プロボウラーの給料・手取り・仕事内容・ランキングを解説! | 給料BANK

プロボウラーの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > プロボウラーの給料、手取り、初任給

プロボウラーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

プロボウラーの給料年収を解説します。

プロボウラーの平均給料・給与

  • 35万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:10~万円
    ※補足参照  賞金などが収入に直結するので年代での平均算出は難しいです

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

プロボウラーの給料・年収補足

20代の給料:10万円~35万円(推定)
30代の給料:20万円~40万円(推定)
40代の給料:15万円~40万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~400万円となると予測されます。
 
大会での優勝賞金が稼ぎにつながるという特性があるので、年をとると稼ぎが少なくなるようです。
それでも平均年収以上稼いでいる人は、元プロボウラーとしてテレビや雑誌に出たり、イベントに出演したり、本を出したりして得たギャラや印税収入によるものも大きいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロボウラーの仕事内容

公益財団法人日本プロボウリング協会認定のプロとして、大会に出場。
大会を正々堂々戦い抜き、優勝をめざします。
収入はほとんどがその優勝賞金。
実力勝負の世界です。
 
仕事内容は大会に出るだけではありません。
時にはイベントを通じてボウリングというスポーツの普及活動などの仕事もあります。
個人的に大会出場して成績を残すことと、日本プロボウリング協会に認められている一員として日本プロボウリングの世界を世の中に広めること。
それら二つが主な仕事内容になります。

プロボウラーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
10万円~40万円となりそうです。

プロボウラーになるには?【資格】

プロボウラーになるには、公益財団法人日本プロボウリング協会が主催している「プロテスト」に合格しなければいけません。
試験の受験資格は、16歳以上です。
当日に16歳というのではだめで、プロテスト開催日の前日までに16歳の誕生日を迎えていなければなりません。
 
また、日本プロボウリング協会に5年以上在籍しているプロボウラーから推薦をもらうことも必要。
全国のボウリング場・アマチュア団体の公認アベレージにて、130ゲーム以上を年間でこなしている必要もあります。
かなり厳しいですね。
男子だと190アベレージ、女子だと180アベレージを有していることも、受験資格になっています。
 
その試験に合格をして、プロボウラーとしての資格を与えられてはじめて、プロボウラーになることができるわけです。
そのためには相当な場数を踏み、相当な練習に裏付けられた実力が必要というわけですね。
 
プロボウラーになるために必要なのは、練習を積み重ねる努力。
好きなことになら遺憾なく力を発揮できる精神力。
ボウリングのためなら他の事を犠牲にできるほどの覚悟。
それらが必要だといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界プロボウラーでトップクラスだとどのくらいの年収になるの?

世界クラスのプロボウラーともなると、年収は数千万円くらいになりますね。
アメリカの大会だと、優勝賞金が数千万円になることがあります。
1億円以上を稼ぐ人もいるほどです。
世界の舞台に立つと、途端に競争率が上がります。
 
ボウリングは日本だと人口が少ないのですが、アメリカのボウラー人口はかなり多いです。
そのため勝つのも難しくなるので一概にはいえませんが、その分賞金が高いので、トップクラスの世界プロボウラーだと年収が1億を超えます。
 
実力社会であるが故に、トップクラスの年収には夢がありますよね。

女子・男子プロボウラーランキング(国内)

本プロボウリング協会のホームページにて、前年度のポイントランキングが載っています。
そのプロボウラーポイントランキングを男女別で紹介していきましょう。
 
まずは男子から。
10位:川添奨太。
ABS所属の選手で、780ポイントでした。
9位:矢島純一。
サンプラザ/(株)LTB/ABS所属で、844ポイント獲得。
8位:藤井信人。
(株)イースタンスポーツ所属で、917ポイント。
 
7位:酒井武雄。
(株)アクロス所属で、957ポイント。
6位:糸山賀津人。
アートプリントAi所属で、1050ポイント。
5位:坂田重徳。
ラウンドワン&アサヒボウリングサービス所属で、1197ポイント。
 
4位:田形研吾。
ラウンドワン所属で、1357ポイント。
3位:斉藤茂雄。
(株)グランドボウル所属で、1471ポイント。
2位:原だ招雄。
所属なしのフリーで、1540ポイント。
 
1位:渡邉 航明。
四つ木イーグルボウル所属で、1768ポイント。
 
女子のポイントランキングを紹介します。
 
10位:平野志帆。
ストライカーズSAIOSBowl所属で、729ポイント。
9位:佐藤まさみ。
ダイトースターレーン所属で、760ポイント。
8位:愛甲恵子。
所属なしのフリーで、768ポイント。
 
7位:近藤文美。
ダイタースターレーン/ハイ・スポーツ社所属で、840ポイント。
6位:時本美津子。
相模原パークレーンズ所属で、888ポイント。
5位:阿部聖水。
ココレーン/ハイ・スポーツ社所属で、950ポイント。
 
4位:松永裕美。
アメリカンボウリングサービス所属で、997ポイント。
3位:鶴居亜南。
(株)グッドウィン/ABS所属で、1143ポイント。
2位:名和秋。
相模原パークレーンズ所属で、1233ポイント。
 
1位:姫路麗。
フタバボウル所属で、2502ポイントでした。

プロボウラーのテストってどういうテストなの?

給料解説者ぺすくん

試験の内容については、第1次試験が実技試験、第2次試験も実技、第3次試験が筆記試験と面接や身体検査になっています。
ちなみに、1次試験の実技は、4日間かけて行われ、男子は1日に15ゲーム、女子は12ゲームこなしますよ。
ものすごいハードスケジュールですよね。
しかも、2日目までの間で男子だと190ピンのアベレージ、女子だと180ピンのアベレージを下回っているとその次点で受験資格を失ってしまいます。
 
男子200アベレージ、女子190アベレージ以上を得ると1次試験合格、2次試験に進みます。
2次試験は男子60ゲーム、女子48ゲームで2日間で行われる。
合格ラインは、男子200アベレージ、女子190アベレージ以上です。
 
筆記は、100点満点で、6割以上が合格ライン。
その次の面接や身体検査すべてをパスした人のみが、プロボウラーの資格を与えられるというわけです。

プロボウラーの口コミお給料

給料:20万円

かなり大変な仕事ですがやりがいがありますよ。普通の仕事もしている人もいます

給料:30万円

地方のプロボウラーです。

プロボウラーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧