インテリアコーディネーターの給料年収や手取り・求人募集や試験難易度・学校を解説! | 給料BANK

インテリアコーディネーターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 土木・建築系職業の給料一覧 > インテリアコーディネーターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

インテリアコーディネーターの給料・年収や手取り額を解説!

インテリアコーディネーターの給料・年収を解説します。

interior_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーターの平均給料・給与

  • 27.5万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:27.5万円
  • 40代の給料:31万円
  • 初任給:15~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

インテリアコーディネーターの給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:25万円~35万円(推定)
40代の給料:30万円~40万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:16.7万円~30万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~35万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~35万円(月収)
福岡の求人調査結果:19万円~30万円(月収)

インテリアコーディネーター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事というのは、依頼を受けた住宅・店舗などのインテリアつまり空間を、総合的にコーディネートすること。
依頼主(お客様)がどのような空間を好むのか、ライフスタイルはどのようになっているのか、その場所の目的や予算などを聞き取り、コーディネートします。
 
日本では、コーディネーターという言葉があまり馴染みの無いものであったため、仕事内容も仕事自体も曖昧にとられていましたが、基本的には、お客様のニーズを読み取り、その人や目的にあったインテリア様式を提案することが仕事となっているようです。
 
そのために、家具や家電・照明・壁紙などを選んで配置していきます。
見た目の美しさ・楽しさだけではなく、動きやすさ・使い勝手・快適さ・居心地の良さなど、求められるものはさまざまです。
インテリアに関する知識、建築に関する知識など、幅広い専門知識と表現力が必要となります。

インテリアコーディネーターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~30万円となりそうです。

インテリアコーディネーターになるには?

インテリアコーディネーターになるためには、専門的な知識を学ばなければなりません。
学ぶ方法は、大学や短大・専門学校などの家政学部や建築系学部やインテリア学科などに通う方法が、まず一つ目として挙げられます。
もうひとつ、社団法人インテリア産業協会のインテリアコーディネーター資格試験の資格をとること。
これは技能を認定するためのものなので、下地として知識が必要ですが、この試験の勉強をすることも、インテリアコーディネーターになるために必要な学びと言えます。
この試験は年に1度実施されており、年齢や性別・学歴・職業・経験などの制限がありません。
そのため、まだ仕事をしていない人でも、仕事をしている人でも取得できる資格になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インテリアコーディネーターの試験難易度ってどのくらい?合格率は?

インテリアコーディネーター資格試験は、受験者の74%程度が女性、15歳から73歳までの合格者が出たということで、幅広い年齢層の女性に人気の資格試験です。
「15歳・73歳でも受かるのかあ」と思った人も多いでしょうが、意外と難易度は高い。
15歳や73歳でも受かると甘く見てはならず、その合格率はたったの20%程度となっています。
 
独学で合格することも不可能ではないのですが、やはりスクールを活用する人がほとんどですね。
この合格率の低さ、何二度の高さというのは、受験者数が多いのが原因ではありません。
合格に人数の枠などが設定されていないため、何人でも合格できます。
純粋に、合格ラインである70%から75%の得点に満たない人が多いということです。
 
倍率という概念が無いため、しっかりと勉強していれば、合格できます。

インテリアコーディネーターを養成している大学・専門学校はあるの?

インテリアコーディネーターになるには、建築学科などが有利ですが、インテリアコーディネーターという仕事について、直接的に学ぶことができる学校も存在します。
例としては、大阪デザイナー専門学校のインテリアコーディネート学科が挙げられますね。
他にも、京都建築大学校 建築科のインテリアデザインコース・青山製図専門学校インテリア学部の建築インテリアデザイン科などが、インテリアコーディネーターを養成している専門学校に該当します。
 
4年制大学となると、建築系のところで学ぶことになるのがほとんどです。
 
インテリアコーディネーターの資格対策のスクールということであれば、HIPSが有名ですね。
新宿・大阪・横浜・大宮・秋葉原・名古屋などにスクールがあり、在宅・Eラーニングにも対応しています。
無料セミナーや、相談会・見学会なども開かれていますよ。
気になるという人は、まずは無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

インテリアコーディネーターの仕事の面白さ・向いてる性格

インテリアコーディネーターは、苦労の多い仕事と言われています。
ただし、仕事が好きで始めている人が多いため、その苦労でさえもやりがいだと感じている人が多いようです。
この仕事はお客様のイメージどおりにインテリアを作る、マニュアルのある型にはまった・決まりきった仕事であるというイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、実際はお客様の持っているイメージというのは、とても曖昧でとりとめの無いものです。
はっきりとしていない、霧かモヤのようなものから有形物としてのインテリアを生み出していく。
ほとんど無に近いものから、有を生み出す仕事と言えるでしょう。
 
お客様のニーズに応えることはもちろん、自分自身のセンスや感覚などがとても大切になります。
決して正解の無い仕事であるからこそ、不安ですが、自分もお客様も納得できるインテリアに仕上がった際には、とても大きな喜びが味わえるのです。
それが、インテリアこーディネーターの仕事の面白さと言えるでしょう。
 
向いているのは、行動力と好奇心が旺盛な人ですね。
感性の必要な仕事であるために、好奇心を持って世の中の流れを敏感にサーチし、キャッチしなければなりません。
好奇心が無ければ、感性は磨かれず、マンネリな仕事しかできなくなります。
そして、自らの感性を磨くため、好奇心を満たすために行動できるだけの行動力も必要です。

インテリアコーディネーターの求人募集はどんな業界で需要が多いの?

給料解説者ぺすくん

リフォームや建築関係の業者で、インテリアコーディネーターの需要が多いです。
住宅の建築・改修前に、お客様の要望に応じたインテリアをつくるために、インテリアコーディネーターが必要とされています。
その企業の幅はとても広く、住宅関連企業・家具関連企業など。
企業によって、インテリアコーディネート関連の職務を募集していることもあるので、まずは調べてみることが大切です。

インテリアコーディネーターの口コミお給料

給料:15万円

大手家具店で働いています。

給料:30万円

工務店で働いています。最近は自然素材系の需要が増えているのでやりがいありますよ

インテリアコーディネーターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧