鋳物工の給料・手取り・鋳造技能士やなるには?を解説! | 給料BANK

鋳物工の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 土木・建築系職業の給料一覧 > 鋳物工の給料、手取り、初任給

鋳物工の給料年収や手取り額、初任給を解説!

鋳物工の給料年収を解説します。

鋳物工の平均給料・給与

  • 33万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:38万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:16万円
    会社によって差があるようです。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

鋳物工の給料・年収補足

20代の給料:約16万円~18万円前後(推定)
30代の給料:約28万円~38万円(推定)
40代の給料:30万円~40万円前後(推定)

鋳物工の仕事内容

金属を溶かして、砂などで固めて作った鋳型に溶かした金属を流し込み、目的に応じた製品を生産する職業に従事する専門職が鋳物工です。
全国ではその昔、埼玉県などに溶鉱炉をもつ鋳物工場が多く点在し、戦後の日本経済に大きく寄与した産業のひとつでした。
今では、自動車産業の部品製造過程の一部に利用されたり、配管に使えわれたり、日用品などに使われ、国産と内外製品が混じった市場を形成しています。
技術職としては、見習工から始まる職業で、実務重視、国家資格は、資格を得ないと名乗れない「名称独占資格」として、鋳造技能士があります。

鋳物工の給料手取り

勤続年数11年くらいが、手取り28万円ほどを得られているようです。
全体的に、職人の人数が少なく、全国の労働者数は、ここ数年14,000人止まりになっています。
ただ、中途採用が増えており、この場合は経験年数が低いため、40代でも、手取りは20万を下回るケースもあるそうですね。

鋳物工になるには?【資格・試験・合格率】

企業としてある程度の規模になると、国家資格で名称独占である鋳造技能士の資格をとる必要があります。
特級などは、事業主が取るような資格ですが、1級、2級は、事業所の責任者クラスは必須です。
他の技術系資格と同じように、実務が最初に必要で、ほとんどは事業所に初心者、新卒で採用、あるいた有資格者、経験者優遇で、雇用があります。
中高卒業後、よく就職先として選ばれてきましたが、中国などの安い労働力の台頭、加えて技術的には高精度を必要としないため、最近では安価な製品が出まわり、代わりに中高年の転職先として、雇用が増えてきています。
砂処理の作業補助から始まり、鋳造作業の補助として、見習工からスタートするのが通例です。
1人前には、7年以上はかかってるみたいですが、これは全体的な受注量と比例していますね。
工作機械、産業機械などに関連するものは、大企業の下請けに存在しますが、今はごく一部で、おおくは中小企業が多いです。
今は、地方に多くの工場を移しているケースが多いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鋳物工の将来性ってあるの?年収は高くもらえるの?

経験が重視される職業で、生産性が比較的、工業生産品としては低く、耐久性は高くないのが鋳造品の特徴です。
以前はストーブや、自動車部品でも多く見られましたが、耐久性の高い金属加工品が安価に出来る、工作機械の発展で、急速に需要は下がってますが、農業機械や工具、一部の趣味性のたかい家庭用薪ストーブなど、異業種への進出もあり、事業所は地方である程度、雇用を確保しているそうです。
賃金は月給制で、最近の調査では、30代平均で、33万円台ですから、それほど悪い待遇でもないようです。
金属溶解に伴う作業なので、特別手当が支給される事が多く、小さな工場では、日当によって支払い、契約社員として、仕事の量と比較して対応しています。
求人は、比較的ある方ですが、中高年の転職が増えているので、平均年齢は徐々に上がっていますね。
特殊な受注を受けているところほど、収入は逆に安定で、パーツ類など部品関係は、総じて給与は低めということが出来るでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鋳造の目的って何?(メリットデメリット)

給料解説者ぺすくん

一番のメリットは、高温で溶かした金属を砂で作った型に流しこんで、自由自在に金属の形を作り出せることで、昔は金属加工の技術、旋盤加工も、その工作機械の精度は、技術者任せであるため、安定した金属製品供給には、鋳造は欠かせないものでした。
特に、大量生産でも、品質はある程度、妥協すれば短時間で作れるため、今でも配管の一部、自動車エンジンでは、複雑な構造などでは、鋳造が向いています。
一方で、耐久性に関しては、鋳造製品は素材の厚みが必要で、精度も全体的に低いため、精密な部品製作には、より高度な工作機械を必要とするため、どうしても、最終工程までを、鋳造で行なうのは、無理があるのがデメリットでしょうか。
大型のもの、長くて薄い加工などは不向きです。
また溶解炉をもてる環境も、場合によってはデメリットになるでしょうし、単品製作だけだと、コストが逆にかかってしまいます。
身近なところでは、自転車のブレーキ関係や、比較的精度は低くても構わない、自動車のディクキャリパーなどは、精密鋳造で作られています。
また製造コストも安いのがメリットですね。
溶接や、リベット接合も省略できますし、工程数を減らすことが可能です。

鋳物工の口コミお給料

給料:30万円

ベテランクラスになってきました。このぐらいもらえます。年収だと450万ぐらい

給料:18万円

見習いです。まだまだですがこれからベテランになれるようがんばります

鋳物工の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の土木・建築系職業の給料一覧の給料一覧