ビール醸造家の給料・手取り・初任給、なるには?を解説! | 給料BANK

ビール醸造家の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > ビール醸造家の給料、手取り、初任給

ビール醸造家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ビール醸造家の給料年収を解説します。

ビール醸造家の平均給料・給与

  • 25.3万円
  • 20代の給料:23万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:18~万円
    企業により差があります

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ビール醸造家の給料・年収補足

20代の給料:18万円~24万円
30代の給料:20万円~30万円
40代の給料:25万円~35万円
 
求人を見てみると
年収320万円/21歳
年収420万円/35歳
年収380万円/30歳
 
Far Yeast Brewing株式会社では、固定給制、月給25万円~35万円
サッポロビール株式会社醸造担当が年収300万~450万円
となっておりました。

ビール醸造家の仕事内容

日本においては、酒税法改正により小ロット製造のビールメーカーに勤務する、ビール専門の醸造技士がビール醸造家ということになります。
歴史は平成6年から、北海道で地ビールが初出荷されています。
メーカーの場合は、海外の有名なブルワリーで修行及び、経験を積んだ人が多く、クラフトビールをリリースする、キリンビールなどが、自社内で醸造家を雇用しています。

ビール醸造家の給料手取り

20代くらいでは、平均年収300万以下が多いため、手取りでは全体で26万円前後、20代では18万程度、30代で一般サラリーマンよりも少し下がるくらいです。
地方のブルワリーの求人では、22万円くらいを支給する場合があるので、19万円くらいの手取り額を見ることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビール醸造家になるには?【免許資格】

世界中で最もビールの種類が多い、ドイツの醸造所を目指して、ドイツ語の勉強を国内ブルワリー(麦酒醸造所)で働きながらしている方が多いです。
多くは、酒税法があるために、会社組織として法人化した中小国内ブルワリーで、基本は雑用から始め、仕事を徐々に覚えてから、醸造について学ぶのが多いそうです。

ビール醸造家の求人の探し方

製造や出荷作業で、最近では全国地ビール製造所で多くの求人を募集しています。
小規模ブルワリーでは雑用から始めるなど、職種にこだわらないなら求人は随時です。
コエドブルワリーなどは、ビールの製造職人として、具体的な修行をできる求人としては、国内で最も信頼できるかもしれませんね。
地ビールの製品に記載のある、醸造所の住所でネット検索し、社名で募集を探す方法も有効です。

新卒採用もありますが、採用人数が非常に少ないため、求人がある時にエントリーすることが必要です。
正社員が殆どで、賞与や待遇は、一般企業並に整備されているところが多いです。
条件は、要普通免許、経験職歴は問わないというのが一般的です。
新卒は、かなり歓迎されている状況ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビール醸造家は日本だとどういう企業が有名なの?

給料解説者ぺすくん

有名メーカーとしては、近年、”サラリーマン醸造家”として、キリンビールがクラフトビール製造で蒲生徹氏などが有名です。
本格的なピルスナービールとして、大手コンビニエンスでも取り扱うほど、知名度があります。
地ビールでは、日本第一号として、エチゴビールがクラフトビールの製造で、一躍有名になりました。
近年では、COEDOビールが、ビール職人として雇用を生み出しています。
他には、軽井沢で本格的なエールビールを生み出す、よなよなビールで一躍有名企業となった、株式会社ヤッホーブルーイングなどがありますね。

ビール醸造家の口コミお給料

給料:20万円

醸造家というよりは正社員として働いています。

給料:35万円

日本の大手で働いていますクラフトビール醸造しています。世界ビール旅行をしたいです

ビール醸造家の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧