おでん屋【屋台】の給料年収や屋台を持つ費用を解説! | 給料BANK

おでん屋【屋台】の給料年収時給・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > おでん屋【屋台】の給料年収時給・求人募集を解説!

おでん屋【屋台】の給料・年収や手取り額を解説!

おでん屋【屋台】の給料・年収を解説します。

oden_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おでん屋【屋台】の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:24万円
  • 初任給:15~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

おでん屋【屋台】の給料・年収補足

20代の給料:15万円~40万円(推定)
30代の給料:15万円~40万円(推定)
40代の給料:15万円~40万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~300万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
データがないため一日に最低でも必須売り上げ25,000円×20営業日として算出すると
売り上げ:50万円
屋台リース代(返済代)月△16万・材料費 月△10万
売り上げから経費を差し引いて24万円

最低24万円~売り上げがいいところで40万ぐらいのお給料になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おでん屋の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~20万円となりそうです。

おでん屋の仕事内容

屋台のおでん屋の仕事は、屋台でおでんを売ることです。
許可されている場所で屋台を構え、屋台の前にイスを何個か設置し、そこでおでんを食べられるようにします。
そうしておでんを作り、お客さんに食べさせるのがおでんの屋台の仕事です。
よく「夏場は何をしているのか」ということが話題になるようなのですが、たいていは年中おでん屋はおでんを売っています。
ラーメン屋が年中ラーメンを売っているように、おでん屋はおでんを売るものです。
 
ただ、中には季節によって売り物を変えるようなところもあるようです。

おでん屋の仕事の面白さ・向いてる性格

屋台おでん屋の仕事の面白さというのは、屋台というお店の形態にあります。
屋台で何かを売るということは、最近では少なくなってしまいました。
豆腐屋も焼き芋屋もわらび餅も、屋台営業しているところは貴重です。
そんな中屋台を構えていると、それだけで注目を浴びることでしょう。
自分にも、誇りが持てるかもしれません。
 
また、おでんが好きな人であれば、おでん屋というだけで面白いものでしょう。
 
向いているのは、おでんが好きな人。
また、寒さや暑さに強い人も向いているかもしれませんね。

おでん屋になるには? 【資格】

屋台おでん屋になるには、資格よりも許可が必要です。
まずは食品衛生法に基づいた、保健所の営業許可ですね。
これは飲食店を営むということであれば、必ず必要な許可となっています。
屋台の場合も店舗を構える場合も必要です。
 
次に、屋台は警察署の道路使用許可が必要となっています。
これは道路交通法に基づいているもので、これがなければ屋台を路上で構えることができません。
最近では、深夜の騒音問題や衛生問題・交通の問題などで、許可を出さない方針のところが多いです。
そのため、近年屋台は少なくなっていっています。
 
特別な資格が必要なわけではないのですが、各種公共団体の許可が取れないということで、ハードルが高い仕事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

屋台を持つのにどのくらいの費用がかかるの?

まずは、おでんの屋台が必要ですね。
おでんの屋台についてはリヤカーを改造しているものが多いようです。
たこ焼き屋やパン屋・ソフトクリーム屋などは職員移動販売車を使っているところが多いですが、おでん屋はその場で食べるという特性から、引車を利用しています。
 
車の取得費だけでで50万円から150万円程度かかるでしょう。
これは、リヤカーを使用するのか移動販売車を利用するのかなどで変わります。
それでも店舗を構えることを考えると安いものですよね。
そこから改造をするなら改造費用がかかります。
おでん屋台用のリヤカーを購入するということであれば、この改造費用はかかりません。
 
調理器具など設備を整えるのに、5万円から30万円程度はかかると考えても、屋台を持つのには55万円から180万円以上かかるということですね。

屋台おでん屋が多い地域【東京・大阪】

おでんと言えば、東京下町の食べ物といったイメージがあるかと思います。
東京でおでん屋台が多いのは、上野周辺のようです。
多いといっても、おでん屋台があるところ自体が珍しいため、それほど数が多いわけではありません。
しかし、おでん屋台についてのクチコミを見ていると、上野で見かけたという声が大きいです。
そのため、おそらく上野周辺には比較的おでんの屋台が多いのではないかと思います。
 
完全な屋台でなくても、お店に屋台席があるおでん屋もありますよ。
これは店内に屋台を設けているというようなところです。
おでん屋台というノスタルジーを捨てきらず、店舗の中に屋台を置いているわけですね。
例えば、「おでん二代目松田」(登校と品川区中延4-17-2)などが屋台席のあるおでん屋になります。
 
他にも、おでん屋四谷店(東京都新宿区四谷1-4-2)などもありますよ。
 
大阪といえば、かつてはおでんの屋台が多くあったのですが、今ではほとんど見られません。
高槻には、週末だけ営業するおでん屋台「てっちゃんのおでん屋台」があるようですが、今もあるのかは定かではありません。
高槻に住んでいても知らなかったと述べているブログがあるのですが、そのブログも2009年のもの。
探してみる価値はあるでしょうが、確実とは言えません。
 
大阪には、屋台とは違いますが、吹きさらしでドアも無い大衆酒場のようなところが多くあります。
屋台に近い雰囲気で食べることができるので、そういったところもおすすめです。
中でも新福島にある「花くじら本店」が良いでしょう。

おそまつさんのちびたのハイブリッドおでん屋ってどのくらい売上出てるの?

人気アニメ『おそまつさん』に登場するチビ太のハイブリッドおでん屋。
屋台で営業している昔ながらのおでん屋といったお店ですが、アニメの中の描写から「売上」を考察してみましょう。
住んでいる場所、活動エリア、家賃などから推定してみました。

おでん屋屋台ちび太オマージュ画像イラスト1

【活動場所】
アニメの中では色々なロケーションが出てきます。その中で場所【おそ松さんの聖地】の考察をしたサイトがありそこを参考にすると、

・恋するジュウシマツでジュウシマツが彼女に振られた場所は「井之頭公園」
・トド松トッティーが働いていた聖地は「スタバ 表参道B-SIDE店」
・釣り掘りは「市ヶ谷フィッシュセンター」
 
とおそ松さんの設定では東京都内と推測されます。
 
また、第10話「イヤミちび太のレンタル彼女」の回では吉祥寺プラザが使われたり、他の回でも吉祥寺がロケーションとなっていることが多いです。
(参考:アニメ「おそ松さん」の聖地を巡礼!
 
そのためちび太は移動屋台を運搬することを考えても、吉祥寺あたりに住んでいるのではないでしょうか。(蒲田説もあるようです。)
そこから吉祥寺での1ルームの部屋の平均家賃を調べてみると、7万円となっておりました。(HOMES調べ)
 
7万円の家賃で十分な生活をする場合は、家賃の4倍で28万円。
 
安定した生活だと、28万円の月収が必要となりそうです。
 
上記の計算で月収28万円を稼ぐには、リース代などを含めてだいたい54万円の売り上げが必要になります。
 
しかし、おそ松さんたちにかなりのツケを払わせられているよう。
おそ松さんたち(6人)が週に一回来るとしたら、
6人×2000円(客単価)=12000円
12000円×月4回=48000円

 
またイヤミに週2,3回。月8回ぐらいのお恵みを与えてるとすれば
2000円×月8回=16000円。
 
54万円-48000円-16000円=47万6000円
上記から計算してみるとハイブリッドおでん屋の売上はだいたい
47万円ぐらいとなる結果になりました。
※月収は21万円でした。

引用:Msk-Mtnのブログ

ちなみにこれは、いつも屋台を構えてる場所。
この裏にでてくる団地は、吉祥寺付近の団地というと、三鷹台団地、柳沢団地、武蔵野緑町パークタウンあたりが濃厚?
※ちびたの屋台はどぶ川沿いに構えられているのですがそれは見つけれませんでした。
 
吉祥寺は都内で住みたい街ナンバーワンであり、ライバルもいないことから、屋台にとってはチャンスなのかもしれません。
ちなみに実際に吉祥寺にあるのかどうか調べてみたところ
吉祥寺で活躍する屋台たち ’11というのに掲載されておりましたが、古い情報のため現在はあるかどうかわかりませんでした。

おでん屋【屋台】の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧