キャラクターデザイナーの給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

キャラクターデザイナーの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

キャラクターデザイナーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

キャラクターデザイナーの給料年収を解説します。

キャラクターデザイナーの平均給料・給与

  • 29万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:32万円
  • 初任給:12~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

キャラクターデザイナーの給料・年収補足

20代の給料:18万円(推定)
30代の給料:27万円(推定)
40代の給料:32万円(推定)
 
キャラクターデザイナーの勤務先は主にアニメ制作会社やゲームメーカーやデザイン会社などですが、経験や勤務する会社の規模によっても給与や年収は大きく異なってきます。
大手のアニメ制作会社やゲームメーカーやデザイン会社の方が給与や年収も良かったりしますが、自分が手掛けたキャラクターが人気になれば関連グッズの売り上げ次第では大幅な年収アップも夢ではありません。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
320万円~570万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:16万円~28万円(月収)
東京の求人調査結果:24万円~37万円(月収)
大阪の求人調査結果:23万円~34万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~26万円(月収)

キャラクターデザイナーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~28万円となりそうです。

キャラクターデザイナーの仕事内容

キャラクターデザイナーの仕事はアニメ制作会社やゲームメーカーなどの開発部門で自社のオリジナルキャラクターの製作をしたり、デザイン会社でクライアントの依頼でクライアントの要望に沿ってキャラクターの製作をしたりするのが仕事です。
キャラクターデザイナーの具体的な仕事の手順ですが最初はイメージしたキャラクターの顔や、表情やポーズなどをさまざまな角度から手書きするのが一般的です。
そのキャラクターがもし正式に採用されたならば次はグラフィックソフトやペイントツールと呼ばれるイラストソフトや、編集ソフトなどを使いそのキャラクターをパソコン上で完成させます。
ゲームメーカーなどの場合は3DCGでキャラクターを、実際に動かしてみることもあります。

キャラクターデザイナーになるには?【資格・試験難易度】

キャラクターデザイナーになるには学歴や資格も特には必要ありませんが、デザイン専門学校などや美術大学などでデザインの基礎的な知識と技術を身に付けたほうがいいでしょう。
デザイン専門学校や美術大学などでAdobe・IllustratorやPhotoshopの使い方を学んだり、グラフィックソフトやペイントツールと呼ばれる画像編集ソフトの使い方など最低限のことは覚えた上で、アニメ制作会社やゲームメーカーなどの求人に応募した方が有利です。
もしゲームメーカーでキャラクターデザイナーになりたいのであればら、3dsやMaxなどの3DCGソフトの使い方なども覚えておくといいかもしれません。

キャラクターデザイナーの求人の見つけ方

キャラクターデザイナーの求人の見つけ方は他の職種と同様にネット上の求人サイトで探すか、アニメ制作会社やゲームメーカーやデザイン会社のホームページでキャラクターデザイナーの求人を行っているかを調べてもいいでしょう。
アニメ業界やゲーム業界では常に新たな発想ができるキャラクターデザイナーを求められていて、これからもキャラクターデザイナーの求人は増えることはあっても無くなることはないようです。
さらに近年ではアニメ制作会社やゲームメーカーだけでなく文房具メーカーやバックメーカーなども、自社でキャラクターデザイナーの求人を行っているところもあります。
 
【この仕事を募集している企業】
・任天堂株式会社
・株式会社ゲームスタジオ
・株式会社スタジオワンオアエイト など

キャラクターデザイナーで高年収になるには?

キャラクターデザイナーの給与や年収は経験や勤務する会社の規模によっても大きく異なりますが、キャラクターデザイナーで高収入を稼げるのはごく一部の人だけです。
どんなに自分が制作したオリジナルのキャラクターが大ヒットしても、金一封かその年のボーナスに反映されるくらいで安定して高収入を稼げるには至りません。
もしキャラクターデザイナーとして安定して高収入を稼ぎたいのであれば独立してフリーランスのキャラクターデザイナーになり、自作のオリジナルのキャラクターが大ヒットすることです。
そうすれば関連グッズのデザイン料が商品の、売り上げに応じて安定した収入が入ってきます。
ただゲーム業界は常に形態を変えながら進化しているのでキャラクターデザイナーも斬新なアイデアや、ユニークな発想がないと生き残れない厳しい世界でもあります。

キャラクターデザイナーのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

キャラクターデザイナーのかっこいいところは自分で考え制作したオリジナルのキャラクターが、アニメやゲームの中でまるで命を与えられたように動き回り姿を再現することです。
最初は自分の頭の中でイメージしたキャラクターでしかなかったのが、架空のものとは言え新たな創造物として誕生します。
よく似た職業にイラストレーターがありますがイラストレーターの場合はあくまでイラストを描くのが仕事で、キャラクターデザイナーのように何もない状態から全く新しいキャラクターを生み出すわけではありません。

キャラクターデザイナーの給料年収の本音口コミ

23才 給料:24万円

ゲームが家の中にある環境で育ち中学生の頃から漠然とですが、ゲームのキャラクターを作ることを仕事にしたと考え始めました。
高校生の時にキャラクターデザイナーという職業があることを知り、高校を卒業するとアニメデザイン専門学校に入学しました。
専門学校を卒業していくつかのゲーム制作会社の、求人に応募して今の会社に採用されました。

27才 給料:26万円

キャラクターデザイナーの仕事をかっこいいと思っていたり憧れを持っている若者も多いようですが、勤務時間はほとんどの会社が裁量労働制を採用していることが多く勤務時間が不規則です。
特に納期がある場合には休日に関係なく出社して、睡眠時間を削るようなハードな生活を送るキャラクターデザイナーも少なくありません。
いくら好きな仕事でも無理をして体調を壊さないように、しっかりと健康管理を行うことが大事です。

32才 給料:34万円

何もないところから新しいキャラクターを生み出すことは想像以上に大変で、常にいろいろなものにアンテナは張って情報を収集しています。
キャラクターを人間にするかそれともこの世の中に存在していない、架空の動物にするかさまざまな妄想をする毎日です。
いくら考えてもいいアイデアが浮かんでこない時もあれば、湯船に浸かっている時にふといいアイデアが浮かんでくることもあります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

騎士道の女

大手のゲーム制作会社でキャラクターデザイナーとして働き、独立開業して今はフリーランスのキャラクターデザイナーとして活躍しています。
この仕事はイラストを描くことが上手なことは当たり前で、さらにフリーランスのキャラクターデザイナーとしてやっていくためには、コミュニケーション能力が求められます。クライアントとの付き合いができなかったり制作スタッフとの協調性がないと、いくら絵を描くことが上手でも仕事の依頼も来ません。

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧