F1レーサーの給料・手取り・賞金ランキングを解説! | 給料BANK

F1レーサーの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > F1レーサーの給料、手取り、初任給

F1レーサーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

F1レーサーの給料年収を解説します。

F1レーサーの平均給料・給与

  • 140万円
  • 20代の給料:140万円
  • 30代の給料:140万円
  • 40代の給料:140万円
  • 初任給:140万円
    賞金のため算出が難しいため補足を参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

F1レーサーの給料・年収補足

シャルル・ピック(マルシャF1チーム)の推定年俸が約1,800万円となっていました。
賞金はこれが最低ラインです。
10位前後の選手で約1億。
10位以下の選手は6000万~4000万と落ちていきます。
給料換算すると月収140万円以上となります。

F1レーサーの仕事内容

F1レーサーの仕事内容は、多くのレースに参加し優勝を目指して走る事になります。
レースで優勝したり、上位の成績を残すと実績として築くことが出来ます。
すると、賞金に関係してきたりスポンサーがついたりと有利になります。
一見レースに出場する事だけが仕事の様に思えるF1レーサーですが、実は違う事が分かりました。
例えば、自分が乗るレースカーの構造、性質等をよく理する為の勉強をしたり、実力を出し切れるように日々練習をする事もF1レーサーの仕事のひとつと言えるでしょう。
更に、一言で「レース」と言っても様々な種類がある事を知っていますか?
ツーリングカーレースや砂漠等を走るラリー、耐久レースと言う種目もあるようです。
自分がどんな種目に向いているのかを見極める事も必要になってくる様に思います。
ここまで、F1レーサーの仕事内容についてお話しましたが、やっぱり一番重要なのは好成績を残して実績を作る事です。
成績を残せなければ、そのF1レーサーにはスポンサーも付かず、収入に大きく響いてきてしまうでしょう。

F1レーサーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
30万円~50万円となりそうです。

F1レーサーってどうしたらなれるの?

F1レーサーになりたいと考えている人が知りたい事は、「どうすればF1レーサーと名乗れる様になるのか」と言うことではないでしょうか?
F1レーサーは少し特殊な仕事ですから、どの様にすればなれるのかが分からなくても無理はありません。
調べると、レーサーだと名乗るにはある2つの条件を満たさなければいけない様です。
1つ目の条件は、自動車運転免許を持っていると言う事です。
自動車の運転免許が無ければ、レースに出場する事は出来ません。
F1レーサーと名乗るには絶対に必要になってきます。
2つ目はレースライセンスを取得すると言う事です。
レースライセンスには種類があり、国内Aライセンスと国内Bライセンスがあります。
レーサーとしてしっかりと活躍したいと考えているならば、お勧めは国内Aライセンスです。
こちらを取得しておくと、国内で行われているほとんど全てのレースに参加する事が出来ます。
F1レーサーと名乗るには、国際ライセンスも取得をする必要があります。
F1レースに参加できるのは、しっかりとした実績を持っている人たち(国際Aライセンス取得者) なので、初心者がすぐにF1レーサーになるのはとても難しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

F1レーサーの賞金ランキング

F1レーサーの賞金はどれくらいなのか気になるという人も多いでしょう。
ここでは、国際賞金ランキングを3位までご紹介します。
1位 約27億7000万円
2位 約22億2000万円
3位 約15億2000万円
こうして見てみると、世界ではとても多くの金額を稼いでいる人がいると知る事が出来ます。
あくまで国際賞金ランキングなので、多くのプロレーサーはここまで稼げていません。
中には、生活がギリギリ出来るくらいしか稼げていない人もいます。
ちなみに2014年度の賞金ランキングは下記となりました。
01位: フェルナンド・アロンソ(フェラーリ): 2,714万ドル(27億7,5,33万円)
02位: ルイス・ハミルトン(メルセデス): 2,714万ドル(27億7,533万円)
03位: ジェンソン・バトン(マクラーレン): 2,171万ドル(22億1,897万円)
04位: セバスチャン・ベッテル(レッドブル): 2,171万ドル)(22億1,897万円)
05位: ニコ・ロズベルグ(メルセデス): 1,493万ドル(15億2,599万円)
06位: キミ・ライコネン(フェラーリ): 1,357万ドル(13億8,698万円)
07位: フェリペ・マッサ(ウィリアムズ): 543万ドル)(5億5,500万円)
08位: ダニエル・リチャルド(レッドブル): 339万ドル(3億4,649万円)
09位: セルジオ・ペレス(フォース・インディア): 271万ドル(2億7,698万円)
10位: ロマン・グロージャン(ロータス): 204万ドル(2億0,850万円)
引用元:The Richest

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ぴっくんコラム】F1レーサーに大切な事とは?

給料解説者ぴっくん

F1レーサーになる為に大切な事は基礎体力作りだと言われています。 「運転するだけなのに体力がいるの?」と驚いてしまう人もいますが、実はこれが一番大切なのです。 いくら性能が良いものを使用していても、乗る人がひ弱では強くなれません… しっかりと基礎体力付け、更に知識を付けていく事で強いF1レーサーになる事が出来るでしょう。

F1レーサーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧