薬剤師【薬局・病院】の給料年収(手取り、頭打ち)や都道府県別年収差、30歳など年齢別給料 | 給料BANK

薬剤師【薬局・病院】の20歳30歳40歳などの年齢別給料年収や都道府県別給料年収、ランキング|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 薬剤師【薬局・病院】の20歳30歳40歳などの年齢別給料年収や都道府県別給料年収、ランキング

薬剤師の給料・年収や手取り額を解説!

薬剤師の給料・年収を解説します。

薬剤師_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師の平均給料・給与

  • 33万円
  • 20代の給料:29万円
  • 30代の給料:32万円
  • 40代の給料:40.5万円
  • 初任給:20~万円
    年収のマックスは650~700万円ぐらいになるようです。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

薬剤師の年代別給料補足

20代の給料:25~31万円(推定)
30代の給料:25~35万円(推定)
40代の給料:30~45万円(推定)
 
年収は男性が556万円、女性が470万円が平均となってます。(賃金統計表より算出)
また、求人を見てみると、都内で
DI:450万~650万
薬局:420万円~480万円程度(30歳モデル)
大手ドラッグストア:450万円~650万円
 
およそ400万円以上は確保できるのが薬剤師となりそうです。

薬剤師画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地方薬剤師と東京薬剤師の年収差ってどのくらい?

地方薬剤師と東京薬剤師の年収差について調べてみました。
東京都の薬剤師の平均年収は826万円となっています。平均は563万円なので、東京都は突出して平均年収が高いといえます。全国ナンバーワンです。
しかし、この金額はオーナー薬剤師の年収も込みの平均値なので、おそらく東京都の中央値は全国平均とあまり差はないと思われます。
ワースト1位は沖縄県で、平均年収は472万円となっています。東京都との差は399万円です。
 
しかし、一概に地方で働く薬剤師の年収が低いかといえば、そうでもないようです。エリアによっては、平均年収以上の給料で求人募集をしているところもあります。
これはどうやら、“地方の薬剤師不足”が影響しているようです。
東京都は調剤薬局やドラッグストアの数が多く、薬剤師の人数も最多です。正社員勤務から、時給の高いアルバイト・パートなど、働き方も多様です。
一方で、地方では薬剤師が不足しているといいます。そのため、薬剤師がいなければ調剤・販売できない薬を扱っている地方のドラッグストアなどでは、常勤の薬剤師が足りないために、限られた時間や曜日にしか薬の販売ができないという現状があります。
そのため、地方にしては破格の給料で募集をかけ、薬剤師を探しているのです。
東京都より平均年収は下がるとはいえ、物価の安い地方で薬剤師として働けば、かなり余裕がある生活ができるでしょう。しかし、地方であるがゆえに、電波状況が悪い、交通の便が悪いなどという地域性の問題から、調剤から接客まで一人でこなさなければならない、休みが少ない、という働き方の問題もあるといいます。
薬剤師の求人は全国にあるので、自分にあった働き方、場所を選ぶことが重要です。

薬剤師の仕事内容

病院や薬局に雇用され、服薬説明、調剤、製剤作業、薬歴管理、注射薬の調剤などを行います。
薬局に付属した薬剤師の場合は、医薬品情報の管理、医薬品の管理などを兼業するケースが多いです。
ドラッグストアなどで、一般薬で、薬剤師の説明義務がある製品などの、顧客説明のためにも雇用があります。
 
また上記以外にも
・病院勤務の薬剤師…薬学部卒全体の15%
・薬局勤務の薬剤師…薬学部卒全体の35%
・薬局勤務の管理薬剤師
・製薬企業のDI担当者
・製薬企業のMR
・製薬企業の各種部署勤務
・医薬品製造の統括責任者
・医薬品製造の品質管理部門
・医薬品製造の品質保証部門
・医薬品卸業の管理薬剤師
・治験コーディネーター及び治験事務局
・治験モニター
・臨床開発のデータマネージメント
・製薬企業の薬事担当者
・地方公務員(保健所、薬務課、市立病院など)
・厚生労働省の官僚
・自衛隊(薬剤官という独自枠)
・環境衛生の測定会社
・検疫官
・麻薬捜査官
 
と様々なところで活躍するのが薬剤師となります。

薬剤師の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
22万円~45万円となりそうです。

薬剤師の都道府県別年収

都道府県別の薬剤師の年収給料を平均年収.jpの薬剤師の年収を引用し算出してみました。

都道府県 平均年収 給料
北海道 531.0万円 33.2万円
青森 472.0万円 29.5万円
岩手 531.0万円 33.2万円
宮城 590.0万円 36.9万円
秋田 472.0万円 29.5万円
山形 531.0万円 33.2万円
福島 531.0万円 33.2万円
茨城 590.0万円 36.9万円
栃木 590.0万円 36.9万円
群馬 590.0万円 36.9万円
埼玉 531.0万円 33.2万円
千葉 590.0万円 36.9万円
東京 826.0万円 51.6万円
神奈川 649.0万円 40.6万円
新潟 531.0万円 33.2万円
富山 531.0万円 33.2万円
石川 590.0万円 36.9万円
福井 590.0万円 36.9万円
山梨 531.0万円 33.2万円
長野 590.0万円 36.9万円
岐阜 531.0万円 33.2万円
静岡 590.0万円 36.9万円
愛知 649.0万円 40.6万円
三重 590.0万円 36.9万円
滋賀 590.0万円 36.9万円
京都 590.0万円 36.9万円
大阪 708.0万円 44.3万円
兵庫 590.0万円 36.9万円
奈良 590.0万円 36.9万円
和歌山 531.0万円 33.2万円
鳥取 531.0万円 33.2万円
島根 531.0万円 33.2万円
岡山 590.0万円 36.9万円
広島 590.0万円 36.9万円
山口 590.0万円 36.9万円
徳島 590.0万円 36.9万円
香川 531.0万円 33.2万円
愛媛 531.0万円 33.2万円
高知 531.0万円 33.2万円
福岡 590.0万円 36.9万円
佐賀 472.0万円 29.5万円
長崎 531.0万円 33.2万円
熊本 531.0万円 33.2万円
大分 531.0万円 33.2万円
宮崎 472.0万円 29.5万円
鹿児島 531.0万円 33.2万円
沖縄 472.0万円 29.5万円

病院薬剤師と薬局薬剤師だと年収は変わるの?

病院薬剤師は公立・民間の病院に勤務する薬剤師で、薬局薬剤師は調剤薬局で働く薬剤師を指します。
 
病院薬剤師の年収は350万円~700万円で募集があります。病院によってかなりの幅がありますが、400万円前後の求人が最も多いようです。
公立と民間では、民間の病院の方が年収が高い傾向があるようです。公立、特に地方など田舎にある病院になると、月給18万円~と、決して高くはありません。しかし、公立の病院は公務員のような立場となるため、安定性があり、福利厚生はしっかりしているという良さがあります。
 
薬局薬剤師は、年収400万円~650万円くらいの間での募集が多いです。
店舗にもよりますが、病院薬剤師よりもやや年収は高くなります。
パートや時短勤務など、働き方を選べるのも薬局薬剤師の特徴です。病院薬剤師に比べ、薬局薬剤師の求人は10倍ほど多くなっています。都内での求人が圧倒的に多く、住宅街にあるドラッグストアなどの大型店舗から、病院そばの独立した調剤薬局、駅チカの小型店舗まで、色々な調剤薬局で薬剤師の募集をしています。

薬剤師の給料って頭打ちはあるの?

ここ最近の平均年収は533万円。
 
男性では50代をピークに給与所得が最高になります。
給料ではだいたい20代~50代までで20万円ぐらい増えます。
※勤続4年で30万円。10年超えで45万円。15年以上で49万円となっております。
現状として、製薬会社に雇用された場合が、トップの給与で、他は病院でも薬局でも、一般的なドラッグストアチェーンでも変わりありません。
給与が頭打ちになる代わり、業務は年々厳しい状況で、深夜営業、早朝対応などサービスの拡充とともに、超果実労働時間が伸びています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薬剤師になるには?

現在の法律では、6年制薬学部を卒業しないと、薬剤師国家資格は得られないため、高校卒業後、6年制薬学部がある大学に、まずは進学を目指します。
※実質、新4年制薬学部薬科学科→薬学の修士もしくは博士取得→6年制度卒と同等の臨床系必須単位を取得→22週の実務実習修了→薬剤師国家試験受験資格などを経て最短でも8年ほどはかかるようです。
費用は国公立で1年60万ほど、私立は最低でも250万以上の支出を1年で覚悟しなくてはなりません。
大学卒業後、国家資格を受験し、晴れて合格した場合、大学病院などの雇用先に務める事になります。
夜間や短期大学、専門学校はありません。
大学は全国で、74校、国立で14校ありますから、まずは雇用に有利な国立を目指すほうが良いでしょう。
卒業生1万人に対し、薬剤師国家試験合格率は74%程度ですが、就職率は64%ぐらいです。
薬局勤務がその内3割で、製薬会社勤務は8%と狭き門となっています。

薬剤師の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 薬学部は国立にもありますが、4年制や4+2年とストレートな6年制になっていないことがおおいです。正直東大の薬学部では薬剤師になるのは学部全体で1名いるかいないか、これは国立系は現場で薬剤師として働く人材ではなく、企業や研究所で働く薬学の研究者育成に特化しているので、国立の薬学部で薬剤師になるのは逆に難しいです。研究職には薬剤師の国家資格は不要ですので、研究で生きる人は国立、臨床で働く薬剤師は私立に行くべきです。薬剤師の年収は20台は高くてもその後ほとんど上がりません。病院では定時昇給と言う概念が無いところが多く、ほとんど変わりません。
マツモトキヨシの募集を見ると高そうですが、あれは薬剤師手当と言う手当がもられているからです。ベースアップに関わる給与自体は低くしており、薬剤師手当はベアアップの対象でないので、やはり年齢に応じて上昇しません。

この免許さえあれば就ける職業は主に3種類
病院
保険薬局
ドラックストア

まず病院薬剤師
保険薬剤師の頂点で安月給にも関わらずやりがいを武器に高度な知識を使って働くボランティア精神溢れる人たち
お金じゃないから、が口癖
基幹病院等公務員扱いで長らく働ける病院に勤務すれば生涯年収は安定するらしい
薬剤師業界でのステータスはかなり高い
年々給料は上がりつつ正職員としての就職は難しくなってきている
新卒にこだわった採用が多く、お金が少なくても平気な優秀人材を常に募集し続けている無謀な業界
また医療界随一のホワイト免許にも関わらずわざわざ医師や看護師のようなブラック極まりない土壺に自ら足を突っ込む稀有な存在
一部で高級とも呼ばれる
他職をバカにしがちだが保険を生業とする薬剤師全体が消滅の危機にある中、自分たちだけは大丈夫という妙な自信に溢れる井の中の蛙でもある

次に保険薬局薬剤師
一部の上場企業の荒稼ぎや中規模チェーンの違法行為、小規模チェーンの知識の無さなど合わさってあらゆる医療職から叩かれる人たち
お金に細かい
医療職として恐ろしくレベルの低い知識しか持ち合わせていない人間がそれなりの数いるのは確かだが法的にはなんら問題がなくとも過剰に叩かれている感は否めない
不完全な医薬分業等制度の限界が手伝って調剤報酬の減点が続き業界全体が崩壊しつつある
手を抜けば抜くほど楽に儲かり、真面目にやると損しかしない、という医療界の常識が最も強い場所である
保険薬剤師の底辺を支える縁の下の力持ちである
しかしながら今現在免許があれば誰でも就職可能
年々給料は下がり責任や仕事は増えている医療界でもトップクラスで不景気な職である
院内に戻す病院が増えつつあり20年後には姿形もなくなっている可能性が充分にあるため40以上の人間はほぼ全員逃げ切りしか考えていない
その一方で金に困ってない30~40代には働き続ければ正義という信念を持って給料など微塵も気にせず自己満足で仕事をする集団がおり声がでかかったりする
優秀な人間は病院や保険外の仕事に逃げ出すか割りきって楽に働いているため、残念ながら仕事の質としてはちっとも高くないことが多い
医師や病院薬剤師から蔑まれるのはもちろん、同業界内でも激しい足の引っ張り合いをしている
別名:袋詰め

最後にドラックストア
爆買いの影響あって今現在最も景気の良い業界に務める人たち
ある意味孤高の存在
新卒採用から年収600万超えは全く珍しくない
保険薬剤師でなくとも勤務可能
保険調剤全盛時代は激務なだけでバカにされていたが近年ではその立場が逆転しつつある
また、最近では保険調剤併設の店舗も増えており勢いの良さを伺える
だが世間が不景気な中、いつまで成長が続くのか謎である
客質はもっとも悪く対応スキルが求められる
体力仕事メインのため年齢を重ねていくにつれ出世できなかった人間には辛くなるだろう
他職は保険診療に縛られるのに対し、自己の努力が結果に反映されやすいため社会人としては最もやりがいがあると言える
福利厚生も整っている場合が多いが基本的には激務である

薬局薬剤師でさえ今現在世間一般で言われているほど楽に稼げる仕事ではないのは確かである
これから薬学部を目指す人は免許を使って保険医療以外の仕事につくのがおすすめである

薬局開設者です。
開局10年目で年収2900万円です 

薬剤師の就職先は医薬品の販売だけではありません。
製造、流通、小売の最初から最後まで必ず設置義務があり、それを監督する行政側にも薬剤師がいます。
病院勤務の薬剤師…薬学部卒全体の15%
薬局勤務の薬剤師…薬学部卒全体の35%
薬局勤務の管理薬剤師
製薬企業のDI担当者
製薬企業のMR
製薬企業の各種部署勤務
医薬品製造の統括責任者
医薬品製造の品質管理部門
医薬品製造の品質保証部門
医薬品卸業の管理薬剤師
治験コーディネーター及び治験事務局
治験モニター
臨床開発のデータマネージメント
製薬企業の薬事担当者
地方公務員(保健所、薬務課、市立病院など)
厚生労働省の官僚
自衛隊(薬剤官という独自枠)
環境衛生の測定会社
検疫官
麻薬捜査官
ごく一部ですが弁理士
まだ挙げきれない程に就職先があります。

また4年+2年では薬剤師になれません。
新4年制薬学部薬科学科→薬学の修士もしくは博士取得→6年制度卒と同等の臨床系必須単位を取得→22週の実務実習修了→薬剤師国家試験受験資格を得られます。
不足単位を履修したのちに実務実習を行うため最短8年は掛かります。また

2016年現在、国公立大学で研究者を集中的に養成しているのは東大京大阪大くらいです。
その他国公立大学でも6年制薬学部、つまり薬剤師養成が中心です。
旧4年制薬学部でも国公立卒の病院薬剤師、薬局薬剤師も沢山います。

病院2年目で病棟業務をやってます。入院患者さんへの薬の説明や要望を聞いたり、医師と看護師と患者の板挟みですがやりがいは多いです。
医師に処方を提案して、その処方で患者さんが良くなったり、その事を患者さんに喜んでもらえるととても嬉しくなります。
病院なので月収は23万とやや少ないですが何処でも食べていける職業ではあると思います。

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧