看護師の給料年収・手取り【男性・女性】・業種別給料【クリニック・大学病院・総合病院】、1年目(新卒)の年収を解説 | 給料BANK

看護師の給料年収手取り【男性・女性】、業種別【クリニック・大学病院・総合病院】の給料差、1年目(新卒)の年収|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 看護師の給料年収手取り【男性・女性】、業種別【クリニック・大学病院・総合病院】の給料差、1年目(新卒)の年収

看護師の給料・年収や手取り額を解説!

看護師の給料・年収を解説します。

看護師_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:28万円
  • 30代の給料:33万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:15万円~20万円
    求人情報より算出。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

看護師の給与・年収補足

上記についてはボーナスも含めているため、給与のみにすると、求人情報から算出しますと、下記の給与額面と予測されます
20代:22万~27万
30代:25万~33万
40代:27万~35万
※地方と都心や病院による差があります。求人情報より算出いたしました。
 
年収については平均は400~550万円ぐらいが平均年収となりそうです。
※夜勤が少ない、もしくはしない場合は、350~450万円ぐらいになるという口コミもありました。

看護師画像1

看護師の各地域の求人をみた給料年収(札幌・東京・大阪・福岡)

札幌市中央区にある急性期と回復期リハ病棟がある100床規模の「宮の森記念病院」では常勤の正看護師 を募集していて、診療科目は循環器科・神経科・外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科で配属先は病棟で夜勤があります。
給与は手当込みで月収281,000円〜303,500円で固定チームナーシング制&プリセプター制なので、ブランクがある看護師さんでも自分のペースで無理なく復帰できることが特徴です。
 
東京都武蔵野市緑町にある103床(急性期病棟53床・回復期病棟50床)の医療法人社団陽和会「武蔵野陽和会病院」では常勤の正看護師と准看護師を募集していて、診療科目は内科・外科・消化器内科・整外・脳外・泌尿器・リハ・腎臓内科・放射線で、病棟入院患者の診療補助と看護全般です。
給与は経験5年の場合で手当込みで月収320,600円〜350,600円位で、准看護師は経験5年の場合で手当込みで280,600円〜304,100円位です。
 
大阪府枚方市伊加賀西町にある療養型385床の医療法人大寿会「大寿会病院」では常勤の正看護師と准看護師を募集していて、
診療科目は内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・放射線科・リハビリテーションで、病棟入院患者の診療補助と看護全般です。
給与は手当込みで月収282,500円〜317,500円で、准看護師の場合で手当込みで247,500円〜282,500円です。
救急搬送がなく長期療養の患者さんへの看護で、福利厚生や教育体制が充実している病院です。
 
福岡県福岡市南区柳河内にある175床(一般病棟125床・地域包括ケア病棟50床)の医療法人同信会「福岡整形外科病院」
では常勤の正看護師と准看護師を募集していて、診療科目は整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・麻酔科で、
病棟入院患者の診療補助と看護全般です。 給与は住宅手当込みで月収228,820円ですが、夜勤手当は含まれてなく経験が加算されます。
整形外科専門病院ですが整形の経験は不問で、新卒の看護師の方も応募が可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性看護師の給料は女性よりも高いの?安いの?

年々、男性看護師の数は増え続けています。厚生労働省の調査「平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、看護師は総数108万6779人で、そのうち男性看護師は7万3968人、女性看護師は101万2811となっていました。全看護師の約6%が男性ということになります。女性に比べるとまだまだ人数は少ないですが、この10年で約1.5倍も男性看護師は増えているといいます。
 
厚生労働省が毎年行っている賃金構造基本統計調査によると、平成27年度の男性看護師の平均給料は33万5000円、女性看護師の平均給料は32万8000円となっています。
男性看護師の方が7000円ほど高くなっています。しかし、一般企業に勤めている人に比べると、給料の男女差はほぼないといってもよい結果です。
待遇や給料で男女の差をつけている病院はほとんどなく、看護師という仕事は夜勤や力仕事など業務内容についても、男女で区別をつけることはあまりないそうです。
ただし、夜勤専従の派遣で働く看護師となると、希望するのは男性が多いという話もあります。
夜勤専従になると手当がつくため、平均給料も15万円ほど高くなる傾向があるようです。

看護師の業種別【クリニック・大学病院・総合病院】の給料差

大学病院で働く看護師と、それ以外の総合病院(民間・市立)の看護師は、仕事内容がやや異なります。
大学病院は医師の数が非常に多く、若手の医師を育てることを優先し採血や注射などさまざまな仕事を医師にやらせることが多いため、看護師は医療行為を実践する機会が一般の病院より少なくなり、患者のケアや世話をする仕事が多い傾向があります。
給料は大学によって差があり、年収は430万円~560万円と差があります。有名大学の附属病院ほど給料が高く、ローカル大学ほど低いといわれています。
しかし、福利厚生はもっとも充実しているといわれています。
 
民間・市立の総合病院は、大学病院ほど医師の数も多くないため、必然的に看護師に任される仕事の範囲が広がります。
給料は各病院の経営状態に左右されるため、地域や病院によってかなり差があるといわれています。平均年収は約480万円です。
 
クリニックは規模の大きさや標榜している科によって、仕事内容も給料も異なります。しかし、総合病院などと違って夜勤がないことがほとんどなので、夜間手当などはつきません。休みも暦通りのことが多いため、規則正しい生活を送りたい看護師には向いている職場です。
平均年収は約390万円となっています。総合病院などに比べて年収が低いのは、夜勤がないことや、パートでの勤務をしている人が多いためです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師の1年目の給料はほか医療系業種【医者・社会福祉士・ヘルパーなど】と比べると高いの?

医療職は専門職であるため、一般企業よりも給料は高いといわれています。
しかし、職種によってかなり差があるようです。
 
看護師の初任給は15万円~20万円となっています。夜勤の回数などによって給料は異なり、同じ病院でも10万円近く差が出ることもあるようです。
 
医師(勤務医)の初任給は科によっても異なりますが、30万円~40万円です。
30代では月給100万円前後となるため、かなり昇給幅が大きいといえます。
参照:医者の年収
 
社会福祉士の初任給は13万円からとなっています。30代では24万円ほどで、30万円を超える給料を稼ぐのはなかなか難しいようです。
参照:社会福祉士の給料年収
 
介護福祉士の初任給は10万円~20万円で、地域によって差があるようです。
同じく介護職のホームヘルパーは15万円~16万円です。
参照:社会福祉士の給料年収
参照:ホームヘルパーの給料年収
 
介護福祉士は国家資格であり、30万円前後まで給料はアップしますが、ホームヘルパーはパートなど非正規雇用がほとんどのため、給料は20万円以上にはそうそうなりません。
 
これらの職業は医療・福祉の現場でそれぞれ幅広く活躍していますが、資格の難易度や仕事内容によってかなり給料は異なるようです。

看護師のパートの時給相場

看護師は公的な認定によって、仕事内容が変わります。
現在は、17種類の分野に子育てや家庭や趣味を優先したいという考えから、常勤ではなくパート勤務を選ぶ看護師もとても増えています。看護師専用の求人サイトなども多数あり、自分の働き方に合わせて仕事を見つけることができます。
求人は大変多いのですが、最近では介護施設の求人募集が増えています。
 
パートの時給相場は、1500円~2500円となっています。
地域によっても異なりますが地方の小規模のクリニックや診療所などはやや時給が低い傾向があるようです。一方、人手不足ということもあり、介護施設などでは2000円以上を提示しているところも多くあります。
大学病院など病床数の多い大きな病院になると常勤がほとんどのため、パート看護師の求人はほぼありません。

看護師の給料年収ランキング

看護師はそれなりに給料や職業として安定する仕事です。
そんな看護師の給料年収ランキングは何位なのでしょうか。是非下記で確認してみてください。
400職業別平均給料年収ランキング!

看護師の仕事内容

看護師は公的な認定によって、仕事内容が変わります。
現在は、17種類の分野に分かれ、認定看護師になることが、年収をあげる条件となる可能性があるそうです。
※認定看護師になっても年収が上がらないことの方が多いという口コミがあったので上記は一概に上がるとは言えない可能性があります。
救急看護、介護等のケア、新生児集中治療などのケア、透析、手術看護などが代表で、それぞれ医師の指導のもと、適切な処置を補助する立場が仕事の中心です。
アルバイト看護師と認定看護師では、福利厚生面と、係る看護の内容でかなり大きな違いがあり、実務経験5年以上で、認定看護師教育課程修了になれば、手取りで20~25万円ほどのの手取りが期待できます。

看護師の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~23万5,000円となりそうです。
実務経験3年以上で、比較的大きな病院なら、30代女性で23万平均が妥当と考えて良いでしょう。
ちなみに看護師の年収について調べてみたところ下記に詳しく掲載されていました。
看護師の年収を詳しく解説!平均年収.jp

看護師のパートの給料はどのくらい?

アルバイトは、時給にして約平均1,500円ほどですから、8時間労働、22日間で計算すると、約26万4,000円です。
普通に考ええば、時給はかなり条件が良いですが、地方と都市部では、500円程度の差は出るようです。
夜勤の場合は、時給1,800円~2,000円程。

看護師になるには?

最短コースで看護師になるには、高校で看護科がある学校へ入学し、准看護師免許の所得を目指すことです。
その准看護師免許から、専攻科、あるいは2年制の専門学校や短大に通って、看護師免許を所得する方法が最短になります。
この場合、実務経験が実際の病院でもあるため、実習に関しては10代ではかなり辛い経験を覚悟することになります。
看護科の勉強は、かなりハードで、定期テストも20教科とかなり厳しいですね。
一般教育課程をスルーする、これらの方法よりも、普通高校から一般教科の勉強をして、4年制の大学での看護科に入学して、就職を目指す方法を、看護協会では推奨しています。

看護師の試験の合格率・難易度

看護師になるには中学校を卒業し高等学校衛生看護科に入学して准看護師の資格を取る方法もありますが、
一般的には看護師国家試験に合格し看護師免許を取得する必要があります。
 
看護師国家試験の受験者数は年々と増えていて平成20年は50,906人でしたが、平成26年の受験者数は60,947人となっています。
ただ合格率は平成20年が89,9%で、平成21年が89,5%で、平成22年が91,8%で、平成23年が90,19%で、平成24年が88,8%で、平成25年が89,6%で、平成26年が90,0%なのでだいたい90%前後で横ばいで推移しています。
そのため看護師の試験の難易度は勉強する範囲も広く、けっして簡単な試験ではありませんが、 しっかりと勉強すれば合格できる難易度と言えます。

看護師の仕事の面白さ・将来性

看護師は患者さんの生命を預かる大事な仕事で時にはプレッシャーにさらされり緊張との戦いもありますがそれだけにやりがいがあり、
自分が担当した患者さんの怪我や病気が治りあなたのおかげでよくなったと言われる瞬間がこの仕事をしていて良かったと思う時かもしれません。
また看護師のキャリアアップは新人看護師として入職し頑張って主任看護師になり、それから以前は婦長さんと呼ばれていた看護師長になり、
総婦長とも呼ばれていた総看護師長まで上り詰めることも夢ではありません。また専門看護師や認定看護師などのスペシャリストを目指すのも
一つの方法で、多くの経験を積み資格を持った高いレベルの看護師は需要があり将来は明るいと言えます。

看護師の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あまりオススメはできません。
それなりにやりがいはありますが、仕事内容からみるとお給料が見合っていないと感じます。

夜勤をしなかったらお給料やすいしです。
やりがいはあります。

好きじゃ無いと続かない。業務内容や、事故のリスクを考えると給料は安いと思う。

ハードな仕事のわりに給料は安いし昇給しない。冬でも汗かく肉体労働。

女性の職業としては高給ですが特に夜勤、不規則勤務、ミスが許されない精神的緊張、感情労働を考えると心身ともに厳しいです。また企業で役職に就く等に比して給与は上がりません。有利なのは30代まででしょう。

22万円

22万円

割りに合わない仕事かも知れませんが、私には天職です!

事故犠牲の精神がないと満足のいくケアが行えないのが現状かと。
感謝してもらえる時は嬉しいですが、自分が親になってからだと、こどもを犠牲にしないといけないかもしれませんね。

初任給は同年代に比較し、良いですが、上がりません。その割に経験年数を積めばプリセプターやら会議やら、お金にならないのに仕事内容はハードになる。最初は患者さんのためとか熱意もありましたが、看護師以外の職では安いから仕方なくお金のため、生活のために仕事をすると割り切らないとやっていけない。夜勤手当は、本当に自分の命をすり減らして頂いてる手当だと思ってます。つらい。今からなりたい、なろうと思っている人には夢がないようですが、これが現実です。

都心の大学病院に勤めてたけど、手取りで28万でした。
給料上がっても所得税も上がるので、手取りは変わらず。。。

色々な科があり、一番患者様の側でケアが出来ます。仕事は大変ですが、やりがいのある仕事だと思います

やりがいはあるけど、夜勤が少ないと給料も安い。不規則な生活に慣れなくて辞めていく人も多い。
まだまだ女性の職場なので、人間関係が大変です。

38歳で基本給31万、諸手当含めて支給額45万前後。税金を差し引けば手取り30万ぐらいです。
残業や夜勤回数が多い時はプラス5万ぐらい。
ここからの昇給率は良くないので、ワークライフバランスを大切に福利厚生のしっかりしているところに就職されることをお勧めします

普通の学校に行ってる人に比べて遊べない、辛い、友だちが中退していくけど悲しむヒマすらもらえない。。けど早めに社会に出れて同年代の人よりも人間力が鍛えられる、患者様に寄り添ってやりがいを感じ、誇りと自信をもてる。今は「ありがとう」を聞き笑顔をみるために日々頑張れる。。

初任給は確かにいいけれど、いろんな理由で勤続年数が短い傾向が強い職種なので昇給・退職金では不利になりがち、トータルではどうだろう?
ただ売り手市場なので採用側はWワーク上等、夜勤専従のパートも引く手あまただし職にあぶれる不安はまずないかな

今だけでなく、永い目で見たら絶対に損はしない職業だと思います。私の経験上
私は、20代の頃は看護師が、300名近くいる総合病院で5年と中規模の病院で5年ほど働き結婚しました。

その後、子供の成長をこの目で見て居たいし、さみしい思いをさせたくないと、パートで午前中だけ、10年程働きました。
そのため、子供の学校行事は、ほとんど参加することができました。

私にとっては何よりも大切な時間でした。(今思うと子供と一緒にいられる時間は少ないですよ。)パ‐トと言っても、他の職種の人よりは、時給は高く、焦ることなく就職し、42歳で正規の職員として就職もできました。

それは、看護師という資格がなければ、なかったことだと思います。
市の施設であり、入院施設もないため、夜勤はなく日曜は必ず休み、月に10日は休みもあります。
給料の事だけ考えたら、今の自分の環境から考えても、焦って仕事することも無く、楽に仕事もでき公務員という肩書もでき満足しています。専門職の資格は、腐るものでわなく、今後不足の事態が起こったとしても、堂々と仕事をしてゆける職業だと思います。若いうちは少し、大きなところで経験することも大切だと思います。人間だれでも欲はあるけれど、給料がすべてではないと思います。自分のライフスタイルを良く考え、仕事を見つけられるといいと思います。

ちなみに私の働いているところは、診療所と言っても、カルテは、電子カルテだし研修医師が1年に3人ほど、研修に見えるような施設であり、田舎の診療所だからと言っても色々経験ができとても楽しく仕事してます。

女性の仕事がイメージされているため給料の設定が低いのでしょうね。
やりがいだけでは、この先もマンパワー不足でしょう。

勤務日はほぼ確実に1〜2時間以上の残業あり、夜勤もフルで入っても手取りは20万いくかいかないかです。
急性期病院に勤めていますが、夜勤中休憩できないなんてザラ。
なのに、同じグループの慢性期病院等、自院に比べゆったりしているところでも給料は一緒。仕事量に差があってもこの給料、これだけ身を削って働いてもこの給料じゃ見合わないとみんな思っています。

看護は実学なのでやりがいにつながるかと思います。
ただ楽ではないのは間違いありません。
50代ぐらいの看護婦さんの話をきくと、日本の医療の現在があるのは、その当時の看護婦さんの犠牲があってこそとおもいます。

地方勤務で初年度の手取りは16万でした。
夜勤がないと本当に安い。割に合ってないと思います。

8年目 手取り30万(総合病院夜勤あり)
生活するには十分な額ですが残業は40時間前後。残業申請できない時間外労働もあります。
家庭を持つ方は継続しにくい環境です。
働く場所によりますし、なくてはならない職業です。

やりがいはあります。が、やりがいだけで飛び込むにはリスクが高い仕事です。業務内容に見合う給与とも思えません。
強いて良さを挙げるなら「求人がなくなる事がない」程度でしょう。看護師として長く病院で交代勤務をして正規職員で働くには、自分や家庭を犠牲にし、いかにして睡眠時間を確保するかしか考えられない毎日をどこまで継続できるかにかかっています。

2年目で年収490万でした。ストレス発散でほとんど使ってしまいますね!

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧