ダンサーの給料年収や求人募集、ダンサーの種類や養成学校を解説! | 給料BANK

ダンサーの給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > ダンサーの給料年収・求人募集を解説!

ダンサーの給料・年収や手取り額を解説!

ダンサーの給料・年収を解説します。

ダンサー_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンサーの平均給料・給与

  • 26万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:23万円
  • 初任給:10~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ダンサーの給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:20万円~35万円(推定)
40代の給料:20万円~25万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~450万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:20万円~40万円(月収)
東京の求人調査結果:19万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:17万円~25万円(月収)
福岡の求人調査結果:19万円~40万円(月収)
 
ダンスの種類や職種により給料の差がかなり出る職業がダンサーです。

ダンサー画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダンサーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~25万円となりそうです。

ダンサーの仕事内容

ダンサーの仕事は、さまざまなところに転がっています。
仕事内容は「踊ること」です。
テレビや映画・コンサート・ミュージカル・舞台に遊園地・ダンススクール・・・。
様々な場所でダンサーの仕事があります。
テレビや映画・コンサート・ミュージカル・舞台などは、ダンサーの仕事の中でも花形なイメージがあるでしょうか。
遊園地のダンサーといえば、ディズニーランドのキャストさんなどが思い浮かびますね。
他にも、遊園地でショーを行っているところには必ずダンサーがいます。
 
他にも、バーなどでダンスを披露する人もいますね。

ダンサーの仕事の面白さ・向いてる性格

ダンサーの仕事の面白さは、好きなことができるところにあります。
好きなダンスでお金を得ることができるというのは、とても面白く、やりがいになることです。
しかもダンサーは、時給や日給が高く、年収もそれなりに高くなっています。
それもまた、面白さであり、やりがいですね。
 
向いているのは、我慢強い性格の人です。
ダンサーというのは、体作りが大切になってきます。
体が資本であり、仕事道具です。
仕事道具をいつでも使える状態にしておかなければ、仕事が勤まりません。
いつでも万全な状態にしておくためには、時として多くの我慢が必要でしょう。
食べたいものがあっても、太るからと我慢。
面倒だと思ってもトレーニングを続ける。
さまざまな忍耐が必要になります。

ダンサーになるには? 【資格】

ダンサーになるのに、決まりきったルートというものはありません。
さまざまな道が考えられます。
ダンスを学んで、どこかの会社に雇われて働く人もいれば、、コンテストやオーディションで役を取る人もいるのです。
決まりきった道はありませんが、どの道を辿るのでも、それ相応の苦労が必要となります。
 
簡単な仕事では無いですからね。
ダンサーになるには、とにかくトレーニングや練習を欠かさないこと。
体調管理をしっかりとしておくこと、表現方法やスタイルを常に学び続けること。
そういった、常に上を向いている姿勢というのが大切になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダンサーの求人募集の見つけ方 

ダンサーの求人は、さまざまなところで見つけることができます。
例えば、カフェやバーのステージで踊るダンサーであれば、一般の求人サイトでも見つかるでしょう。
ダンススクールのインストラクターの仕事も、そういったところで見つけることができます。
都道府県名と一緒に検索すると、なお見つけやすいですね。
 
オーディションなどについては、ダンサーのオーディションについてネットで調べるのが良いでしょう。
それぞれ、受けてみたいオーディションがあるはずです。
ダンサーのオーディション情報を掲載しているサイトや、ダンサーのオーディション情報を検索できるサイトがあるので、そちらから探すのもアリですね。

ダンサーの種類ってどんなのがあるの?

ダンサーと一口で言っても、その種類は様々です。
たとえば、テーマパークダンサー。
テーマパークでダンスをして観客を楽しませる、ディズニーのキャストのような仕事です。
他にも、クラブダンサーやショーダンサーがあります。
これは、クラブのイベントで会場の雰囲気を盛り上げるための仕事です。
クラブは観客と野距離も近く、会場全体で臨場感を味わいながら踊ることができます。
 
また、テレビなどに映ることがあるのが、バックダンサー。
これはアーティストの楽曲に合わせてダンスをする人たちのことですね。
歌とダンスを一体化したパフォーマンスを行います。
 
歌とダンスが一体化ということであれば、ミュージカルダンサーの挙げなければならないでしょう。
ミュージカルでダンスをする人たちのことです。
ミュージカルでは役を演じたり、バックで踊ったりしますが、ミュージカルダンサーは、主にバックで踊る人たちのことを指します。
役を演じる人は、ミュージカル俳優などと言われたりしますね。
 
また、社交ダンスを行う社交ダンサーもいます。
社交ダンサーは、競技としても親しまれているのです。
ワルツやタンゴなど、さまざまな種類の曲で社交ダンスを踊り、大会優勝を目指します。

ダンサーになるための学校

給料解説者ぺすくん

ダンスを学べる学校・・・ダンススクールをいくつか紹介します。
 
・エイベックスアーティストアカデミー
ダンスコースにて、ダンサーを目指すことができます。
ご存知エイベックスの学校で、JSDA公認のダンスプログラムが用意されているようです。
世界最大のダンスイベントへの出演のチャンスもあったりと、世界に羽ばたくチャンスが随所に用意されています。
エイベックスというネームバリューもあり、おすすめできる学校です。
無料体験レッスンや説明会もあるので、まずはためしに参加してみるのも良いでしょう。
 
・東京ステップアーツ
専門学校は学費が高いですが、ここは比較的安いです。
さらに、レッスンのクオリティも高いと評判で、ダンスの経験が無いけど興味があるという人でも安心して入ることができます。
技術力やセンスなどを総合的に勉強することができ、先生の教え方もうまいのだそう。
子供から大人まで、幅広い人が参加できます。
 
・日本工学院
プロダンサーのSAMが総合的にプロデュースしているダンスの専門学校です。
名前からして、ダンス専門学校な印象は受けませんが、しっかりとダンスを教えてくれます。
ダンスヴォーカル専攻・バックダンサー専攻・ミュージカルダンサー専攻など、希望進路に応じて様々な専攻が用意されているのが魅力です。
基本からプロとして必要な知識・技術・能力まで、幅広く学ぶことができますよ。

ダンサーの口コミお給料

給料:30万円

ショーパブで踊ってます。接客も含めて30万です。でもバイトです。

給料:40万円

社交ダンスのインストラクター。売り上げは60~70です。

ダンサーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧