イラストレーター(絵師)の給料年収や手取り・求人募集や有名絵師を解説! | 給料BANK

イラストレーター(絵師)の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > イラストレーター(絵師)の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

イラストレーター(絵師)の給料・年収や手取り額を解説!

イラストレーター(絵師)の給料・年収を解説します。

eshi_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストレーター(絵師)の平均給料・給与

  • 15万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:15万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:5~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

イラストレーター(絵師)の給料・年収補足

20代の給料:5万円~20万円(推定)
30代の給料:10万円~20万円(推定)
40代の給料:15万円~25万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~300万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:10万円~20万円(月収)
東京の求人調査結果:10万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:10万円~22万円(月収)
福岡の求人調査結果:10万円~50万円(月収)

イラストレーター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イラストレーター(絵師)の仕事内容

イラストレーターの仕事は、職場によって様々ですが、いずれにせよ「絵を描く」仕事です。
イメージしやすいのは、ゲームやアニメ業界などに所属しているイラストレーターでしょうか。
彼らはデザイナーを兼ねていることがほとんどですね。
最近ではLINEスタンプの需要が高まってきていて、LINEスタンプのイラストレーターを募集している会社もあります。
 
どんな会社でも、最近では広報でイラストレーターを使っていることが多いでしょう。
雑誌や宣伝ポスター・自社サイトに掲載するイラストなど、イラストレーターの仕事はたくさんあります。
ただ、一人で複数メディア担当するというのが一般的です。

イラストレーター(絵師)の仕事の面白さ・向いてる性格

この仕事は、モチベーションを保ち続けることができれば、とても面白い仕事となります。
イラストを描ける人は多くても、イラストをプロとして描ける人材は意外と多くありません。
社内でとなると、とても少ないでしょう。
そのため、やりがいを感じながらできる仕事です。
それも面白さですが、「どうにかして一発OKを出してやろう」と考えながら仕事をするのも面白さになっているようです。
 
この仕事は、注文されたものを描く仕事であり、自分では完璧だと思ったとしても、OKが出るとは限りません。
これならOKが出るか、これなら喜んでもらえるかと相手のことを考えながら仕事をすると、また深い面白さを体感することができるようですよ。
向いているのは、とにかく誠実な性格な人です。
自分で完璧だと思ったイラストで「やりなおし」と言われた際の対応が重要になります。
「だめなのかよ」と悪態をつきたくなる気持ちを抑えて、口にも絵にも態度を出さないことが大切なのです。
 
自分の絵に自信を持ちすぎている人は、あまり向いていないかもしれませんね。

イラストレーター(絵師)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
7万円~12万円となりそうです。

イラストレーター(絵師)になるには?

イラストレーターになることであれば、誰にでもできます。
フリーランスだったら、名乗ってしまえばイラストレーターです。
問題になるのは、「イラストレーターとして仕事をする」ということですね。
 
これは、イラストレーターを募集している会社に応募すると解決します。
やはり正社員が最も安定していますね。
ただし、そういった場合、ほとんどが広報用イラストだったり、華々しいイメージとは離れてしまうかもしれません。
その場合は、ポートフォリオとして自分がデザインしたイラストなどを掲載したサイトを用意しておくと良いでしょう。
サイトだけでなく、アナログの資料としても持っておくと良いです。
 
イラストレーター志望の人は、社内広報などではなく、フリーランスでイラストレーターになろうという人が、おそらく多いでしょう。
フリーランスでイラストレーターとして仕事をするのであれば、まずは営業をしなければなりません。
 
営業をするためには、まずは自分の絵の特徴を理解しましょう。
そして、その絵はどんなメディアに向いているのかなどを考えるのです。
アニメチックな絵柄なのか、可愛らしい子供受けしそうな絵柄なのか。
絵柄で回ってくる仕事も違います。
そうやっていくうちに、どのように営業をかけるべきかが、わかるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イラストレーター(絵師)の求人募集はどのように見つけるの?未経験も多いの?

会社の正社員・バイト求人は、求人サイトで「イラストレーター」と検索するとヒットします。
ただ、イラストレーター(ソフトウェア)と間違えないようにしましょう。
「イラストレーター募集」ではなく、「イラストレーターを使える人材募集」というのが多いです。
 
フリーランスとして案件を探すということであれば、まずはクラウドソーシング系のサイトを使ってみましょう。
クワウドワークスやSOHOじんざい市場など、できるだけ大きいサイトがいいですね。
サイト利用料などが取られる場合もありますが、まずは実績作りと割り切りましょう。
比較的簡単な案件からやっていきます。
実績を作ってポートフォリオを充実させてからが、本番です。
 
一番良いのは、イラストレーターとしてのホームページを持ち、SNSなどで営業をかけることですね。

フリーランスのイラストレーターで有名な人は?

フリーランスのイラストレーターで有名な人といえば、まずは岡田丈ですね。
大阪生まれのイラストレーターで、専門学校神戸デザイナー学院を卒業し、Webデザインプロダクションに就職し、1年で退職。
その後は山本重也に教えを請い、その翌年にフリーのイラストレーターとして活動を開始しました。
どんなイラストを描いているのかというと、ビジネス書でよく見かける、シンプルなタッチのアメリカンなサラリーマンなどです。
ビジネス書を手に取った人であれば、一度は見たことがあるのではないでしょうか。
たとえば幻冬舎の「とっさのサラリーマン英語」のカバーや中面のイラストなどです。
 
あとは、日本人的には少しイメージしづらいでしょうが、ニューヨークを拠点としているアンドレア・ツルミなどが有名。
アンドレアさんのクライアントは『The New York Times』などがあります。
一度は名前を聞いたりすることがあるでしょう。
ニューヨークの新聞で、日本でも読むことができます。
 
それ以外で有名な人は
・岸田メル氏
・吉田明彦氏
・redjuice氏
・小玉有起氏
・石渡 太輔氏
・ざいん氏
などなどです。

イラストレーターで年収1000万円行くには?

給料解説者ぺすくん

イラストレーターで年収1000万円に到達するのは、とても難しいです。
平均が200万円から300万円、経験5年未満だと100万円未満ということもあります。
2006年と古いアンケートですが、20代・30代の5年未満のイラストレーターの半数以上が100万円未満または200万円未満としていたのです。
有名企業と取引をしたり、マスコットキャラクターのデザインを任された場合には、使用料・グッズ販売などで稼ぐことができます。
 
そしてそのキャラクターの人気が出てグッズが売れれば・・・年収1000万円以上も無理ではありません。
そこまでのレベルに到達するのが、難しいのですが。

イラストレーター(絵師)の口コミお給料

給料:10万円

ソシャゲのイラスト描いてます。

給料:60万円

ソシャゲの専属でイラスト描いており一つの仕事で30~60ぐらいもらうことができます。

イラストレーター(絵師)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

近年はソシャゲ需要で年収は上がった。フリー経験5年未満で300~500くらい。
だが、ソシャゲ業界に陰りがあるので、今後は厳しいと思う。

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧