行司の給料・手取り・初任給・階級や装備を解説! | 給料BANK

行司の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > 行司の給料、手取り、初任給

行司の給料・年収や手取り額を解説!

行司の給料・年収を解説します。

行司_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

行司の平均給料・給与

  • 20~36万円
  • 20代の給料:16万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:14万円
    ※階級によるため年代別給与については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

行司の給料・年収補足

20代の給料:2万9,000円~4万2,000円※三段目行司
30代の給料:10万円~20万円※十枚目行司
40代の給料:36万円~40万円※三役行司
 
階級で算出するため年代別は階級に見合った年齢での算出としました。
 
給与や階級(下記参照)から算出してみると、年収はだいたい
300万円~1300万円前後となると予測されます。

行司の仕事内容

相撲における、勝敗ではなく取り組みの有利、不利を判定するのが仕事です。
結果として勝敗を決めることになりますが、見間違いが起きた場合は、取り組みの是非は物言いなどで審判が最終的に決定権を持ちます。
相撲の初期は、行司刺し違えの時は、切腹を命ぜられていました。

行司画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行司の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
約16万7,000円~約29万9,000円となりそうです。
※ただし、序の口などは食事や居住は相撲部屋が世話します。

行司になるには?【資格】

行司も相撲部屋で世話するのですが、力士のような試験や検査はありません。
志願資格は健康面だけです。
年齢制限は、中卒以上の19歳までに相撲部屋に入り、行司会、相撲協会から推薦でなります。
65歳の定年制で、協会の審査を通じて、行司の欠員があればなれるというものです。
相撲部屋では、雑用をしながら相撲の歴史、勝敗の見極めから、発声練習、相撲文字の書道の練習を行います。

行司の求人募集はどこで探せばいい?

全国の相撲協会所属の相撲部屋に、中卒以上の19歳以内の年齢で入門します。
その他の求人はありません。
また募集をしているわけでもないので、欠員が出た場合に入門可能ということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行司の階級ってどうなってるの?

序の口から始まり、序二段、三段目と昇格し、幕下と進んで、十枚目行司でようやく月最低10万円の収入が得られます。
そこから幕内行司、三役行司、最高位が立行司です。
選考基準は、各人の能力、成績と勤務状況、最終的に大相撲理事長が決定します。
 
日本相撲協会寄付行為細則によると
●序ノロ行司以下 月1.4万円より2万円未満
●序二段行司 月2万円より2.9万円未満
●三段目行司 月2.9万円より4.2万円未満
●幕下行司 月4.2万円よリ10万円未満
●十枚目行司 月 10万円よリ20万円未満
●幕内行司 月 20万円より36万円未満
●三役行司 月 36万円より40万円未満
●立行司 月 40万円より50万円まで

上記は、本俸であり、その他に手当てと衣装代が支給されます。
【衣装代】
立行司 5万円
三役行司 4万円
幕内行司 3万円
十枚目行司 2.5万円
幕下以下行司 2万円
手当ては理事長が別途決めることになっており、はっきりしません。
 
最高クラスであれば月に数百万円ぐらいは貰っている可能性も高いようです。

行司の持ってるものって軍配だけなの?刀とか持ってる?(行司の装備品)

給料解説者ぺすくん

昔の行司は、軍配とその取組みを総括する、将軍や天皇主催の相撲節会の中で行われたので、紋付きの印籠を持っていましたが、これは今は印籠だけ残っている感じですね。
差し違えの切腹のために用いた短刀は、現在では切腹する覚悟を持つという意味で、名残として腰にさしています。

行司の口コミお給料

給料:0万円

口コミ統計をとれるほどの行司がおらず取材できないため不明です。

行司の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧