快眠セラピストの給料年収や手取り、求人募集、三橋美穂さんを解説! | 給料BANK

快眠セラピストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > 快眠セラピストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

快眠セラピストの給料年収や手取り額、初任給を解説!

快眠セラピストの給料年収を解説します。

快眠セラピストの平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:15~万円
    ※統計が取れないため完全予測となります。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

快眠セラピストの給料・年収補足

20代の給料:18万円~(推定)
30代の給料:22万円~(推定)
40代の給料:25万円~(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~400万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

快眠セラピストの仕事内容

快眠セラピストというのは、健康や美容に重大な影響を与える「睡眠」という行為を追及する仕事です。
具体的には、「快適な睡眠生活」を追求して人々の生活を豊かにします。
睡眠障害で悩んでいる人や十分に睡眠をとれずに健康被害を受けている人などに対してカウンセリングを行います。
快眠セラピストは、そのカウンセリングを通じて、相談者の眠りがどのようなものか、睡眠に何が影響を与えているかなど原因を突き止めて最適な睡眠方法を模索するというのも仕事です。
 
まとめるのであれば、「快眠」という観点で心理的なカウンセリングを行うのが快眠セラピストの仕事ですね。
専門のサロンや精神科などの医療機関、福祉施設や寝具店などで採用があり、それぞれ活躍しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

快眠セラピストの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~18万円となりそうです。

快眠セラピスト( スリープアドバイザー)になるには?【資格・合格率・難易度】 

快眠セラピストになるためには、知識と技術を習得し、その技能を証明しなければなりません。
この仕事を行うのにあたって必須な資格というのは無いのですが、現実問題、資格があったほうが就職には圧倒的に有利です。
取っておくべき資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会認定の美快眠セラピスト資格または、日本睡眠改善協議会認定の資格です。
 
日本睡眠改善協議会認定の資格は、「睡眠改善インストラクター」という資格や「睡眠改善指導者資格」などです。
前者は、講座を受けて認定される資格になっています。
試験は用意されていないようなので、ハードルがかなり低いですね。
 
睡眠改善指導者資格は、試験があります。
試験は記述試験と口述試験があり、それぞれ難易度は高くは無いとのことです。
この睡眠改善指導者資格というのは、基本的には睡眠改善インストラクターが業務経験をつんでいく中で、より専門的な技能を有し、それを証明するための試験になっています。
 
もうすでに働いていることが前提なので、難易度が低いという評価になっているのでしょう。
仕事をするために必要なのは、睡眠改善インストラクターのほうで、こちらはハードルが低くて良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三橋美穂さんって快眠セラピストで有名なの?

快眠セラピストについて調べると、必ず「三橋美穂」という人の名前が出てきます。
この人は、快眠セラピストのさきがけになったような人で、有名です。
簡単に経歴などを紹介しましょう。
 
三橋さんは、自動車メーカーのマーケティングの職についていました。
その後イギリスに渡り、帰国後は寝具メーカーに入社し、枕のアドバイザー育成やマーケティング・広報部所を経験。
その後研究開発部長を経て、現在は快眠セラピスト/睡眠環境プランナーとして独立しています。
 
日本全国で講演活動・執筆・個人相談などを通じて快眠の大切さを訴えかけている人です。
著書には、かんき出版の『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』や、KADOKAWAの『脳が若返る快眠の技術』などがあります。
 
「nelne」というシルクの快眠グッズなどを手がけており、多数の枕やパジャマの開発などに携わっていますね。
雑誌にも度々掲載されるほど有名な人快眠セラピストです。

快眠セラピストの仕事の面白さ

快眠セラピストの面白いところは、睡眠という誰もが行う行為に対して追求する点にあります。
自分も睡眠をするでしょう。
寝ない人間なんてこの世の中にはいません。
そんな人間の生活・人間が生きるのに必要不可欠な睡眠という行為に対して深く知り、追求する。
仕事や健康・精神衛生との間に相互関係があり、お互いに影響を与え合う睡眠という行為から、人々の不安を取り除く。
そういった「人々の役に立っている」という感覚もこの仕事の面白いところでしょう。
 
向いているのは、物事の因果関係を冷静に分析できる人です。
カウンセラーと似たような仕事で、「何が原因で」「不眠になっているのか」「うまく寝れないのか」を追求する仕事なので、カウンセリングで得た情報をもとに因果関係を推理しなければなりません。
それが向いているのは、「相談者に寄り添うことができる心あたたかな人」ではなく、「冷静沈着に落ち着いて分析が出来る人」になるのです。

東京にいる快眠セラピスト

東京にいる快眠セラピストについて調べると、三橋さんの名前しか出てきません。
実は快眠セラピストというのは、まだまだそこまで人数が多いわけではないのです。
大塚家具など寝具メーカーに在籍している人は多いですが、「快眠セラピスト」として講演活動などを行い、個人として露出することがある人はまだまだ少ないのが現状ですね。
 
ただ、これから需要がどんどん出てくる職種ではあるでしょう。
不眠症はもはや国民病と言っても過言ではないほど、悩まされている人が多いです。
不眠症といわずとも、快適な眠り・正しい眠りが出来ている人は少なく、眠りと健康の関係性なども三橋さんの活動を通じて注目されてきています。
これからどんどん、名前が出てくる人がいるかもしれませんね。

名古屋大阪にいる快眠セラピスト

給料解説者ぺすくん

大阪には、力田正明という快眠セラピスト(快眠コーディネイター)がいます。
講演やセミナー活動などを行っているようで、神戸新聞など地域新聞にはメディア露出があります。
三橋さんほどメジャーではありませんが、しっかりと講演・セミナーを行っている数少ない快眠セラピストの一人と言えるでしょう。
 
名古屋は、検索で探しても快眠セラピストが見つかりませんでしたがいるかもしれないので根気よく探してみるのがいいかもしれません。
かなり最近職業として出てきた名称なので全国でも見つけるのは大変かもしれませんね。

快眠セラピストの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧