塗装屋の給料・手取り・初任給やなるには?を解説! | 給料BANK

塗装屋の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 土木・建築系職業の給料一覧 > 塗装屋の給料、手取り、初任給

塗装屋の給料年収や手取り額、初任給を解説!

塗装屋の給料年収を解説します。

塗装屋の平均給料・給与

  • 30万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:33万円
  • 初任給:18万円
    地域によって差があります。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

塗装屋の給料・年収補足

20代の給料(収入):18万円~22万円
30代の給料(収入):24万円~29万円
40代の給料(収入:33万円前後

土木、建築などで、金属塗装工の場合は、日当が多く、1日8,000円~1万円くらいです。
月給で支給されるケースは、かなり稀ですね。
労働時間は、結構長く、平均で3時間以上が多いようです。
平均年齢層は、30代後半から、40代後半までですね。

塗装屋の仕事内容

建築塗装、金属焼付塗装工、板金塗装などがありますが、スプレーガンに塗料を入れ、材料や壁面に塗装仕上げをするのが、主な仕事です。
専門というよりは、現場では雑用も多く、工務店や工事事業会社に属している場合と、個人経営の事業者に雇用されるパターンが有ります。

塗装屋の給料手取り

手取りは、30歳後半で26万円前後と、決して高くはなく、しかも正社員のような月給制が少ないため、よく言えば「業者を選ばなければ」それなりに稼げるそうです。
ただし、待遇も職場環境もあまり良くないことも多く、離職者は多いそうですね。

塗装屋になるには?【資格・試験・合格率】

資格としては、足場組立作業主任、二級塗装技能士、建築施工管理技士、塗装科職業訓練指導員など、幾つか会社の管理者向けの資格はありますが、一般的には、事業者で見習い期間数年後、足場組立作業主任、二級塗装技能士(塗装工7年の経験が必要)などの資格を得ることになります。
最近では、工場の焼付塗装工などの就職が増えているそうです。
ほとんどが、会社で経験者の元で見習いとして、雑用からスタートするのが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塗装屋の求人の探し方は?

一般的に、ハローワークなど、地元事業者から雇用を探すのが一般的でしょう。
日当の場合が多く、臨時もありますが、工場勤務以外は、労働場所がかなり移動する可能性が高いです。
アルバイトや、派遣労働もあり、求人の幅はかなり広いです。
ネットで探す場合も、求人サイトに登録すると、かなり紹介数も多いそうです。
地方都市や東京、全国各地に求人は必ずあると言ってよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塗装屋で独立するのって結構大変なの?

給料解説者ぺすくん

事業者として、前述の資格を得るまで、すべてで10年くらいはかかるので、それだけでもかなり大変だと思います。
個人事業者として独立する際は、公共事業などの請負い、あるいは工務店や建設業への人脈がないと、塗装屋としての独立は困難です。
板金塗装では、職人としての雇用がありますが、独立の場合は整備士の資格が必要ですし、塗装工以外の、資格や技術が必要になります。
見習い期間から、技術を習得するだけでなく、受注や経営のノウハウも学ぶ必要があり、職人を雇用し、10名以上の社員を抱えていないと、大きな仕事の依頼はありません。
結果的に、会社経営となるので、個人で単独の独立は、ハードルが高過ぎるといえますね。

塗装屋の口コミお給料

給料:18万円

見習いです。まだ1年ぐらいしか働いてません。これから働いて鍛えていきたいと思ってます。

給料:25万円

勤務6年です。技術はそれなりについてきましたがやはり上には上がいます。将来は工務店をやりたいです

塗装屋の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

同じ会社に最近、結婚した子がいます。 

他の社員がいても、そっちのけで二人の時間。
おかげで、社内環境も良くないてす。

一緒に休憩もしませんし、同じ車にも乗れません。

21万円

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧