建設コンサルタントの給料年収・仕事内容・求人募集を解説! | 給料BANK

建設コンサルタントの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > 建設コンサルタントの給料、手取り、初任給

建設コンサルタントの給料年収や手取り額、初任給を解説!

建設コンサルタントの給料年収を解説します。

建設コンサルタントの平均給料・給与

  • 31.2万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:31万円
  • 40代の給料:36万円
  • 初任給:20~万円
    ※補足説明

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

建設コンサルタントの給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:30万円~50万円(推定)
40代の給料:40万円~60万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~600万円となると予測されます。
年収範囲だと350万~1200万ぐらいが予想されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建設コンサルタントの仕事内容

建設コンサルタントというのは、専門の技術を持っていて、に国土交通省や地方自治体、民間などの事業者に対して、技術的な提案やアドバイス、事業者の代わりに、必要な調査を行ったり、企画の立案などを執り行う仕事です。
 
建設コンサルタントの仕事に使う専門技術というのは、道路や港、空港などのインフラ整備に関する知識、農業用地・河川を整備するための計画や防災計画などに関した知識などです。
最近は環境問題が身近になってきているので、環境保全に関する知識なども重宝されます。

建設コンサルタントの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~50万円となりそうです。

建設コンサルタントになるには?【資格】

建設コンサルタントに関係している資格は、主にRCCMという資格です。
RCCMは、シビルコンサルティングマネージャとも呼ばれます。
英語で言うと、Registered Civil Engineering Consulting Manager。
略してRCCMというわけですね。
 
RCCMは、建設コンサルティング業務の管理技術者や、照査技術者になるための資格です。
建設コンサルタント登録した業者しか建設コンサルティング業務を行うことができません。
RCCM資格制度管理委員会というものがあるのですが、そこに登録される必要があるのです。
そのために必要な資格でもありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建設コンサルタントの求人募集はどこで探せばいい?

建設コンサルタントの求人は、インターネットの求人サイトなどで探すことができます。
ハローワークなどでも取り扱いがあるようなので、チェックしてみるといいですね。
特にこまめにチェックすべきなのは求人サイト。
全国の建設コンサルタント求人情報が結構ハイペースで揺れ動いています。

建設コンサルタントの登録規定って?

建設コンサルタントの登録規定については、建設コンサルタンツ協会のホームページで確認することができます。
現在の規定は2013年3月14日に改定されたもので、国土交通省のホームページにも掲載されています。
 
登録の有効期間は5年間で、登録の有効期間が満了したあとに引き続き建設コンサルタント業務を行う場合は、引き続き登録を受けることができるようです。
5年ごとに登録が更新されていくというわけですね。
 
また、登録を受けるための規定も掲載されています。
・登録を受けようとする登録部門ごとに、業務の管理をつかさどる専任の人で、次のいずれかに該当するものを置く人であること。
 
イ 登録部門ごとに、それぞれ別表の下欄に掲げる要件に該当する者
別表には、さまざまな要件が書かれており、結構厳しい規定になっているようです。
 
ロ 学校教育法によって、大学や高等専門学校を卒業した後に、登録部門に関わっている業務に関して、二十年以上の実務経験を持っている者
 
要は、厳しい要件すべてを満たしつつ、二十年以上実務経験を持っていなければならないようです。
これが、登録規定になっています。
かなり厳しい規定ですね。

建設コンサルタントランキング

給料解説者ぺすくん

建設コンサルタント業界のランキングが公表されているので、そのトップ10を10位から紹介します。
ちなみに、平成25年度から26年度のデータです。
 
10位は、大日本コンサルタント。
売上高は130億円。
9位は、オオバ。
売上高は141億円。
8位は、日本上下水道設計。
売上高は、151億円。
 
7位は、いであ。
売上高は157億円。
6位は、E・Jホールディングス。
売上高は221億円。
5位は、長大。
売上高は222億円。
 
4位はACKグループ。
売上高は326億円。
前期比率は横ばいになっています。
 
3位は建設技術研究所。
売上高は364億円。
前期比率は増加傾向になっています。
 
2位は応用地質。
売上高は470億円。
前期に比べると大幅に増加しています。
 
1位は日本工営。
売上高は791億円。
安定しているようで、あまり増加していませんが、やや上向きな傾向です。
 
1位の日本工営が一人勝ちしているような構図ですね。
ちなみに、日本工営の平均年収は813万円です。
業界全体の平均年収よりも200万円程度多くなっています。

建設コンサルタントの口コミお給料

給料:80万円

年収にすると1200万円。

給料:60万円

建設コンサルで入ってます。基本的に年収だと1000万超える人も多いと思いますよ。

建設コンサルタントの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧