経営コンサルタントの給料年収や手取り、初任給、なるにはを徹底解説! | 給料BANK

経営コンサルタントの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > 経営コンサルタントの給料、手取り、初任給

経営コンサルタントの給料・年収や手取り額を解説!

経営コンサルタントの給料・年収を解説します。

経営コンサルタント_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営コンサルタントの平均給料・給与

  • 54万円
  • 20代の給料:26万円
  • 30代の給料:50万円
  • 40代の給料:66万円
  • 初任給:29万円
    中途が多いので実質はもっと初任給は高い可能性があります

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

経営コンサルタントの仕事内容

企業の経営について、第三者の意見を参考に、主に業績を上げるためのアドバイスを行うのが経営コンサルタントの仕事です。
中小企業経営診断士など、大雑把にひっくるめてそう呼ばれる事があります。
基本は、経営者の教育・会計・経理士の選択から、人事の人材育成・M&Aなどの企業間交渉における、株式のアドバイス。
複数の資格所有と、経営についての総合的な知識を要求されるお仕事です。

経営コンサルタント士画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経営コンサルタントの給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
45万円平均となりそうです。

経営コンサルタントの場合は、殆どが年棒制で最初に報酬提示額との折り合いを付け、報酬の何割かを先払いで、結果次第で残りを減額など、条件が付けられるケースが多いです。

高収入を得る経営コンサルタントの稼ぎ

業界では、M&A支援業務と企業資金調達などの業務で、GCAサヴァインなどの専門企業の社員で、年俸1,500万円台です。
給与換算では(給与制は殆ど皆無ですが)、約130万円前後。
業界大手は、殆どが企業買収であり、また外資がらみが多く、国内企業同士の合併で経営コンサルタントが活躍する場面は、非常に少ないと言えるでしょう。
中堅企業であるバルクホールディングスなどでは、役員報酬で1,000万円ほどですから、通常の社員は500万前後だと思います。
前者は、外資系M&A専門の日本支社の場合で、後者は元々マーケットリサーチ会社が前身です。
少なくとも2か国語を必要としない経営コンサルタントは、通常のサラリーマンと年収、給与とも極普通の水準となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経営コンサルタントになるには?

ほとんどのケースが、中小企業向け経営診断などの業務に関わる事が多く、場合によっては、セミナーなどの開催費用から、その収入で成り立つ零細企業まで幅が広い分野です。
通常は、20代から大手総合商社や、官公庁などの上級役員、あるいは、中小以上の企業経営者が、引退、あるいは転職で行われる事が多いです。
取引先企業の情報に精通している事が条件で、特に税務、会計、投資、株式に詳しい事が条件です。
生命保険会社の元役員も、個人コンサルティングを行う事があります。
資格は民間資格しかなく、多くはあまり通用しない業界で、少なくとも企業会計などの国家資格、投資のブローカー、あるいは経営の実務経験10年ほどが、最も、現実的な経営コンサルタントへの道です。
その経営者時代に、人脈を広げ、それを通じて仕事の依頼が行われます。
アウトソーシングは、殆ど中小企業向けで、給与も非常に低いです。
また、ヘッドハンティングで、企業役員が引きぬかれ、専門の経営コンサルティングとなるケースもあります。

経営コンサルタントについてぴっくんが斬る!

給料解説者ぴっくん

経営コンサルタントになるには、特に資格はいらないのだ。
今までの経験と実績があればそれなりだけどやはりM&Aがあるといいのだ。
あと中小企業診断士なのだ!
上記の資格は結構難しい資格なのだ。
ビジネススクールに通いながら取る人が多いなのだ。
だいたい仕事は上場させることや、企業買収がメインになるのだ。これから需要が増えそうな業種なのだ!

経営コンサルタントの口コミお給料

給料:90万円

営業です。ほとんど営業。営業である程度コネがあればできますよ。

給料:60万円

社労士を取ってから経営コンサルにかかわりました。

経営コンサルタントの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

営業力が全て。
この人に任せたいと思わせたら勝ち。
なぜなら、意思決定をさせるのがコンサルだから

48万円

口が上手く、頭の回転さえよければ、20代でも年収1000万(フリーランス)もらえる世界です。
ただし、働いた時間=給与なので、忙しいですが…

 無名の外資系コンサルですが、20代後半で額面で900と1000の間くらいです。

年収:約5,000万(2015年度)

コンサルタントと一口に言っても、その幅は多岐にわたります。経営者や企画部と一緒に、企業の中長期戦略を考えたり、マーケットの調査をする仕事もあれば、人事部が実施している「企業内人材育成」についてのコンサルティングなどもあります。

私は、人材開発コンサルタントとして、30社程と取引があり、研修講師および人材開発体系構築や見直しなどのコンサルティングをしています。講師としては、1日登壇をして25万円プラスアルファ、コンサルティングは案件ごとで変わります。2015年度は、年間150日ほど、講師として立ち、80日ほど、コンサルタントとして稼働しました。

この仕事は、お客様とダイレクトでやり取りをし、リピートを取り続ける「営業力」が不可欠です。また、複数のプロジェクトを管理していかなければなりませんので、プロジェクトマネジメント力も求められます。研修講師として立つ場合は、受講者を惹きつける「演技力」なども求められます。誰でも講師になれますが、誰でも出来る仕事ではありません。

私の場合、独立してフリーで動いているため、誰の命令も受けずに、自分の思った通りに出来ています。研修講師として地方に行き、登壇後に繁華街で遊んで、翌日昼の便で帰る、などという自由があります。

まぁ大抵の場合は「ホテルでテキスト作成」などに追われるのですが…

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧