなくても、入社後に研修としてシステムを学ぶことができるので、必須と言うわけではありません。
ただ、もっと実用的に深く使いたい・完璧にマスターしたいという人にはかなりおすすめの資格です。
 
国内全般は3級から1級、国際予約は3級から1級に別れていて、試験は年に3回。
そこまで難しい資格ではないので、割と簡単に1級を取得することができます。
落ちてもまだ2回チャンスがあると思えば気が楽ですね。
 
受験対象になっているのは、実際にAXCESSを操作している人。または、専門学校や短大・大学・高校などでAXCESS操作に関する教育を受けている学生です。グランドスタッフを目指して専門学校に入っている人などは、就職前にとっておくと良いでしょう。

グランドスタッフの倍率ってどのくらい?

会社によって、明確な倍率が公開されているわけではありませんが、実際に受けたという人がネット上に書き込んでいます。
信憑性に関しては、定かではないのであくまでも参考程度にとどめておくようにしましょう。
倍率が50倍とか、100倍だったと言われた人がいるそうです。
 
ものすごい数値ですよね。
ただ、倍率というのはあくまでも後から知って驚愕するもの。
最初から意識して挑むものではありませんし、意識しても意味がありません。
「多くの応募者がいるんだなあ」と感嘆の声を漏らす程度にしておきましょう。
自分がしっかりとしたスキルを持っていて、それをしっかりとアピールできるのであれば、倍率なんて関係ありません。
能力が高い人や頑張った人が採用され、それ以外が落とされる。
どこに行っても同じの簡単な仕組みです。
 
倍率50倍や100倍という話があるからといって、それを鵜呑みにして落胆するのではなく、「ふーん、そうなんだ」と漠然と聞き流すくらいがいいですね。

グランドスタッフになるための専門学校

グランドスタッフになるための専門学校を、いくつか紹介します。
 
・キャリエールホテル旅行専門学校
京都にある専門学校で、ホテル学科・旅行学科・ブライダル学科でグランドスタッフに関係している業務を学ぶことができます。
国際文化観光都市である京都だからこそ、学べることがある。
外国人の多い街で空港業務を学べる学校です。
実際の業務に関係すること以外でも、京都に観光に来る外国人や、京都に住んでいる外国人から興味深い話をきくこともできそうですね。
 
・大阪外語専門学校
大阪にある専門学校です。
ここには、グランドスタッフ専攻のコースがあります。
「キャビアアテンダント・エアライン科」のグランドスタッフ専攻コースで学ぶことになるわけです。
英語の通訳・翻訳なども学ぶことができますし、留学なども実施しているとのことで語学を中心としてグランドスタッフに関して学ぶには良い学校と言えるでしょう。
 
・日本外国語専門学校
東京にある専門学校です。
ここでは、「キャビンアテンダント・エアライン科」のグランドスタッフ専攻コースで学ぶことができます。
ここも、大阪外語専門学校と同じで「外国語の専門学校」です。
英語を実践的に学び、問題なく空港で英会話ができる程度の英語力を身につけることができます。
世界10カ国に250校も提携大学を持っているので、留学を視野に入れているのであれば、とても充実した学校生活を送れることでしょう。
 
・国際航空専門学校
埼玉県にある専門学校です。
ここは、航空業界で活躍する人材を育成するために設立された専門学校。
グランドスタッフを目指すなら、エアロサポート科に身をおくことになります。
航空業界でのキャリアのあるベテランが、ゼロから丁寧に指導してくれるので、安心です。
実際、入学してくる人の8割ほどは普通科高校の出身で、知識ゼロから頑張っています。

グランドスタッフになるための志望動機ってどんなのがいいの?

給料解説者ぺすくん

グランドスタッフになるための志望動機ですが、自身の旅行経験を踏まえたものが良いでしょう。
「私が初めて海外旅行をしたときに、空港で働く人の笑顔がとてもまぶしく見えました。始めての海外旅行で不安な私に対して、とても丁寧な接客をしてくださったのを覚えています・・・」
以上のような感じで、「私も丁寧なサービスをしたい」などという志望動機につなげていくと良いですね。
 
また、「旅行が好き」「空港自体が好き」という人も多いでしょう。
海外旅行好きの人の中には、各地の空港を徹底的に散策しなければ気が済まないという人も大勢おられます。
そういう人たちは「こんなの志望動機にならないよなあ」と思い、うわべを取り繕う必要はありません。
空港好きの人であれば、正直に空港が好きだと述べると好印象を得ることができるようですよ。
空港が嫌いであれば、グランドスタッフの仕事をモチベーション高く続けることはできませんからね。
職場が好きであればなお良いというわけです。

グランドスタッフの口コミお給料

給料:20万円

派遣としてやってます。

給料:20万円

どうしても空港で働きたくてCAになれなかったのでこちらにしました。

グランドスタッフの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧