法医学医の給料年収や手取り初任給、仕事内容、求人募集を解説! | 給料BANK

法医学医の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 法医学医の給料年収・仕事内容を解説!

法医学医の給料年収や手取り額、初任給を解説!

法医学医の給料年収を解説します。

法医学医の平均給料・給与

  • 50万円
  • 20代の給料:32万円
  • 30代の給料:42万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:25~万円
    算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

法医学医の給料・年収補足

20代の給料:32万円(推定)
30代の給料:42万円(推定)
40代の給料:50万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
800万円~900万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
なお、平均給与はデータが少ないため統計からの予測値です。
 
平均給与は法医学医を取材したネット上の記事などを基に算出しています。
取材を受けた法医学医は年収が900万円程度だそうです。
手取り年収にすれば700万円前後。
ボーナスは夏に70万円程度で、冬は90万円程度と少なくなっていると言います。
その情報と、「40代で年収は800万円から900万円程度」と語る記事との情報をあわせ、平均年収としました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法医学医の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
40万円~45万円となりそうです。

法医学医の仕事内容

刑事ドラマなどを見ていると、遺体を解剖している場面を目にすることがあるでしょう。
誰が解剖をしているのか。
人体の解剖などは何の知識も無い人ができることではありません。
そう、彼らが法医学医です。
法医学医というのは、事故や事件などの被害者となった人の遺体を解剖し、鑑定します。
具体的にどのように役立っているのかというと、死因の解明と身元確認・伝染病予防です。
死因の解明をすることを司法解剖と言い、身元確認や伝染病予防をするための解剖を承諾解剖と言います。
 
後は、個人識別のDNA鑑定や血縁関係の確認のための親子鑑定、血液型鑑定に精神鑑定、本人認証などの仕事があるのです。
その活躍の場所は、主に大学院の法医学教室または研究機関となります。
一般的な病院に勤務する勤務医ではありません。

法医学医の仕事の面白さ・向いてる性格

法医学医の仕事は、確実に社会的に役立っている仕事です。
勤務医のように患者さんの命を救うというようなことはありません。
そう言うと、医師としての本分を果たせないかのようで、面白くなさそうですよね。
しかし、医学を学んだものとしての役割というのは「医学を駆使して人の役にたつこと」です。
決して本分を果たせないわけではありません。
 
直接人に感謝されたり、直接人を救うわけでは無い。
社会の裏方的な仕事だったとしても、法医学医がいなければ解決しなかった事件があります。
法医学医がいなければわからなかったことがたくさんあるのです。
世の中に必要とされている、そのことさえ見失わなければ、この仕事は面白い仕事と言えるでしょう。
 
向いているのは、鋭い観察眼を持っている人です。
また、感情に流されないある種で「冷徹」な人も向いているかもしれません。

法医学医になるには?【資格取得方法や難易度など】

法医学医になるには、医師免許が必要です。
それは当たり前のことなのですが、医師免許のほかに、もうひとつの条件があります。
条件とは、法医師認定医資格試験、死体解剖認定医資格認定試験の合格です。
これらの試験は日本法医学会が定める条件を満たした人に対して実施されます。
 
そのために、大学院の法医学教室で研修生として実際に経験を積まなければなりません。
そして法医学解剖経験を得て、学会報告や論文などさまざまな活動を行います。
多くの経験をして、そこで初めて試験の受験資格が与えられるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法医学医の求人の見つけ方

法医学医の求人というものは、一般には出回りません。
試験に合格した後、法医学会などから紹介があるのだと考えられます。
求人に関して正確な情報はありませんが、求人を探すということよりも、まず試験のことを考えなければなりません。

法医学医の試験難易度・合格率・過去問

法医学医は人数も少なく、志望する人の数も少ないです。
そのためか、試験に関する正確な情報というのも、なかなか見つけられません。
法医学医の試験の難易度は、憶測ですが、高いと考えられます。
試験を受けるための条件を見てみてもわかるでしょう。
研修生として経験を積むだけでなく、学会報告や論文などが必要になるのです。
ただただ経験を積むというだけでは、試験を受けることすらできません。
 
法医学解剖経験を積みながら、しっかりと実績を残さなければならないのです。
そう考えると、法医学医の試験は難易度がとても高いことがわかります。
ただし、それまでに大変な道のりを経ているため、合格率は高いかもしれません。
試験を受験することができるだけでも、成績が良いということですからね。

法医学とはそもそも何?

給料解説者ぺすくん

法医学医の仕事内容などについて述べてきましたが、そもそも法医学とはなんなのでしょうか。
法医学とは、法的に重要な事実関係の鑑定や解釈などをすることを専門とする学問です。
医学という分野から、犯罪捜査・裁判などの法適用家庭において重要な医学的事項を研究します。
もっと簡単に言えば医学を使って法律に関わる仕事をするということです。
 
具体的には、冒頭で述べたように血液型鑑定・親子鑑定・死因の解明などですね。
通常の医学が「人を治すこと」に重点を置いたものだとすれば、法医学は人体を通して事実を解明することに重点を置いたものとなるでしょうか。

法医学医の口コミ

給料:70万円

テレビドラマのようにかっこよくはないです。

法医学医の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧