陶芸家の給料や手取り、人間国宝の年収を徹底解説! | 給料BANK

陶芸家の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > 陶芸家の給料、手取り、初任給

陶芸家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

陶芸家の給料年収を解説します。

陶芸家の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:27万円
  • 初任給:0万円
    陶芸教室なら、初任給は月額15万前後の収入

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

陶芸家の給料補足

20代の給料:5~20万円(推定)
30代の給料:5~20万円前後(推定)
40代の給料:25~30万円(推定)

陶芸家の仕事内容

陶芸家の多くは、陶芸教室やイベント、生活用品などの販売で生計を立てています。
陶芸用の窯は、電気窯が多く、登り窯、及び自分で作る場合は、窯元出ないと無理です。
地方の名産品を作ってる窯元で修行し、独立するタイプと、美術系大学を卒業後、資金を得て陶芸教室を経営するなどの道があります。
有名陶芸家となるには、美術会派に属す必要があり、東京都、地方の公募、会派の公募や定期発表会に作品を提出し続ける必要があります。

陶芸家の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
4~18万円前後となりそうです。

昔のように、陶芸教室はそれほど高齢者が集まらなくなっているので、経営自体は苦しいようです。
地方の名産窯元であれば、生活用の器を小売して、生計を立てますが、土産物などでは、季節によっては、ほぼ無収入になりますので、全体の年収は非常に低い職業です。

陶芸家の人間国宝クラスはどのくらいの年収や給料なの?

人間国宝クラスになると、ほぼ間違いなく、地方の土地で土が採取できる山などを購入している資産家などが、長い間時間をかけて、登り窯などで研究を重ね、会派の選抜を受けて数々の賞を受け、それが報酬のほぼ全額になると思われます。
賞金は50万~300万など、幅が様々で、茶道、華道など、家元と交流があれば、年収は1,500万~3,000万円ほどにはなるでしょう。
ただし、光熱費、薪代、ガス代、電気代など、出費も多く、多くは浪費の方が収入を上回ることが多いそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陶芸家として有名になるには?

陶芸家として名前を知られるには、ただ単純に公募展に応募するだけでは、無名のまま生涯を終えることになります。
日本特有の芸術である陶芸は、まず古代からの上流伝統芸能、能や華道、茶道などの家元と交流がなければ、まず作品の評価は受けることがありません。
従って、親族、あるいは自分の家庭が、それら伝統芸術、特に茶道などと関係していなければ、その作品が世に出ることは無いでしょう。
国際的評価に関しては、西洋には日本特有の芸術に対する認識が、それほどまだ広く無い為、先ずは国内の大きな会派に、審査員、会派の役員などになるのが近道です。
陶芸家としては、40代でも若手になる世界ですので、少なくともその会派、独立しているのなら、茶道や華道の家元などに、数十年のお付き合いがあることなどが重要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陶芸家について!

給料解説者ぴっくん

陶芸家は最近はモダンチックなものも作るためかなり作品が幅広くなっているなのだ。
アートの世界なので色々な意見がありますが、やはりすごいものはすごいと感じなのだ^^
月形那比古先生なんかは有名で素敵なものを作るのだ。
日本の伝統文化でもあるため、こういう職業はもっと大切にされていいものだと思うのだ。
陶芸家にもたくさんの種類があるのだ。
■オブジェ専門の陶芸家
■タイル作り専門の陶芸家
■ぐい飲みから大きな花器花瓶、水かめまで作る陶芸家
■すり鉢のみとか花器のみとかを専門に作る陶芸家
■絵付け専門の陶芸家
その他いろいろ・・・資格などは特にありませんなのだ。
また工業デザイナーとしての陶芸家になると一般企業やデザイン会社として働くことになるため、お給料はサラリーマンと同じになる可能性もあるのだ。

陶芸家の口コミお給料

給料:20万円

量産型の陶芸工場で働いています。

給料:5万円

有名な陶芸家の弟子をやっています。お金よりも作品ですね。

陶芸家の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧