スタントマンの給料年収時給・手取り・仕事内容・養成学校を解説! | 給料BANK

スタントマンの給料年収時給、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > スタントマンの給料年収時給、手取り、初任給

スタントマンの給料年収や手取り額、初任給を解説!

スタントマンの給料年収を解説します。

スタントマンの平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:18~万円
    ※上記スタイルの算出が難しいため補足説明を参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

スタントマンの給料・年収補足

20代の給料:18 万円~24万円(推定)
30代の給料:24万円~45万円(推定)
40代の給料:26万円~30万円(推定)
※海外で活躍する場合は、報酬制で映画1本で1,000万単位といった場合もあります。
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~700万円(日本国内)となると予測されます。
※アクション1本あたりの報酬として支払うケースが多く、事務所のマージンと個人への報酬といった形で支払われるのが一般的なようです。
上記の年収をもらうのも不定期のため安定した仕事とはいえないため、併用して他のお仕事をしている人も多いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタントマンの仕事内容

映画、ドラマなど危険の伴う俳優の代替、及びエキストラにおいて、事故の再現や災害などの映像表現に必要とされる、専門の俳優がスタントマンです。
業界の位置づけとしては、俳優であり、体型、体格を使った表現や演技力が必要とされます。

スタントマンの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~26万円となりそうです。
参考:
階段落ちやで、3万~5万円の報酬、自転車や歩行で車にはねられるアクションでは1万~7万、高所からの飛び降りでは3万~10万などの報酬区分があるそうです。
最も高いのが、火だるまになるアクションで、全身で100万、車ごとで120万円以上のケースもあります。

スタントマンになるには?【資格】

資格は特に必要となりませんが、まず基礎体力として一定のトレーニングが必要です。
アクションスクール、養成所において専門の施設内で訓練することから始まり、防具の知識、怪我を防ぐ方法などを一様に学びます。
年齢的には20代前後から始め、30代後半までが活躍できる限界年齢のようです。
 
大学では芸術系の学科を専攻し、卒業後に養成所に入所するケースも多く、最近では女性俳優も非常に増えています。
ほとんどは、俳優やタレントと同様に芸能関係と繋がりのある専門事務所へ所属、その後事務所の営業によって仕事の依頼を経て、アクション俳優として活躍することになります。
剣道や柔道、あるいはレスリングなど、武術や新体操も加えた体育会系の修練経験が多い人などが有利とも言われています。
学歴、年齢不問ですが、ほぼ15歳~28歳までが入所資格となっています。
 
養成所、アクションスクール養成所への入所は、書類選考が多く、オーデション方式が多いです。
応募して書類選考合格後に、自費でオーディション会場へ出向き、そこで必要なテストを受けて合格して入所する形になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタントマンの求人募集はどこで探せばいい?

全国の養成所やスタントマン専門の芸能事務所で募集を行っていますが、スタートはアクション俳優専門の養成所で訓練をし、そこでそのまま俳優として所属するパターンが多いです。
アクション俳優事務所へ直接雇用されるというより、養成所から徐々にステップアップして、営業で仕事の多い事務所へ転職するといったことが一般的でしょう。

スタントマンを育てる学校ってあるの?

全国に大小様々な民間の養成所、アクションスクールが存在し、各養成所の所有機材やコーチのアクション俳優としての経験値次第で、活躍できる幅が異なるようです。
有名なところでは、株式会社オフィスワイルド、株式会社ジャパンアクションエンタプライズなどなどがあり、養成所、養成コースで訓練し、そのまま所属俳優となることが多いようです。
養成所では、マット基礎訓練、時代殺陣、現代殺陣、中国武術、ジャズダンス、一般的な総合武術、ジャズダンス、俳優演技、スタント基礎訓練などを行います。
大きな施設では、スキューバダイビング訓練、乗馬合宿などもありますね。
一般的に、俳優といった立場なので、芸能関係事務所によく似た事務所所属の俳優といった感じのようです。

スタントマンの仕事の面白さ・向いてる性格

スタントマンの仕事の面白さとしては、アクションをすることにあります。
危険と隣り合わせの派手なアクションというのは、見るものを魅了しますが、成功したときには自分も嬉しいものです。
また、顔は見えずとも映画に出演したりといった経験ができるのも、この仕事の面白さですね。
訓練された人間にしかできないようなことをやっている。
自分にしかできない仕事をしているというやりがいもあります。
 
向いているのは、常に冷静な思考ができる人です。
危険なアクションをしているので、常に冷静に状況判断をしなければなりません。
スーツアクターや殺陣は台本があり、相手とタイミング調整をはかりながらやります。
一見あまり危険でないように見えますが、タイミングがずれると危険なものです。
カースタントは特に危険で、間違えると車が火に包まれてしまったり、車が転倒してしまいかねません。
常に冷静でなければ、この仕事は勤まらないのです。

スタントマン養成事務所

スタントマンの養成事務所を、いくつか紹介します。
 
・WILD STUNTSの育成スクール
 
器械体操をベースとして、受身・身体の柔軟性のトレーニングから始まります。
まずは身体作りをしっかり行ってから、基本スタントのアクションについて学ぶことができますよ。
ゆっくり、じっくりと学ぶことができますし、スタントマンを抱えている事務所でもあるため、スクール卒業後もある程度は安心です。
機材も多く持っており、おすすめできます。
 
・ジャパンアクションエンタープライズ
1年で週に4回の稽古を行っています。
スタントマンに限らず、アクション俳優や俳優についても募集しているようです。
卒業公園として、アクションを交えた演劇も行うようなので、とても充実したスクール生活を送ることができるのではないでしょうか。
マット運動から時代殺陣に現代殺陣・中国武術や少林寺拳法に演技・各種スタントの基礎を学ぶことができますよ。
 
・スタントチームGocoo
15歳以上25歳以下であれば、通うことができます。
アクション練習は週に3回あり、スクールに通うのにも一次試験と二次試験があるのです。
ここはスクールを卒業してから、スタントチームGocooの一員として働くことができるようになっています。
そのため、通うのにも選考を受けなければならないということです。

スタントマンのアルバイトはだいたい時給だとどのくらい?

給料解説者ぺすくん

スタントマンのバイトはとても貴重で、データが少ないのですが、時給ではなく日給表記のところが多いです。
バイトというのがどこまでの範囲なのかは定かではないですが、スタントマンは基本一時的な依頼をこなして生活をしています。
スタントマンの仕事を基本的に「エキストラのバイト」と考えた場合、スタントマンは最低でも日に二万円程度はもらっているようです。
こなすスタントによって値段が変わるため、一概に述べることはできませんが、最低でも、二、三万円はもらえるでしょう。
 
一流になり、単価の高いスタントをこなすようになると200万円程度だそうです。
スタントマンの報酬を時給換算すると、時給1万円から10万円程度が一般的なスタントマンの時給だと考えられます。

有名スタントマンって日本だとどんな人?

給料解説者ぺすくん

映画プロデューサーやデレビプロデューサーとしても活躍した、高橋昌志などは、「大霊界2」や「極道の妻たち」などで活躍した有名なスタントマンです。
女性では、空手家で有名な武田梨奈、両親がスタント俳優、柴原孝典で知られる柴原咲季華などが有名ですね。
他には、仮面ライダーシリーズで多数出演している、浅井宏輔、石井靖見(いしいやすあき)、アクション界のアカデミー賞ともいわれる国際映画賞で、ベスト・ハイワーク部門最優秀賞を日本人初受賞した南 博男などが有名です。
全体では100名近く国内には従事しており、映画、ドラマで活躍しています。

スタントマンの口コミお給料

給料:0万円

学校に今通っていますアルバイトしながらです。

給料:15万円

月に2回ほど簡単なスタントをしました。かなりお給料が変動するので他の仕事と併用しています

スタントマンの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧